プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:tieyiwugxccjlm
読者になる
2010年07月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Yapme!一覧
読者になる
人気急上昇中のユンホ、日本のドラマ作品への出演に意欲満々 / 2010年07月04日(日)
発売1週目にしてDVD-BOXのIとIIの売上げがそれぞれ1.4万枚を記録し、オリコンランキング「ドラマ部門」でも1、2位を独占するなど、爆発的な人気を見せている韓国ドラマ「No Limit〜地面にヘディング〜」。これを記念して、東京・有楽町の東京国際フォーラムではプレミアムファンイベントが開催。主演のユンホ(東方神起)が駆けつけ、1万人以上のファンを相手に感謝の言葉を語った。

【写真】はにかんだ表情もたまらない

本作「No Limit〜」は、才能はあるものの、常にトラブルを巻き起こしてしまうサッカー選手・ボングン(ユンホ)が、チームの解散や交通事故、チームエージェントとの色恋沙汰などに悪戦苦闘しながら成長していく姿を描いた青春ラブコメディ。“サッカー”を題材にした作品だけに、現在開催中のワールドカップにも関心があるか聞いてみると「全試合観てます! 夜中の放送が多いので、ここ数日は夜更かしが続いてますね(笑)」と、彼自身もサッカー好きであることが明らかに。さらに「アジアが全体的に強くなってきているのがうれしいです。日本人選手だと、本田圭佑選手が格好いいですね。デンマーク戦で決めたフリーキックは素晴らしかったです」と、日本代表へのコメントも飛び出した。

また、本作は彼にとって初の主演ドラマということもあり、演じるうえで気をつけた点を尋ねてみたところ「アーティストとしてステージに上がる時は、見てくれる人に“タフさや力強さ”が伝わるよう意識していますが、今回(俳優として)は“柔らかい、優しいイメージ”を感じ取ってもらえるよう、演技を意識しました。自分の新しい一面を、皆さんに見てもらうことができて嬉しいです」と、演技に対する独自の見解を語ってくれた。

今回のドラマ初主演に続き、韓国では、宮廷を舞台にしたミュージカル「宮」で主役を演じることも決定したユンホ。今後は歌手としてだけでなく、俳優活動にも力を入れていくとのことで、日本の映画やドラマで彼の活躍が見られる日も、それほど遠くないかもしれない。

ユンホ自身も「チャンスがあれば、日本の作品にも是非出演してみたいです。昔から日本のドラマや映画が大好きで、たくさん観てきました。『MR.BRAIN』や『デスノート』(06)がお気に入りです」と、意欲の程を明かしてくれた。さらに「日本はアニメーションも素晴らしいですね。実は、スタジオジブリの作品が大好きで『借りぐらしのアリエッティ』をすごく楽しみにしてます」と、意外な一面も明かしてくれた。

今後ますますの活躍に期待の高まる新星俳優ユンホ。8月25日(水)には、今回のイベントの模様を収録したDVD付きオリジナルサウンドトラックも発売されるので、ますます目が離せない。【トライワークス】

【7月4日18時5分配信 Movie Walker
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100704-00000014-mvwalk-movi
 
   
Posted at 18:43/ この記事のURL
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
 
 
Powered by yaplog!