gjuyokykofg 

2008年09月16日(火) 17時47分

aiko 

2008年08月20日(水) 13時42分
aiko

gvrdsgf 

2008年07月12日(土) 13時45分
@



@

@

@

クイック投稿設定 - かわいいブログのヤプログ! 無料でブログ作成できるよ 携帯対応だよ 

2008年07月08日(火) 13時24分
クイック投稿設定 - かわいいブログのヤプログ! 無料でブログ作成できるよ 携帯対応だよ

クイック投稿設定 - かわいいブログのヤプログ! 無料でブログ作成できるよ 携帯対応だよ 

2008年07月08日(火) 13時18分
クイック投稿設定 - かわいいブログのヤプログ! 無料でブログ作成できるよ 携帯対応だよ

ろんぐすけーる 

2008年03月07日(金) 2時18分
Without once being lost
on the way here
Not even surprised
at the warmth
we have found
How long have
I been walking
to the here
Countless memories things
I can't let go of

Setting sun lighting town
so brightly
Asking nothing and
changing nothing
Living together with
this gentle flower
Which on that fine day.
bloomed into being

You last gave wings
mixed with sky blue
Still a bit scared.
but set to take off
I'm sure its coming.
and until that time
to keep those memories
close, I'll fly so high

You last gave wings
mixed with sky blue
Still a bit scared.
but set to take off
I'm sure its coming.
and until that time
when we meet.
just tell me one thing
you did your best

All through this universes
long long history
People 's lives burn out
like sparks from a fire

All through this universes
long long history
People 's lives burn out
like sparks from a fire

Eventually everything
all decays
But there's some meaning
that can't be replaced
oh can't be replaced

You last gave wings
mixed with sky blue
Still a bit scared.
but set to take off
I'm sure its coming.
and until that time
to keep those memories
close, I'll fly so high

You last gave wings
mixed with sky blue
Still a bit scared.
but set to take off
I'm sure its coming.
and until that time
when we meet.
just tell me one thing
you did your best

tell me
“You did your best”

無題 

2008年03月04日(火) 18時45分

mudai 

2008年03月04日(火) 18時44分

無題 

2008年03月04日(火) 17時50分

パタンナー 

2008年03月04日(火) 17時16分
技術力
パタンナーにまず必要とされるのが、ボトムやトップス、さらにはジャケットやコート等の軽衣料から重衣料にいたるまでパーツ毎にしっかりとパターンを引ける技術力です。 衣料全般のパターン知識と技術力が求められます。
正確さ
正確にパターンが引けたとしても、パターンの引き方はその作図の仕方によって数種類存在します。
それぞれの長所と短所を理解した上で、正確に衣料を表現するのに必要なパターンを引ける正確さ。そして、素早くパターンが引けるスピードが大切です。
コミュニケーション
パタンナーはファッションデザイナーのデザイン画をもとにパターンを引きます。
デザイナーや縫製担当者とのコミュニケーションだけでなく、デザイン画から素材感やフォルムを読み解くコミュニケーション力も求められます










  アパレルメーカーなどに所属し、工場で大量に縫製するためのパターンを製作するのが、パタンナーの仕事です。

 婦人服の場合、パタンナーはデザイン画を基に、服の原型を作ります。布を裁断して人型にピンで止め付け、立体的にデザイン画の示す形を組み立てていきます。原型が出来あがると、デザイナーの意図するイメージの再現性や着やすさなどを細かくチェックし、実際の縫製用パターンを作成します。

 また、生地やボタンの種類や量などを工場に的確に指示するのも、パタンナーの重要な仕事です。縫製の仕方などを工場へ的確に指示するためには縫製仕様書を作成し、生地サンプルやパターンと一緒に工場に送って、商品見本の製作を依頼します。そして、出来あがってきた商品見本の着心地や改良点をチェックし、最終的なパターンに仕上げていきます。

 デザインの基本的な形が決まっている紳士服の場合、季節や流行、時代のニーズに合わせてデザインや素材を検討し、過去に作った原型を基にパターンを作ります。同じパターンで大量に生産する紳士服の場合、わずか1ミリの誤差が大きな損害を招く可能性があるので、細心の注意を払ってパターンを製作し、詳しい企画書を添えて工場へ発注する必要があります。

 パタンナーの仕事には、パターンを製作する技術とともに、時代を先取りするファッションセンス、素材や市場の動きに関する総合的な知識が求められます。

デザイナーと二人三脚でイメージを形にする

アパレルメーカーが作る服は、型紙をベースに大量生産される。デザイナーが考えたイメージを型紙にまとめるのがパタンナーとしての南さんの仕事だ。

「とは言っても一から作っていくのではなく、メーカー独自に基本的なサイズを持っているので、それをもとにデザイナーと一緒になって『もうちょっとゆったりめで』とか『ぴったりフィットするように』といったように、ディテールを詰めていきます。アバウトな会話に聞こえるでしょうが(笑)、こういった感覚というのは、デザイナーと二人三脚で作業を進めていくうちに息が合ってくるものなんです。だいたいの場合は同じデザイナーとパタンナーがタッグを組んでさまざまな製品を作っていくので、自然と、ね」

現在、南さんは次の秋冬ものの製品作りに励んでいる真っ最中。「布帛」と呼ばれる伸縮性が少なく型くずれしにくい生地を使い、ジャケットやシャツなどのパターンを作っているそう。

「デザイナーが上げてきたデザインをもとに、そして使用予定の素材を使っていかに美しく見せるかがパタンナーの腕の見せどころ。生地のカットの仕方はもちろん、縫製の仕様次第で仕立て映えがまったく違ってきますからね。デザイナーと話し合うのはもちろん、生地屋さん、裏地屋さん、ボタン屋さん、生産工場などとよく話し合います。型紙を作り、トワルチェックと呼ばれる仮縫い・ピン打ちを経てサンプルを作り、それが指示通りに作られているかをチェックして、不備があればデザイン変更や縫製仕様の変更なども検討し…と、さまざまな工程を経て完成形に近づけていくんです」



日常、無意識に布製品の裏側を確認してしまいます。よく友人に指摘されることも


感性と理論の二つを同時に持ち得ていることが大事

パタンナー関連の資格では、(財)日本ファッション教育振興協会主催の「パターンメーキング技術検定試験」が比較的よく知られている。しかし、これは絶対に必要な資格というわけではなく、現場で必要とされるスキルが別にある。

「CADを使ってパターンを書くことが多いので、それを扱える技術は必要と言えるでしょうね。幸い私は、洋服のサンプル工場でCADオペレーターとして働いた経験があるので使いこなすことができます。もちろん、そういった小手先の技術だけが問われる世界ではありませんよ」

と、南さんが言葉を続ける通り、洋服を作っている以上、服作りに関する知識の方が絶対に必要だ。

「完成形をイメージしてパターンを書ける、豊かな感性が必要でしょうね。生まれ持った才能ではありますが、それ以上に、いろんな服を見て勉強していくという経験も積まなくてはいけません。また、やみくもに作り始めても生地を無駄にしちゃうだけですから、『こう縫ったらこう見える』『この生地を使ったらこう仕上がる』といったように、知識をもとに理論的に服作りに臨まなければなりません。感性と理論。相反することのように思えますが、その二つを同時に持ち得ていることが重要なんです」

製品が出来上がったときに浮かぶのは「達成感」と「反省の念」

パタンナーが重要な役割を果たしたとして評価されるのは、まず第一に製品が出来上がったとき。その瞬間、南さんが感じるのは「達成感」と「反省の念」だと言う。

「デザイナーをはじめ、いろんな人と一緒になって苦労して作り上げた結果なので、出来上がった瞬間はやはり感慨深いものがありますね。だけど、それと同時に反省点も生まれてきます。『完璧!』と思うことは少なく、むしろ『ああしておけば良かった』『こう縫えば見え方も違ったのに』って。工場でサンプルが出来上がる時点で細かな部分にも修正を入れているはずなのに、出来上がりを見るとやっぱり不満な点が出てきちゃう。それだけ奥が深い仕事なんですよ」


単純に「作る」という以上に、創造して、ゼロからものを「創り出す」仕事です


自らが手掛けた製品は当然、消費者が着ることになる。評価…というよりは成果かもしれないが、道ばたですれ違った人が、自分が作った服を着ているのを見たときに、一番の喜びを感じるそう。

「現在は30代キャリア向けの婦人服を作っているのですが、私が手掛けた製品がカッコ良く着こなされているのを街中で見かけたときはやっぱり嬉しいですね。作っているときには当然、着る人のことをイメージしているので、そのイメージ通りに、またイメージ以上の見映えになっていたら、それはもうパタンナー冥利に尽きますよね」
南 佳世子 さんへの一問一答
Q1.この仕事に就いた(転職した)動機は?

短大に進学するまでは全然、興味はなかったんですけど(笑)、学んでいるうちにすごく楽しいと感じ始めたんです。「デザインする」というよりも「モノ作りに直接、携わっている」という感覚に、強く惹かれました。

Q2.この仕事に就いて(転職して)よかった?

なんといっても服が安く買える!5割引きで買えるのは通常で、社内セールのときなどは7割8割は当たり前。その代わり、家の中は服だらけで大変なことになってますけど(笑)、着なくなった服なんかは友達にあげたりするので重宝がられてますね。

Q3.この仕事、どんな人に向いている?

デザイナーの思惑をうまく汲み取って、それを形にしていくという仕事の性質上、コミュニケーションを上手に取れる人が向いているでしょうね。もちろん、ハイハイと聞いていればいいだけでなく、強く言いすぎず、でも主張するところは主張していかなければなりません。

Q4.これからこの仕事を目指す人へアドバイス

ファッション業界というだけで華やかに見られがちですが、実際の作業は非常に地味なものが多いです。また、納期が近づいてくると寝る間も惜しんで…ということが多々あるので、体力勝負のところもある。入社後にギャップを感じないよう、そのへんは覚悟しておいてください(笑)。

チーフパタンナー

FDさんがファッションに興味を持ち始めたのは高校2年の時。「デザイナーの道に進みたい」と専門学校に入学した。
授業で洋服を作る工程を学ぶうちに、デザイン画を立体にするパタンナーの仕事の重要性を知った。そんな折、アルバイトでパタンナーのアシスタントとしてトレース、生地カット、縫製などを経験し「“きれいに服を作る”という達成感を味わった」という。
そんなこともあり、進み道をデザイナーとパタンナーで迷ったが、より達成感を強く感じることのできたパタンナーを選んだ。現在、FDさんは人気ブランド「フランドル」のチーフパタンナーとして、デザイナーのアイデアを具体化し、服のラインやイメージを決める大切な役割を担う。
またチーフとして「技術だけでなく、物事の先々を読んで効率のよい段取りを考えたり、自分の領域だけでなく、全体を見ることが大切」と司令官としてチームをまとめている。パタンナーの魅力は「製図の出来上がりを想像しながら、縫製や納品後の事まで考え、思い描いた通りのものを作っていくという仕事の深さ」と語ってくれた。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:tide_of_stars
読者になる
2008年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる