円高と円安理解していますか? 

September 10 [Fri], 2010, 21:05
FXでは避けて通れないのが為替の基礎知識。
円高と円安の違いは大丈夫ですか?

「あれ?円高ってどっちだっけ?」なんてことのないように、しっかりと確認しておきましょう。そして、円高・円安がFX取引においてどういう影響が出てくるのかも、覚えておきましょう。

1ドル=100円から、1ドル=150円になりました。
これは円高でしょうか?円安でしょうか?

答えは円安です。
円高と答えた方、残念ながら間違ったまま覚えているようです。

なぜ100円から150円に上がっているのに円安なのでしょうか?
これは、基軸通貨であるドルに対して円の価値が低くなったから円安というのです。

今まで100円で1ドルに交換できたのに、150円出さないと1ドルと交換できなくなってしまったのです。ということは、円の価値が下がり、ドルの価値が高くなったということですね。


円高・円安は、日本の円を中心に考えると混乱してしまいます。為替の世界では、基軸通貨であるドルを中心に考えなければなりません。

1ドル=150円 → 1ドル=100円
ドルに対して円の価値が高くなっている = 円高

1ドル=100円 → 1ドル=150円
今さっき犬の散歩から
帰ってきました

トイレのしつけって大変ですよね・・・

さて円高と円安理解していますか?

ドルに対して円の価値が低くなっている = 円安

円高・円安という表現は、基軸通貨であるドルに対して使うことが多いのですが、ユーロやポンドなど他の通貨に対しても同じように使います。

円高になると輸出国日本には大きな影響が現れる
日本では円高になるとニュースが騒がしくなり、反対に円安の場合はそれほど騒がれません。これはどういうことなのでしょうか?

日本は輸出大国であり、貿易黒字国のため、為替レートによって企業の収益が大幅に増減するからです。

たとえば、1ドル=150円のとき、海外で30,000ドルの日本車が1台売れた場合、350万円の売り上げとなります。それが1ドル=100円に円高になったら、同じ車にも関わらず、売り上げは300万円となってしまいます。為替が動いただけで大幅に収支が変わってくるため、輸出の盛んな日本では、円高を嫌う傾向にあります。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:tih33a
読者になる
2010年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる