近年葉酸が妊娠中に与える効果に注目が

February 15 [Wed], 2017, 16:48
近年、葉酸が妊娠中に与える効果に注目が集まっていますね。



葉酸の摂取によって、胎児が先天性神経管異常などの障害を発症するリスクを下げるという目的から、妊娠を望む方、あるいは妊娠初期の方に摂取が望まれる成分ですよね。ですが、体調が悪い時には、食事自体が難しくなりますから、それに伴って十分に葉酸を摂取するのも困難な場合もあるでしょう。



無理な食事は体調を悪化させてしまうのですねから、食事は控えめにして、葉酸は葉酸サプリ等を利用すれば葉酸をしっかりと補給できますので、積極的に利用するといいかもしれません。

皆さんご存知のように、胎児は細胞分裂しながら成長します。葉酸は、この時に重要なはたらきをします。葉酸単体での吸収率は低いために、総合サプリメントを選ぶといいかもしれません。
ですが、総合サプリに多くの成分が含有していたとしても、その中で一体どのような成分が必要なのか分からないと、お悩みの方も多いでしょう。
総合サプリで何を選んだらよいのか分からない、という方は、粉ミルクの成分と照らし合わせて、サプリを選んでみましょう。妊活中や妊娠初期に必要不可欠な葉酸ですが、大事な栄養素とは言っても、過剰摂取は禁物ですから、一日の適切な摂取量を守って下さい。

特にサプリで葉酸摂取をしている方にお伝えしたいのですが、サプリによる葉酸の体内吸収率が非常に高く、食事で摂れる葉酸よりも、ずっと多い葉酸が含まれていますね。それゆえ、簡単に大量摂取してしまう危険性がある為、決められた用法と容量を必ず守ってください。

葉酸を摂りすぎると、胃腸がダメージをうけるため、食欲不振や吐き気などの副作用(全くないというわけにはいかないというのが本当のところでしょう)が出ることがありますから、注意(怠ると取り返しのつかないような事態を招いてしまうこともありますね)してください。他には、胎児が喘息を発症するといった報告があります。



「葉酸」はビタミンの一種ですから、ビタミンを多く含んだ食べ物には「葉酸」も多く含まれていますね。フルーツでは、イチゴ、ライチに多いことが発表されていますね。あるいは、アセロラや柿、キウイフルーツも沿うですね。

または、かんきつ類も葉酸が豊富な果物に当たります。


十分な葉酸を簡単に摂取するためには、オレンジジュースで補うのも良い方法だと言えるでしょうね。
妊娠することによる体の変化と、必要な栄養素の効果を考えた時、妊娠中はもちろん、受胎した時に、十分な摂取が必要である葉酸ですが、普段通りの生活を送っていると、継続的な摂取を怠ってしまうといったケースも出てくる方が多いです。

そんな不安を解消してくれるのが葉酸サプリを飲む事なんです。普段の食生活を気にかけることなく、簡単に葉酸を摂れますので、忙しくて食事がちゃんと摂れなかった、なんていう場合も安心できますよね。

一人目から6年経っても二人目ができず、不妊治療に通いました。ひとりめが男の子だからか、夫は二人揃っての不妊治療は不要という考えで、一度言ったら気が乗らないふうだったので、とりあえず自分だけで、タイミング療法に取り組みました。
月イチで3000円弱なので家計に影響ないところはよいのですが、即、妊娠できるというワケでもなく、葉酸サプリが良いというので高いけれど使ってみたら、それが功を奏したのか、早々に下の子を授かりました。胎児のための栄養を一番に考えている妊活中の女性にとって、よく飲むお茶の成分も、気になる方が多いのではないでしょうか。



妊活に効果が高いお茶としては、ルイボスティーやタンポポ茶を飲んでいる方が多いようです。これらはカフェインが含有されていませんので、妊娠する可能性の高い女性にすごく、赤ちゃんにも負担のかからない、妊活中に飲むのに理想的なお茶なのです。実は、ルイボスティーには、貧血を予防するという効果があるという話ですから、妊活が終わった後も、飲みつづけたいお茶だと言えるでしょう。不妊治療や妊娠初期に有効と言われる葉酸は、細胞分裂を助けて血液をつくる作用があります。


それは不妊治療にも効果を表し、子宮に受精卵が着床するのをサポートするので妊娠確率が上がるのです。タイミング療法と合わせれば更に効果も出やすいでしょう。そのうえ造血作用で新鮮な血液が増産されると血行が良くなるだけでなく生殖機能そのものが底上げされ、不妊状態を改善するのにとても有効なのです。


実は、妊娠を計画している女性に向けて、厚生労働省が、積極的な葉酸の摂取をもとめていますね。

葉酸は胎児の正常な細胞分裂に働聞かける栄養素で、妊娠初期に十分な葉酸を摂取できない場合は、たとえば、神経管閉鎖障害に代表される先天的障害が発症する可能性が高まるといった研究結果が出ているのです。

細胞分裂は、一般的に妊娠に気付きにくい受胎時から既に始まっていますね。この時の細胞分裂が正常になされるようにするためにも、妊娠1か月以上前から妊娠初期の、最も葉酸が必要となる時期に、食事で摂ることの出来る葉酸が不足しないよう、1日に400μg(0.4mg)の葉酸をしっかりと摂取できるように、栄養補助食品による補給がおすすめです。妊婦さんにとって葉酸が大事だという話を耳にすることが増えてきました。


葉酸は胎児の健やかな成長を促すために重要なはたらきをする栄養素なのですが、仮に葉酸が欠乏してしまうと、どのようなリスクがあるんでしょうかか。
実は、葉酸には細胞分裂を促すというはたらきがあります。
そのため、葉酸の摂取が不十分ですと、胎児の細胞分裂に影響が出るために、先天的な障害を発症しやすくなるというデータがあるのです。



それだけの事でなく、葉酸の摂取はダウン症になるリスクを低減してくれるため、是非、葉酸の摂取を心がけてください。

葉酸は胎児の健康な成長を促すために、妊娠前から妊娠初期にかけて適切な摂取がもとめられる栄養素です。

その効果は国民の健康に関する業務を管轄している厚生労働省が適切な時期での十分な摂取を呼びかけていますね。
葉酸は水溶性ビタミンの一種ですから、汗や尿と一緒に体外に排出されるものが殆どですから、身体の中に蓄積していく、ということは殆ど無いのです。

それでは、どれだけ摂っても問題ないのかと言うと、沿うでもありません。

葉酸を過剰に摂取すると、発熱や呼吸障害、かゆみや吐き気などを引き起こすという報告がされていますね。サプリは葉酸の摂取を手軽に済ませてくれる便利なものですが、過剰摂取には十分注意(怠ると取り返しのつかないような事態を招いてしまうこともありますね)し、提示されている規定量を超えないように気を付けてください。

葉酸は、私が知る限りでも、多くの産婦人科で摂取が推奨されている事をご存知ですか?実際にサンプルの葉酸サプリを配布している産婦人科もあるそうです。



ですが、妊娠中に葉酸を意識していなかった、という方も少なく無い沿うです。もし、葉酸摂取の不足を心配されている方も安心してください。
ビタミンB群に属する栄養素である葉酸は、ほうれん草などの青菜類や、肉類にも入っている栄養素なのです。
ですから、普段通りの食事をしっかりと摂っていれば、多少は摂取できているという事ですね。


胎児の先天性障害発症リスクを抑えるために、妊娠前から妊娠初期にかけて、サプリメントによる葉酸摂取がいいかもしれません。では、葉酸サプリはいつ飲むのが効率的なのかというと、食後30分以内の摂取が理想的です。なぜなら通常に食事によって摂取した栄養素との相互作用が働くことで、葉酸が最も効率的にはたらきますから、十分な効果が期待出来ます。一方で、空腹時に葉酸サプリを摂取してしまうと胃腸の不快感、食欲不振や吐き気の等の症状を発症することもあります。

ですから必ず胃に何か入った状態でサプリを摂取してください。

妊娠初期(妊娠前1ヶ月〜妊娠3ヶ月ごろ)の妊婦さんにとって、忘れてはならない大事な栄養素が、葉酸ですよね。ママの体も赤ちゃんも、いっしょにゲンキであるように、サプリなど、お手軽に葉酸が取れる方法を活用しながら、葉酸の摂取を怠らないようにしてください。さて、厚生労働省による理想的な一日の摂取量ですが、1日あたり0.4mgとなっていますね。


さらに、毎日欠かさず摂取することが推奨されていますね。


これを野菜だけで摂取するのは葉酸不足の心配もあります。



ですので葉酸サプリで補給するのが良いと思いますね。

一般的に、野菜の中にも葉酸が多いと言われているのは、小松菜や菜の花、近年高い栄養価で有名になったモロヘイヤなど、いわゆる青菜のものが多いです。妊娠後、早めにこうした食材を食べるようにしてください。

葉酸は赤ちゃんの先天的な脳異常の発生リスクを低減するらしいのです。


毎日野菜を食べるのがつらい場合には、他の食材で葉酸を摂取してもいいかもしれません。納豆やホタテといったもので葉酸を摂取するのをおすすめします。葉酸は多彩な食品に含まれていますねから、自分に合ったものから補給するようにしてください。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Ayumu
読者になる
2017年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる