近況(※重要※)

July 01 [Thu], 2010, 19:15
此処最近色々あった事に関しましての総論です。

―――えぇと、
某方のサイト様の匿名コメの一件やらツイッタさんの一件やら…
何やら「月イベがどうたら」 だから 「○○ってどうよ?」
だなんての意見がブログ上や人様のメールでだの
水面下で色々飛び交っているみたいですが、

結論私は某方に関しましても誰にしましても反目し合ってるだなんて事はありませんよ、と。
此処でお知らせすることに致しますね。

そも如何にしてその様な事実が表沙汰になりまして要らん火種を撒き散らしてるのかはわかりませんし、別段私は知りたくも無い。いやこの場合は知る必要も無いというか知る手間も惜しいというか、ぶっちゃけ無関心というアバウト加減。

正直に言ってしまえば私は今回の事態に関して、怒っています。
だからこその無関心なんです。

以下自身の価値観とかだからこその反目してないという一種の自己正当化です。
棚上げ以外の何者にもありませんが、お暇な方はドゾ。

確かに人間なんて感情の生き物なのです。
個人に対しての嗜好や好きや苦手や嫌悪や憎悪やetcというのは誰にでもあるのかもしれません。
好きになったり嫌いになったりと、自身の価値観や生き方が変わるたびにあるのかもしれません。

でも私には嫌いなものがありません。
好きなものもありません。
得意なものもありません。
得意でないものもありません。

その根本を探れば個人意見として考察すると

誰かや何かに不満を覚えるのは勝手。
確かに不満を覚えさせる奴が(不満を思う側=この場合は主観視点で)この場合一番悪いのかもしれませんが―――

「果たして自分は不満を誰からも思われない遣り方をしてきたのか。そもそんな不満はどうして生まれるんだ。大体不満だと思う場所を訪れねばならないと言う義務や法律はあるのか。だったら自身で「選んだ」結果の自己責任だったんだよな、と。
気に食わないならリアルタイムで正当な手段で不満を阻止すれば良い。
それが出来ずにただ現状を嘆くだけならば問題を放置した己にも責が十二分にありますよね?
自身を変える努力もせず他人を変えるだなんて最低以下に厚かましくて傲慢!」

と思い至るので
私は「嫌いなもの」「苦手な趣向」というのがまるで無い。
それは聖人君子だからとか、悟ってるとかンなんじゃ無いよ。
ただ単に「まぁ過去に比べれば今なんてたいした事無い」という捻じ曲がった比較が頭の中にあるのと、

後、
嫌いになってしまうのは簡単だけども「この人にはこの人の凄いところがある!」という視点で見てしまったら
それはある種の尊敬部分が大半を占めるようになるわけで。
自分には出来ない事が出来る人様=近づきたい!凄い!
そう思います。
自身の存在に圧倒的な危機感をもたらさないもので無い限り。
尚其の場合は「無関心」になってしまいますが(笑)

其れは好きになることも同じ。
私は「裏切られても良い相手=信じる相手」が対人関係には主立ってます。
信じるというのと好きになることは必ずしも同じではない。
それでも、

誰かと共に居るのなら、相応の覚悟を持ってぶつかる

というのが私の生き方。

だからこそ、
嫌いなものが無い代わりに、私には好きになるものがありません。
誰かだけ、とか誰かたちだけ、とか 何処かだけとか、
謂わば執着の無い面白みの無い情の無い。

――――愚痴でも何でもそうなんですけど、昔から「意味の無い事が」ダイキライなんですよ、強いて言えば。
「表に出して即解決に値する問題で無い限り」
私は口には出さない。
口に出すときは「この人なら」って正当な客観的な意見を言える人にしか「相談(=解決案を出す)」しません。

感情論なんて、一時のもの。
そも手前の感情論をぶちまけて誰得になるのかな?って感じですから。
そういう意味では私は感情論そのものを否定するのではなく、その感情論を利用した「自身の意見(陰口/批評)」が目障りなワケで消えて仕舞えばいいと思うほど無関心。

口触りの良い響きで言ってしまえば合理主義者
事実論でぶった切れば無味乾燥なクソ詰まらん植物人間

なんですね。

好きになるものも嫌いになるものも無い
オンでもオフでも何処でもこれが変わらない生き方なんです。
中立的な立場とかそんなかっこよいものでも無い。
一種の自己防衛に似た自身の現在の極論みたいなモノ。

だからこそ、
色々路線は逸れましたが
「今この瞬間を悔いないように楽しむ」事がモットーなんです。
好きなものも苦手なモノの嫌いなモノも無いアバウトだからこそ、

「楽しければ結果オーライ」
ですから。
ソレに過程も結果も要らない。
感情論等混じらせるだけ時間の無駄。

ズッパリサッパリ、
モヤモヤした
切り捨てるべきところは切り捨ててみんなで騒げればそれでいいんじゃないかと思いました!

さて最近夜勤続きだったり、ちょぴっと他所へ浮気をしてみたり等中々夢幻さんには顔出しできてませんが、夏祭り始まるのならば頑張るぞ!ってハイテンションな馬鹿が騒ぎますんで
「この野郎マジ帰れ!」って方はなり茶で殴るなり蹴飛ばすなりしてやってください(ハアハア)
それでは

皆さん良い夜を!
  • URL:http://yaplog.jp/tidaihuku/archive/279
プロフィール
  • アイコン画像 ニックネーム:HN
読者になる
2010年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Yapme!一覧
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/tidaihuku/index1_0.rdf