好きなのは嘘じゃないわけだけど 

February 01 [Wed], 2006, 15:58

さて、過去ってのは、一体どういう意味を持つのでしょう。


忘れられないひとがいるってゆうのは嘘だと思う。
忘れたくないひとがいるっていうのが正解。


わざと過去に縛られる。 あの恋が本物でそれ以外は嘘だって思いたい。
一生にただ一人を想うって、私の美学上、最高にしあわせなことだから。
それでもやっぱり独りでいるのは勇気がいることで、
へたれな私は男の子たちの好意をいいことにぬくぬく暮らしてる。
心のど真ん中で、
ほんとうは一番じゃないかも君。
って思いながら。
ずるをする。



世の中のカップルの、いったいどれくらいが運命だって信じてるんだろ。。
そこに妥協はないのか。



だけど一般論は意味ないんだよね、
私が自分を納得させるまで、
この疑問は続くわけなのね。

15のときから、8年越でそうして今に至る。 


     
                                 続く

雲隠れー 

January 30 [Mon], 2006, 14:32

あまりにも私のブログ(ここじゃないやつ)が身近な方々にその存在を知られているため、
ちょっと新しく全く秘密で始めようと思い立つ睦月の末。
書きたいことが書けなくなっちゃあ、おしめぇよ。

どうしても考えたい過去がある。

ゆえ、こっちで一人で書こうっと。
どのくらい書いたら答えが出るかしら。
答えなんかあるのかしら。はて。
2006年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:tigerlily_noy
読者になる
Yapme!一覧
読者になる