堀江だけど松波

April 25 [Mon], 2016, 5:47
介護施設にもよるのですが、介護士がもらえる報酬は、様々な他職業と比べても、とても高い額の給料となっております。

特殊な、介護現場という場所での労働ですし、夜勤や残業が多く、それに対する手当をしっかりともらえて、これが給料額を押し上げます。夜勤を通常より多く入れている人ですとか勤務終了でクタクタのところ更に残業をするといった介護士の場合、体を張った分、相当高額に達しているでしょう。

ここ数年は介護士は足りていないと言えます。介護士資格を持っているけれども、介護士の職を選択していない人も多いのです。

では、介護士不足の原因はなんでしょう。


それは、介護士は離職率が高いという現実に起因するものだと思います。それでは離職率がどれくらいなのかといいますと、常勤介護士の場合、およそ11パーセントもあります。女性の割合が多い仕事なので、出産であったり育児であったりのタイミングでの退職が多いこともありますが、それだけではなく、ハードな仕事であるということも離職率が高くなる一因でしょう。介護士としての技能を高めたいと望むのであれば、それは介護士としてのキャリアを積んでいくしかありません。
万能の取扱説明書があって、それを覚えれば大丈夫というようなものではなく、臨機応変さが必要になってきますので、たゆまぬ努力と、研鑽を重ねていくしかないのです。

介護士の中には、向学心から転職を希望する場合があります。大学介護施設など、高度な介護を行なうところで技術を吸収したいと希望する、大変に積極的な仕事の選び方です。
一般的な認識では介護士は給料が安定している仕事だと位置づけられていますからもし、ローンを組もうとすることがあったとしても、審査で引っかかるということは殆どないでしょう。とは言え、介護士であっても、非常勤で働いていて収入が不安定だという時には注意しなければなりません。
スムーズにローンを組むことが出来るのはどういった場合かというと正規職員として勤務している介護士の場合には当てはまることなのですが、非常勤で勤務している人の場合、介護士であってもローンが難しいことがあります。


普通のサラリーマンやOLと違い、介護士の仕事時間は交代制で夜勤があります。


働いた分の休みはちゃんとありますが、不規則さを辛く感じる向きは多いようで、結婚したり子供ができたことで、きっぱりと辞めていく人も引きも切らず、働き盛りの介護士が辞めるのは、職場としても頭の痛いところでしょう。

出産し、子育てを始めるとなるといつでも託児を引き受けてくれる場所がないと夜中に家を空けなければならない夜勤など、ほぼできなくなるのが普通です。しかし最近になって、子育てが済んだということで再び介護士として働きだすようになる人もいて、そんな例が増加傾向にあり、ブランクはあれど経験者ですから、期待されています。きついながら、やりがいも大きいのが介護士というお仕事です。どんな時にやりがいを感じるかというと、例えば、元気になって退院していった患者さんが、後になって、介護施設まで挨拶をしに来てくれるような時でしょう。

それから、患者さんの家族の人たちにとても喜んでもらえた時など、介護士になって良かった、と実感します。
よく知られている通り、仕事自体は本当に大変なので、もし、やりがいを感じられないようになったりしたら、退職したいと考えるだろうと思います。
介護士として患者から信頼してもらうためにも、介護士は服装や髪形など、外見を整えておくことが重要です。女性の介護士の場合、けばけばしいような派手なメイクは厳禁ですから、介護施設に適したナチュラルメイクを施すのがおススメです。ノーメイクとも違いますから、親しみやすくきちんとしたイメージになるので、印象が良くなるでしょう。介護施設で働く介護士は、病気を抱えた患者と接する機会が多いため、印象の良いヘアスタイルにも気を配っておきましょう。患者からどう見えているのかを考えながら、まずは清潔感を重視した髪形にすることが大切です。職場の環境によっては、介護士の髪形に対するルールが違うことを覚えておいた方が良いと思います。介護施設に初めて介護士が就職を果たした時、一体どこの部署に配属が決定しているのか、少し気を揉んでしまいますが、ほぼ希望を通してくれる場合もあり、また、そこで人事を引き受ける人の見解により、決められてしまうこともあるでしょう。望んでいない配属になったとしても、その場所でその人が必要だという介護施設側の判断により、充分に考えられた配属であることが殆どです。ただし、配属されて、どうしても違和感や不満などが治まらない時は、新しい上司にそのことを相談してみると良いでしょう。介護士として働くということは、イコール夜勤の仕事も含んでいるという場合が大半ですから、子持ちの介護士からすると大きな不安要素となり得ます。未就学児であれば、数は少ないですが、24時間保育に対応しているような保育所に預けたり、託児室を完備している介護施設に勤務する場合はそちらに預けるなどの方法もありますが、小学生以降は、夜間面倒を見てくれる場所というのがほとんどないというのが今の現状なのです。



ですから、介護士の中でもパートの勤務に変えていくという方も多くいるということです。

病気になって気落ちしていると優しい言葉をかけてくれる介護士は、まさに「白衣の天使」のように見える事もあるでしょう。

でも、実際の勤務状況は過酷で辛いものも多く、覚える必要のある仕事やチェックを繰り返し、常に緊張を強いられる状態なのです。



ですから、介護士によっては鬱を発症するケースも多いそうです。


性格的に、真面目で責任感が強いと言われる方やストレスを溜め込みがちな方は、あまり考え過ぎないように、また気持ちをうまく切り替えられるように意識してみましょう。土日祝日、関係なしに、交代勤務をこなしている介護士は多いですが、やりようによっては、土日に休むことも可能です。

病棟勤務だから昼も夜も週末も関係なく働くことになる訳で、外来勤務に変えると、外来の診療は土日は休みですから介護士も一緒に休みとなるのです。何か急な事態によって呼び出されたり、休日診療の当番が回ってくることもありますが、でも、ほぼ安定して土日は休めます。
他には、個人の介護施設で入院施設がなければ、大抵の場合は土曜、日曜、祝日は、お休みです。
介護士として働く人は多くが女性ですので一度、結婚や出産の時に退職するという人も多く、結果的に離職率が高い仕事となっています。
さらに、勤務時間が一定でないこと、ハードな仕事内容であることが原因で離婚に至ってしまう人の割合も高いと言います。

お金に関しては一人でも子育てに困らないくらいの給与があるということも女性の離婚の決意の後押しになっているともいえるのではないでしょうか。

一般的に、介護士が持つ悩みとして代表的なものは不規則な休みでしょう。せっかくのお休みにも友達と遊んだりデートの時間が取れなかったりする辛さがあるようです。



他にも、介護士が不足している職場においては、労働時間が長く、休みが少ないという問題もあります。
こうした勤務形態を離れて、規則正しい休みを取りたいのであれば、日勤で働ける介護施設に勤めれば良いので、思い切って転職してみるのも良いかもしれません。大変な激務と世間一般に認識されている介護士というお仕事の、その中身を少し見てみます。


特に病棟勤務の場合ですと、重症患者さんもいてもし容態が急に変わったら大事になりますし、食事の介助など、身動きの難しい患者さんのお手伝いも仕事の一つです。

予定のなかった緊急手術が、急に行われることになったりもしますし、夜間は夜勤業務の人ばかりで人手が少ないのに幾度もナースコールが鳴り、駆け回ることもありますし、時間が経つのを忘れてしまうほどゴタゴタする夜を過ごすこともあります。何かと業務が多い介護士ですが、それだけに、もはや介護士なしの介護施設などあり得ませんし、とても働きがいのある仕事であることは、間違いありません。
入院患者のいる介護施設ではもちろん24時間稼働しますし、介護士も介護施設に24時間いることになり、業務は日勤と夜勤という形に人員を交代させながら業務につくことになります。

こういった勤務形態ですから、多少強引にでも時間の調整をしなければ思うように睡眠をとることもできなくなってしまいます。介護施設での勤務というと、病棟勤務と外来勤務がありますが、子育て中であれば外来勤務を選ぶと良いでしょう。
日勤だけですので、保育園や学童を利用して働くことが可能になります。それに加えて外来勤務においては、嬉しいことに夜勤がない上、多くの場合、土日祝日が普通に休めます。

忙しさの度合いについては、介護施設によっても違いますが、例えば人気のある診療科だったりしますとたくさんの患者で待合室がいっぱいになってしまい、てんてこ舞いになりますし、待ち時間の長さのあまり、クレームを入れる患者もいます。どんなスキルが必要になるか、ということも介護施設や、診療科によっても違います。

以前はそれ程一般的ではなかった、介護士各々の能力評価ですが、近年ではだいぶ行なう介護施設が増えてきました。
介護施設で働く介護士各自の、今の能力レベルを測り、評価できるように、指標をはじめから作っていったところもあります。



この評価は、介護施設により月一のこともあれば、一年分、年に一度だけ行う所も多いということです。

なんにせよ、定期的に評価が行われることによって、自分が次はどこまで能力評価を上げたいか、など目標を持つことができます。

また、やる気や、スキルのある介護士にとっては、とても良いシステムでしょう。

看護士と介護士、いったい何が違うのでしょう。

読み方はどちらも同じですが、漢字だと、この二つになります。
かつては看護士というと男性のことでそして、女性を指す際には看護婦と、わかりやすく区別されていました。2001年の法律改正を機に、男女とも使える介護士の表記にまとめられることになったわけです。

介護のスペシャリストである介護士が必要な施設というのは、介護施設以外にもあります。
「グループホーム」という介護施設の分類があるのですが、その様な場所においても介護士の働けるところは十分にあります。グループホームで介護サービスを受けている方というのは、高齢者の中でも認知症で生活に困難を抱えている方ですから、十分留意したうえで関わらなければなりません。

介護の分野に関心があるという介護士は、グループホームに就職するという選択肢も前向きに考えていいのではないでしょうか。一般的に、同じ介護施設で長く勤めて実績を積んでいくと昇進します。



婦長といえば比較的想像がつきやすい役職ですよね。
でも、他にも役職があるのです。



一口に介護士といっても、学生やパート介護士が多くなっていますので、国家資格を持った正介護士の立場では階級の面から言えば、上の役職になるわけですね。

役職になればお給料は上がりますが、その分、責任も大きくなります。常日頃、介護士とて奮闘していて、大変な目にあったりもします。
そしてつい、楽な病棟はないか、などということを真面目に考え出すようなことだってあってもおかしくないです。
全体的に見て、比較的忙しくない病棟として知られているのは、眼科、精神科、整形外科といったあたりといわれています。
とはいっても、介護施設にもよりますし、どんな症状の患者さんが多くいるのかなどによっても、業務のハードさについては差があります。



どこの介護機関でも介護士は不足していることが多いため、介護士の転職は比較的かんたんです。



まず履歴書を、転職を希望する介護機関に提出して書類選考を受け、これに合格した後、面接試験を受けることになります。

ここで、経験してきた職務であったり、従事してきたことなど話をしたり、また質問されたりもすることになりますが、介護士としての能力と同様に、面接官によって、あなたが同じ職場で働く仲間としてどうなのか、人間的な部分も注意深く見られています。

技能や知識のみならず、人としての良い面をアピールできると、とても有利でしょう。
知らない人が聞くと、暗号のような業界用語ですが、介護士の間で通じるそうした用語に「エッセン」というものがありますが、なんだかおわかりでしょうか。これは、食事をとりに休憩してきます、ということを仲間うちだけに伝わるようにしたもので使用している現場は多いようです。
ところで、エッセンという言葉ですがこれは、何かの略語とかではなく「食べる」を意味するドイツ語が由来だそうです。昔、この世界ではドイツ語の介護用語が盛んに使用されていた事実があって、そんな習慣が業界用語として残っているのです。

ともあれ現在に至っても普通に使用されているようです。
介護士とはどんなイメージを持たれているかといえば、白衣の天使という呼称があるほど、往々にして、職業的なイメージは悪くないという人が大半だと思います。ですが、実際の介護士の働き方を見てみると、給料としてはまあまあもらえてはいるようですが、なかには夜勤や長時間残業の介護士も多くいるのです。良い面だけを見るのではなく、現実問題として介護士の働き方はどのようなものなのか、分かっておくことが必要でしょう。
日本のみならず、海外で支援が必要な方々に、介護の立場から支援したいと考えている介護士の方もいると思います。実際に、日本の介護士は海外からの需要が高く、病気で苦しんでいる人を救うことの出来る介護士が必要になっています。
海外においては患者との円滑なコミュニケーションのために英語を話せることが絶対条件になります。
もし、海外で介護士として活躍しようと思うのならば、英語を身に付ける事を優先しましょう。


ハードさで知られる介護士の仕事です。
そのため、心身に辛さを覚えることも多いかもしれません。

勤務形態も二交代だったり三交代制で、夜勤につくことになり、介護士の多くは、生活のリズムを大きく狂わせ、そのために身体の調子を崩した、という話もよく聞きます。心身ともに大きな負担のかかる仕事ですから、これにより疲労はたまる一方であり、人によっては頭痛や腰痛を起こしたり、肩こりに悩まされたりして、そこでやっと、自分自身の受けている身体の負担について思い巡らすようなことになるのです。



医師も介護士も主に病気の人と接する仕事ですが、二つの間には大きな違いがあります。



端的に言えば、医師は患者さんの診察と治療、健康を維持するためのアドバイスをしたり薬を処方することが仕事とされています。

それに対して、介護士は、医師の指導の下、診療面で医師の補助をしたり、心身ともに患者のケアするのが主な業務です。

少子高齢化が進んでいることも影響しているのですが、介護施設などの介護の現場で働く人々がまだまだ足りなくなる可能性は十分にあります。

したがって、現在も「介護士は売り手市場だ」といわれているのですが、しばらくの間はこの状態のままだろうと予想がつきます。毎年毎年、絶えることなく新たな介護士が世に生み出されているはずなのに、なぜ介護士がそんなに足りていないのでしょう。
それには労働環境や条件の改善が図られていないことで退職してしまう人が多いというのも一つの理由といえるでしょう。どうしても、介護士という職業においては愛煙家が減っているように思います。
実際のところ、いかにもその通りで、一般的な喫煙率よりもずいぶん少なくなるようです。介護士は病気の患者と接しますから、煙や臭いをつけないよう、意識している人が多い状況だと理解できます。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Airi
読者になる
2016年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/tihtp67wanmlti/index1_0.rdf