じゃ〜ん! 

October 23 [Sun], 2005, 0:23
何を買ったかといいますと・・・
これです。

アイロン・・・ってそんなおおきなお買い物ではありません(笑
リーメントさんという食玩を扱っている会社さんから発売されている
「ぷち家電館」
というコンビニでも販売されている玩具メインのお菓子です(っていっても付いてるお菓子はたった一粒のガムなんですが(笑)
何がすごいって手のひらに乗るくらいちっちゃいのに、ちゃんとふたがはずせてアイロンも取り外可能!という芸の細かさですね。
結構いろいろ出ていて思わずいろいろ買ってしまいました。
子供のころにはまったくできなかった贅沢♪
・・・ってすごくちっちゃな贅沢ですが・・・

他にも買ったもの、あんまりにもかわいかったので後々アップしたいなとおもっています。

いや〜、ほんとにかわいい!これらを飾れるスペースを作るためにもはやくお部屋の掃除を終わらせたいな♪

買い物って・・・ 

October 23 [Sun], 2005, 0:22
選んでるときが1番楽しいって思うんですけど・・・


封を開けるときもやっぱり楽しいと思いません??

お買い物♪ 

October 23 [Sun], 2005, 0:16
お友達とお買い物に行ってきました♪
何を買ったかといいますと〜


なんだかわかります??

さてさて 

October 23 [Sun], 2005, 0:02
前回の続きです。

痴漢とのお付き合いが一年くらい続いた・・・・って
別に「彼氏彼女」としてつきあったわけではないです。
当たり前ですが(笑)
さすがのわたしも痴漢から始まる恋はありえなかったです。

でも実際、彼とはその後何年かかかわりがあったんです。

もともと最初にあったときに痴漢とは思わず・・・
だってだいたい手が当たってるくらいで痴漢とは思わないでしょう!
其処まで自意識過剰な女ではないです・・・・

とはいえ二ヶ月の間に何度も顔を見て、その度に・・・だとさすがに気が付きます。
スカートの中に手が入ってきたときにはさすがに気が付きました。
たぶんそのひとにとってはとってもやりやすい獲物だったのでしょう。

こうしてわたしは友達に
「どうしてあなたって変態さんいらっしゃいなんだろね?ぜんぜんもてそうじゃないのに」
というまったくありがたくないお言葉をいただくことになりました。
未だに彼女に会うとそういわれる・・・・なんだか情けないわたしです。

醜いものは・・・ 

October 22 [Sat], 2005, 23:52
人というものは。
穢れなき白として生まれ、汚れていくものだと思っている。
己の醜さを知ったとき、堕ちていく人間は多い。

そんなことを考えさせられる舞台を見てきました。
「プレイメイト」という劇団?の2005年の公演「フェイスインフェイス」
舞台は美容整形の病院。
「醜くして欲しい」という依頼をうけた医者のお話です。
受け取り方は人それぞれ、と感じる舞台ですが
わたしは面白かったです。

惜しむらくは役者さんたちのせりふ。
噛んだり言い直したりつまったり、が何度かありました・・・残念。
演じることを習っている最中のわたしにはとても勉強になりましたが。

話的にはほんとうにおもしろい!
プレイメイトさんは、わたし的には
人間の悲哀、あわれ、かなしみそういったことを感じる作品が多く
好きな舞台をしてくれるところのひとつなのですが
今回の作品はわたしには少し難解で(わからないわけではないですよ・・・一応)
もう一度みればはっきりわかるのに・・・
とかんじるお話でした。

いろいろとお話したいのですが、ネタバレは避けたいのでこの辺で。

生の迫力を感じて楽しめた作品でした♪
もし機会があればまた見たいな〜

今日は 

October 22 [Sat], 2005, 13:21
友達と舞台観賞&買い物です。
今から準備に取り掛かります。

せっかくブログをはじめたというのに一週間更新ができなかった・・・
今日こそ更新できるといいな〜

帰ったら書きたいことがたくさんあるので、舞台が終わってから
がんばろう〜

忘れないうちに 

October 16 [Sun], 2005, 3:42
この記事記入するまでにすでに三度ほどパソコンに邪魔された・・・

なんでしょう、わたしに恨みでもあるのでしょうか??わたしのパソコン君は・・・・。
おねがいなので機嫌を直して欲しいです・・・。

さてさて。
さきほどCMがながれていたのですが
ティムバートン監督の最新作!
「コープスブライド」
がそのうち公開されるようです。
ジャック(ナイトメア)大好きなわたしはいまからわくわく!
今回もかな〜りたのしみです。
死んだ花嫁の物語という漠然すぎる情報しかわたしの頭には残らなかったため、今度ネットで調べなければ・・・・

誰か誘って見に行こう〜♪

続き 

October 16 [Sun], 2005, 3:04
わたしが初めて異性を意識したのは・・・・
高校生になってからでした。
なんというか、
「あ〜わたしでもそういう(性的)な対象としてみることができるひとが世の中にいるんだな〜」と。
もともと耳年間で(笑)小学生のころには頭の中にそういう知識がつまっていましたから
かまととぶる気はないですよ、念のため。
なんというか・・・むなしい話ですが当時から自分が女としてランク外の位置にある?女性として商品価値のない(言い方悪くてすみません)タイプの人間だという自覚のみはあったもので、わたしという人間がそういう出来事にまきこまれることは一生ないだろう!と思っていました。
そんなわたしの意識を覆した出来事。
それは・・・・・・・痴漢です。
いや〜、嫌悪感やらなにやらを感じるよりも前にすべてを凌駕する衝撃でした。
「わたしを触って興奮する奇特な人間がいる・・・」と。
現在、痴漢も強姦も嫌いですし、へんな誤解はして欲しくないのですが・・・・
ほんと〜にそれだけに驚きました(苦笑)
そして知ったことは
「わたしはちょっぴり変わった人のアンテナになんらかの周波数を送っているらしい」
ということ。

そして人生で初体験の痴漢君とはそのご一年以上続く「お付き合い」となったのですが・・・

さてさて、今日はもう眠たいのでこの辺でおやすみなさいです。

つづきはまた夜にでも書けるかな??

今回は 

October 16 [Sun], 2005, 2:46
わたしが初めて「異性」を意識した話。
小中学校といじめにあっていたわたしは、はっきりいって「男」という生き物は嫌いでした。
いや、人が嫌いというか・・・。
私自身にもだめな所があったんだろうし、受け入れられない人にはもう
「その節は傍にいてすみませんでした」とでも謝らなければいけないんでしょうが・・・ってそれはどうでもよくてですね。

まぁ、そんなこんなでわたしの初恋はかなり遅くなってからでした。
おかげで一般的に彼氏彼女の話題で盛り上がる時期は
みごとに空振りでおわっています。

そんなわたしが初めて異性を意識したのは・・・

フェチ 

October 16 [Sun], 2005, 2:16
ふぇちっていろいろあると思いますが。
個人的に私は声フェチです。
スポット的に(笑)なんでも許してしまう声があります(笑)
でも女性には賛同してもらえると思うのですが・・・。
まぁ、声だけじゃなく雰囲気とかいろいろ加味されてくるんだとは思いますが、間違いなくその位置づけの上位に「声」がふくまれる・・・

そしてもうひとつがこれ。


「手」フェチです。
細くてながい指にめろめろになります。
一時期、かなりお気に入りの手の持ち主がかなり近くにいたため(現在もたまにあっていますが)
かなり撮りダメさせていただきました〜
男性の手にフェロモンを感じるのですよ・・・
喰いつきたい(笑)衝動に駆られる・・・わけではないですが、かなりいろいろとイタシタクナル・・・・・・


賛同者は・・・いないですかね?
■プロフィール■
ゆずと申します
映画鑑賞・お出かけするのが趣味です
一人暮らし2年めの、そんな私の日常です。
2005年10月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
http://yaplog.jp/tiheisennohosi/index1_0.rdf
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:tiheisennohosi
読者になる
Yapme!一覧
読者になる