友達と話していたら葉酸サプリが良い

March 16 [Wed], 2016, 23:38
友達と話していたら、葉酸サプリが良いらしい、という話になりました。最も良いのはどこだろうという話になって、その友達はベルタが販売している葉酸サプリが気になっているようでした。

葉酸のサプリって、妊娠前から飲んでいると妊娠しやすい体になるし、赤ちゃんにも良いと知っていたので、妊娠したと言っていた友達に勧めました。妊活をがんばっている友達には、絶対幸せになって欲しいと思うので、げんきな赤ちゃんの顔を見せて欲しいなって思っているんです。妊娠における体の変化や胎児の健やかな発育をサポートする栄養素として、最近では葉酸摂取による効果が認められるようになってきました。水溶性ビタミン(体内で合成できないことがほとんどのため、食物やサプリメントなどから摂取する必要があります)の一つである葉酸は、適切な量をきちんと摂取することで、赤ちゃんが神経系障害を発症する可能性が下がるという事が明らかになっています。具体的な一日の葉酸摂取量の推奨値として、厚生労働省は一日0.4mgを摂るように通知が出されています。

この数値は受胎直後からの推奨値ですので、受胎直後から赤ちゃんが健やかに成長するように、今、妊娠されている方だけでなく、妊活中の方も是非、葉酸を意識して摂取してみて下さいね。
胎児のための栄養を一番に考えている妊活中の女性にとって、よく飲むお茶の成分も、気になる方が多いのではないでしょうか。

一般的に、妊活に効果があると言われるお茶はルイボスティーやタンポポ茶を飲んでいる方が多いようです。

これらはノンカフェインなので、妊活中の女性にも胎児にも負担のかからない、優しいお茶だという事が分かります。
中でも鉄分を含有しているルイボスティーは、飲むだけで貧血を改善できるという話もありますので、無事に妊娠した後も、ぜひ飲み続けてみましょう。赤ちゃんを授かっている時は持ちろん、それ昔の妊娠を計画している期間においても必要な葉酸なのですが、普段の生活を送っていると、葉酸の摂取を怠ってしまう場合もありますよね。

このような場合、つかってみると良いのがサプリです。

普段の食生活を気にかけることなく、簡単に葉酸を摂れますので、忙しくて食事がちゃんと摂れなかった、なんていう場合も安心できますよね。



妊娠を要望している方や、妊娠を計画されている方に知って頂きたい話なのですが、この時期に気を付けるべき栄養素として、亜鉛が妊娠に重要な役割を与えています。
亜鉛不足に陥らないよう気を付けて下さい。

亜鉛は卵巣の正常な働きに重要な成分で、卵子が健やかに熟すために、有効的に作用することが分かっています。
また、亜鉛の効果は女性に限らず、妊活中の男性も同様に、亜鉛不足に注意して下さい。


亜鉛は精子の量を増やし、質の高い精子の生成を助けてくれるんですね。妊活中の夫婦にとって、亜鉛は欠かすことの出来ない重要な栄養素です。
今ではサプリ等お手軽に摂取できる方法もありますので、ぜひご夫婦二人での亜鉛摂取をすすめてみて下さい。


赤ちゃんを授かって病院が行う栄養指導や、母親学級で指導された方も多いと思います。多くの方が、そうした機会に、葉酸の働きと葉酸を多く含んだ食品を学ぶと思います。


レバーは、葉酸を多く含んだ食べ物の代表格です。

ほうれん草などの野菜にも、多くの葉酸が含まれています。
実際に食材から葉酸を摂取しようと考えた場合、いくつかの注意点があります。
葉酸は調理の際の加熱で失われやすいというリスクを理解し、食材を調理するようにしましょう。
葉酸はどのように摂るのが最も良いのでしょうか?やはり食事で摂る事です。葉酸が多く含まれている食品を挙げてみますと、モロヘイヤ、小松菜、菜の花といった葉菜は持ちろん、納豆や枝豆、ホタテもそうです。
ですが、こうした食材を毎日調理して食べるのがちょっと大変だ、と感じる場合は、サプリを飲向ことも間ちがいではありません。


サプリメントであれば簡単に摂取できます。


妊婦にいろいろな効果を持たらしてくれる葉酸ですが、過剰摂取は禁物です。



副作用として体にあらわれる症状としては、不眠症(眠れないだけではなく、何度も目が覚めてしまったり、熟睡できないといった症状も含まれます)や食欲不振や吐き気、向くみなどの症状です。


特に妊娠初期の方は、体調や栄養を気になさると思いますが、かえって「葉酸を多く摂った方が身体に良い」と、一日の摂取量をオーバーしてしまう傾向があります。



葉酸の過剰な摂取は副作用につながりますので、気を付けて下さい。持ちろん、葉酸は食事で摂取できるのが一番なのですが、葉酸サプリを活用すれば、摂取量も一目瞭然ですので、食生活を変える手間なく、しっかりと葉酸を摂取量したいという方には最適な方法だと言えますね。
葉酸を多くふくむ食べ物ですが、フルーツの中では、イチゴが有名です。あまり耳馴染みが無いかも知れませんが、ライチも葉酸の含有量が多いと有名です。あるいは、柿やキウイフルーツ、アセロラもそうですし、柑橘類も葉酸が豊富な事で有名です。葉酸摂取の手間を出来るだけ省きたいとお考えの方は、ジュースで補給するのもおススメです。



妊娠後、赤ちゃんのために葉酸を摂取している方へのアドバイスなのですが、葉酸を普段の食生活で賄うために、葉酸を多く含んでいるほうれん草などの葉物野菜あるいは貝類、レバーなどの代表的な葉酸食品を、意識的に摂っている人がいらっしゃると思います。
しかし、実は葉酸は熱に弱いため多くの食材を食べようと思っても、加熱してしまいますと大事な葉酸が失われてしまうこともあるんです。葉酸の多い食品を積極的に取り入れたとしても、調理方法によっては、葉酸が足りないという事もあるので、注意が必要です。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Aisa
読者になる
2016年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる