関が土山

January 17 [Sun], 2016, 22:11

転勤で職場が遠くなったので、とか世帯の人数が増えた、あるいは減ったといった事情で住環境を変えることになるのでしょう。この際だからと、不要なものや長いこと着ていない服などは手放し、身軽になって新居に向かうことが多いと思います。しかし、布団は買い換えや処分を行うことなく今まで使っていたものを引っ越し先で使うことがほとんどです。



毎晩使っているので引っ越しで買い換えるものでもないのでしょう。




忘れていませんか?引っ越しの際に準備しなくてはならないことの一つがネット回線を使えるように手続き、場合によっては工事をしておくことです。





これが盲点だったという方も多く、荷物も人も移転しているのに、そういえば、ネットが使えないと思い当たった、という話は時々聞きます。当然ながら、引っ越しが重なる時期になれば移転の手続きもなかなか進まないと考えてください。


引っ越しの日をプロバイダーに伝えることは抜けのないよう、早めに終わらせましょう。引っ越し作業に手間取るという場合は、ぜひアート引越センターの利用を検討してみて下さい。



こちらであれば複雑な準備作業も計画通りに進みます。





必要な分の段ボールや引っ越し当日の家具の梱包や運送まで、引っ越しが完了するまでありとあらゆる作業を支援してくれるでしょう。


引っ越しで最も苦労する家具の運搬も信頼してお願いできますので、予定通りに引っ越せますから、もし引っ越し業者でお悩みの方は、アート引越センターを検討してみてはいかがでしょうか。勤めが決まったことで、10年くらい前に今のアパートへの引っ越しをしました。


初めは3年くらいのつもりで後は実家に帰りたかったので住民票の移動をしないでおきました。しかし、意外と便利で住み心地のいい町だし、職場もいい人ばかりで、辞める気がどんどんなくなっていき、結婚の話まで出てきて、実家よりもこちらの方が税金も安いようで、これからでもいい、住民票を移そうかと考えているところです。




退職して年金をもらうようになると、生活の大きな変化を余儀なくされます。


これからの生活に合わせた住環境へと、変えてみるのも良いでしょう。


いま現在、マンションにお住まいか、持ち家かにかかわらず、これまでの生活から年金生活に入ることによって、生活と住環境のずれが出てくるものです。今が借家や賃貸マンション、アパートのご家庭は特に今のお住まいでは家賃を払いきれないかもしれません。



よりよい環境を求めて引っ越すのも良いのではないでしょうか。引っ越しの際の出費について、思っていたより高い、と感じる人が多いのは工事費用が必要になる、エアコン関連の出費になります。



エアコンを取り付けたり、外したりするのは、専門家の仕事になりますので、取り付け費用も、一台について一万円と少し、といったところだそうです。ですが、もしエアコンの取り外しと取り付けが、引っ越しプランのオプションとしてついているならそれ程高額にはなりません。


でも、業者は単にエアコンを運ぶだけ、という場合は、どこか他の専門業者に取り付けの工事を依頼するか、それとも、新品を買ってその店に取り付けを頼み、古いエアコンも引き取ってもらうようにするか等々費用やかかる手間など、総合的に考えてみた方が良いです。どの世帯でも、引っ越すときには使うものがあります。


いわゆる荷造り用品の、ダンボール、テープ類、ひも等です。





どこでも手軽に買えるものですが、多くの引っ越し業者では、見積もりから契約成立の間に、こうした梱包材を無料で提供するサービスもあります。



一言言えばもらえるはずのものを結局ダブってしまったと後悔しないよう、まずは見積もり依頼の時にしっかり調べておきたいものです。





単身で引っ越しするとき引き続きベッドで寝るのか、布団だけにするか悩むでしょう。


ロフトなしワンルームであれば、ベッドがあるとそれだけで狭く感じられます。さらに、引っ越し業者がいろいろ技を使っても、転居先のドアからベッドの搬入ができないというハプニングも起こるようです。




そのような事情があれば、まずは布団だけで寝ることを試しに始めてみると結構適応できるのではないでしょうか。



何回引っ越しを経験しても、いつだって、その準備は大変なものです。初めての引っ越しであれば、さらに辛いと思います。



引っ越しの負担を軽減するためには、まずは、時間と気持ちに余裕を持った計画を立て、それを出来るだけ大ざっぱに実行することがポイントになります。計画に沿ってきちんと実行できるのであれば一番ですが、雑務に追われてしばしば家の中の作業は後回しにされがちです。立てた計画を大雑把にでも実行しておけば、多少計画にズレが生じても、ゆとりをもって軌道修正できると思います。





引っ越し作業に最も影響を及ぼすのがお天気です。



どういうことかというと、雨が降ると荷物の防水などの作業が増え、時間がかかるようになります。


作業を一貫して業者に任せてしまうのでしたら、業者の不備で荷物が濡れるなどの心配はないものの、雨による渋滞で引っ越し先にトラックの到着が遅れることはよくあります。


荷造りを全て自分で行なうのであれば、特に荷物の防水には気を使いましょう。


万が一のことも考えて念のための備えはしておいた方が良いですね。事前にできる引っ越し準備の一つとして家中の物を持っていくかどうか選択をしていくと、意図していなくても、どんどん粗大ゴミが増えてきます。こういった粗大ゴミですが多くの場合、ゴミ収集日に普通に捨てることはできません。実は、自治体に処分方法を聞いてそれに則り、処分するようにしましょう。引っ越し日が近づいてきてからゴミの処理を始めると、かなり慌ただしいですから、計画を立てて捨てていくようにします。新しい住まいに引っ越すにあたり、ライフラインなどの手続きとともに、もう一つインターネット環境をちゃんとしておく、ということも大事なことです。





もし、今現在契約している内容に満足していないのであればこれを機に解約してしまうと良いのでしょうが、現状で十分と考えているなら、基本的な契約はそのままにしておき住所変更のみ行いましょう。



ただ、新居でそのプロバイダが利用不可、ということもあり得ますので確認しましょう。


ただし、引越し先のネット環境によっては開通工事などの必要も出てきます。


そういったこともあらかじめ、考えておくと良いでしょう。単身世帯でも、大家族でも必ず引っ越しでダンボールを使うことになります。引っ越し業者から無料で提供されることも多いのですが、有料だったり、数が少なかったりすることもあります。そんなときはスーパーなど、大きなお店に行くと、無料でダンボールを分けてもらえます。ただし、サイズはばらばらです。



移動の時は、ダンボールをたくさん積んでいくため、サイズが一定していない場合は積み重ねるとき配慮が必要です。




たとえ高価なものでなくても、引っ越しの荷造りで気配りが必要なのは何といっても割れ物です。



新居で荷物を片付け終わるときまで、決して気は抜けません。包み方にもコツがあります。





ほとんどの方は新聞紙を使うと思いますが、大きさには余裕を持たせ、一個ずつ底から包むのが基本です。包む前に新聞紙を丸めて伸ばしておけば、緩衝材として役に立ちます。





また、持ち手や取っ手など、飛び出たところがあれば、強度を増すために、飛び出たところを先に包んだ方が良いのです。快適で安全な住環境を構成しているのは住居の中だけだと思ったら大間違いです。


隣近所との関係を保つことも、住環境の一部なのです。



良好な関係を作るために、まずは引っ越しの時に挨拶を早急に済ませましょう。




おみやげを用意した上で挨拶に伺いましょう。挨拶は要点だけ伝われば良いので、良い印象が伝わるようにしましょう。




どんな人間関係も、第一印象で決まります。





プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:大和
読者になる
2016年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/tikpctrastdeum/index1_0.rdf