司教の指輪 

September 18 [Fri], 2009, 18:39
司教の指輪
[[15世紀]]頃から認印に使われる「'''商人の指輪'''」が広まり、同じ頃[[恋人]]などに贈る「'''詩銘の指輪'''

」、[[痙攣]]を防ぐ為の指輪などが一般にはめられた。Gucci Jewelry Necklaces
[[ファイル:Ring Sixtus IV MNMA Cl9192.jpg|thumb|200px|教皇[[シクストゥス4世 (ローマ教皇)|シクストゥス4

世]]の指輪(青銅製)。クリュニー中世美術館蔵。]]

欧州の中世を通じて有名な「'''司教の指輪'''」は認印の指輪から発達したものといわれ、新[[司教]]が就任する

とき、恭しい儀式を以って[[司教杖]]とともに渡された。[[7世紀]]初頭頃から一般的になり、[[1194年]]、[[イ

ンノケンティウス3世]]の時にこの指輪は金製でなんの彫刻も施してはならないことになったが、あまり守られず

、後世司教たちの棺から発見された指輪には様々な彫り込みが見られる。
「'''教皇の指輪'''」は聖[[ペトロ]]が漁をする姿を彫り込んだ物でもともと[[教皇]]の認印に使われたが(指輪

印―インタリオリング)、[[15世紀]]半ば頃からは単に信仰の対象としてだけ扱われるようになり、教皇が変わる
tiffany jewellery
たびに新しく作り変えられた。「'''漁師の指輪'''」の名がある.

「'''教皇の指輪'''」は聖[[ペトロ]]が漁をする姿を彫り込んだ物でもともと[[教皇]]の認印に使われたが(指輪

印―インタリオリング)、[[15世紀]]半ば頃からは単に信仰の対象としてだけ扱われるようになり、教皇が変わる

たびに新しく作り変えられた。「'''漁師の指輪'''」の名がある。
その他の指輪
[[ファイル:Ring Sixtus IV MNMA Cl9192.jpg|thumb|200px|教皇[[シクストゥス4世 (ローマ教皇)|シクストゥス4

世]]の指輪(青銅製)。クリュニー中世美術館蔵。]]
欧州の中世を通じて有名な「'''司教の指輪'''」は認印の指輪から発達したものといわれ、新[[司教]]が就任する

とき、恭しい儀式を以って[[司教杖]]とともに渡された。[[7世紀]]初頭頃から一般的になり、[[1194年]]、[[イ

ンノケンティウス3世]]の時にこの指輪は金製でなんの彫刻も施してはならないことになったが、あまり守られず

、後世司教たちの棺から発見された指輪には様々な彫り込みが見られる。

指輪にスカラベを飾る古代エジプトの風習は後に各地に伝わり、[[古代ギリシャ]]、[[エトルリア]]、[[フェニキ

ア]]などの指輪にもスカラベが見られる。[[ギリシャ]]ではその他台の一部に平らな広い面を持ち、そこに浮彫り

の飾りをつけた金指輪も愛用されていた。フェニキアのものはスカラベが認印の用を果たしていた。エトルリアの

スカラベは[[紅玉髄]]に彫ったものがある。
その他の指輪
[[ローマ人]]の指輪は特権または階級を示すものとして知られている。[[共和制時代]]にはもっぱら鉄製指輪が用

いられ、[[奴隷]]には禁じられていた。次に[[元老院]]議員および限られた高官にだけ金の指輪が許されるように

なり、ついには一般市民はすべて金の指輪をはめることができ、奴隷は鉄の指輪をするようになった。そして[[ユ

スティニアヌス1世|ユスティニアヌス]]帝のときこれらの制限は全廃された。指輪を両手にたくさんはめる風習はtiffany silver
古代エジプトから見られたが、ローマ人も[[中指]]を除く全ての指に2個ずつはめることがあった。
現存する最古の指輪は、[[古代エジプト]]の墳墓から発見されたもの。
特に[[第12王朝]]ごろから指輪に不死を象徴する[[スカラベ]]を彫り込んだり、台座に止めたデザインのものが目

立っている。まだ[[第18王朝]]の頃のものは純金製でデザインは単調でずっしりと重く、所有者の名と肩書きが[[

象形文字]]で深く刻み込まれている。他に[[象牙]]、[[琥珀]]のものがあり、一般市民の間には[[青銅]]、[[ガラ

ス]]、[[陶製]]のものがあった。

















P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:tiffany1111
読者になる
2009年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新記事
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる