それでも、瑠璃の声

June 03 [Wed], 2015, 17:52
それでも、瑠璃の声はそれなりにかわいい声なのではないかと思うのは、先にも書きましたが、作中で瑠璃の声に関する直接の描写はないのであくまで管理人の勝手な想像ではあるんですけども。

ただ、原作6巻で、帥の宮が鷹男に「瑠璃と由良姫の声が似ている」という話をした際に、「かわいらしいお声で」といっており(この場合は由良姫の声のことですが)、実際の瑠璃の声を知っている鷹男も特に異を唱えていないことからも、瑠璃の声は「かわいい」と言って差し支えないのではないか、と想像できるのです。

瑠璃は、意外と(?)にこにこしてたり如何にも可愛らしいというシーンは本当に少なくて、言葉使いが乱暴だったり、会話の前後に「ピシャリと」「ぶすっとして」という形容がついていたりする事が多いと思います。
高彬に対しては基本的に強気な発言ばかりだし。

なのにあんなに素敵な殿方達から愛されて、愛嬌があって可愛らしいイメージなのは、これはもう、声&喋り方が、態度や言葉遣いとは裏腹に可愛いからなんじゃないかと。(もちろん大前提として、瑠璃の人となりがあってこそなのは言うまでもありません)

瑠璃は小柄でもあるので、なんというか小動物的な可愛らしさといいますか。

ポイントは、「態度や言葉遣いが乱暴」なのに、「声そのものは意外と可愛い」というギャップ、ですよね。

私は声優さんに関しては全くと言うくらい知らないので具体例を挙げられないのですが、瑠璃の声はいわゆる「アニメ声」みたいな、つくった可愛らしさではないと思います。(そういう性格でもないですしね)

特につくった訳でもない素の声が、(表面的な)性格とは違って可愛らしいと言うのは、意外とぐっと来る魅力なんじゃないでしょうか。

これで、瑠璃の言葉使いが、例えば藤宮さまみたいに身分相応に丁寧だったら、特に印象に残らないと思うんです。
何と言うか「深窓の姫君のステレオタイプ」になってしまって。

瑠璃のあの言葉使いって、相当親しい仲にならなければ普通は聞けない言葉使いですよね。(相当親しくたって普通は聞けないけど)

普段、丁寧で美しいけれど他人行儀な敬語しか聞くことのない高彬にとって、瑠璃の話す言葉は活き活きとした躍動感がある、「嘘のない、信用のできる言葉」という魅力以外に、普通なら見られないプライバシーを覗いているみたいな、そんなドキドキ感があったのではないでしょうか?
友達の家に遊びに行ったら、お姉さんが薄い部屋着で現れた、みたいな(笑)
ちょっと(全然)例えが的確じゃないけど、高彬にとっての瑠璃は、喋り方に限らず全てがそうだったんじゃないのかな、と思うのです
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:瑠璃の声
読者になる
2015年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/tiewengut/index1_0.rdf