夢の時間 

February 22 [Tue], 2005, 15:57


淡いピンクがベースの空

その空のあちらこちらに散りばめられ

時に眩い光を放つ真紅の星達

地面には空よりも淡いピンク色の花が

辺り一面に広がっている

花達の中にポツンと不自然に置かれている

綺麗に束ねられた花束

先が尖っている岩の天辺にある

上品にキラキラと輝くリング…

貴方といつか こんな幸せな時間

過ごせたらいいな。

 
 

いつの日か。。。 

February 22 [Tue], 2005, 16:04


         貴方と出会ったのが  

         運命ならば

        貴方に恋をしたのが

         運命ならば

         もし

          貴方を一生愛するのが

         運命ならば

           私はその運命を喜んで受け入れ

          貴方を心に一生

          宿し、

          想い、

           愛し続けるでしょう。
 


神様・・・ 

February 22 [Tue], 2005, 16:21


貴方と出会ったのが

運命ならば

貴方に恋をしたのが

運命ならば

貴方を一生愛する

運命であってほしい。。。

私はその運命を

愛し続けます。

流れゆく想い。。。 

February 22 [Tue], 2005, 16:24


ニュースで数億年に一度だけ…と読み上げて

夜中の外に飛び出した

キラキラと瞬く星の間に…

スッと溢れる想いと流れる星。

綺麗だと思う暇もなく…

この夜空に貴方を感じてしまう

同じようにしているかもしれない

そう思うだけで…

鼓動が速くなる

胸の奥がキュンと苦しくなってしまう

心の中で貴方の事が

グルグルと螺旋を描いて溢れでてくる

貴方を好きだと気付いてしまった

今の私には止める事のできない想い…

 

止まらぬ気持ち。。。 

February 22 [Tue], 2005, 16:26


ニュースで数億年に一度だけ…と読み上げて

夜中の外に飛び出した

キラキラと瞬く星の間に…

スッと溢れる想いと流れ星。

綺麗だと思う暇もなく…

この夜空に貴方を感じてしまう

同じようにしているかもしれない

そう思うだけで…

鼓動が速くなる

胸の奥がキュンと苦しくなってしまう

心の中で貴方の事が

グルグルと螺旋を描いて溢れでてくる

貴方を好きだと気付いてしまった・・・

今の私には止める事のできない想い…

叶わぬ恋かもしれない


でも…


流れ星に祈り続けるよ

 この恋が叶いますように…

想い。。。 

February 22 [Tue], 2005, 16:27



ニュースで数億年に一度だけ

と読み上げて

冬の夜空に 飛び出した

空を見上げ

綺麗だと思う暇もなく

スッと流れる星と

 貴方への溢れる想い。

叶わぬ恋。

私の中で封印している

 貴方を想う心…

せめて…

願わずにはいられない

貴方と少しでも

長い間 話していたいと…


祈り。。。 

February 22 [Tue], 2005, 16:30



ニュースで数億年に一度だけ

と読み上げて

冬の夜空に飛び出した

空を見上げ

綺麗だと思う暇もなく

スッと流れる星と

 貴方への溢れる想い。

どうか気付いて…

私を…

私だけを見ていてほしい

あの流れる星に想いを乗せて…


雲に乗って。。。 

February 22 [Tue], 2005, 16:32


   空を眺めていると

   雲が形を変えながら

   ゆっくりと流れていく…

   空を眺めていたはずなのに

   いつの間にか

   私の心は貴方を想っていた

   この空の下の何処かに貴方がいる…

   そう考えるだけで

   heart が大きく波打つ

   そして貴方への想いが溢れでてくる

   止まる事を知らぬかのように…

   貴方を想いすぎて壊れそうだよ…

   好き。。。
 

求めて 

February 22 [Tue], 2005, 16:33


貴方が夢を追い掛けるのなら


私は貴方を追い掛けるでしょう


貴方が幸せを求めるのなら


私は貴方を求めるでしょう


貴方が惚れた女性を捕まえようとするのなら

 
私は貴方を捕まえようとするでしょう


貴方が私の想いを知ろうとしないのなら


私は貴方をひっそりと想い続けるでしょう

 

森の中 

February 22 [Tue], 2005, 16:34


今この時期、森の中は黄金色に色づいている

どんぐりが

キノコが

イヤ、森全体が楽しく歌って踊って

この秋と言う季節を満喫しているのがわかる

しかしそれも長くは続かないだろう

冬が来るから。

それを知っているから

こんなにも明るく、振る舞っているのだ

冬が来れば、白銀の世界になってしまう

人間からみれば綺麗で美しい。

だが、それとは裏腹に森全体が

寒さに蝕まれていく

地獄のようなものなのだ

森全体にしてみれば

冬は強敵。

冬の森の中は

戦闘区域。

   始めに☆   

 *訳があり このままでは
   大変 読みにくいので
   読み始める前に、

ココをクリック

  して 読み始めて下さい。
m(_ _)m
            


                
   
ポエム☆は
 最近?書いたものです。

  
ポエム★は
 昔? 書いたものです。


               


2005年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28
  ღ プロフィールღ
 
ニックネーム    *£ルエンジェ
性別      *♀
趣味      *PC
状態      *ナイーブ(?
年齢      *不詳
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:tibiru017
読者になる
Yapme!一覧
読者になる