【 更新情報 】

スポンサード リンク

チアシード豆乳おからクッキー

チアシード豆乳おからクッキーがクッキーダイエットとして注目されています。
以前から、豆乳おからクッキーがクッキーダイエットのクッキーとして注目されていました。豆乳おからクッキーは、クッキーに使う牛乳の代わりに豆乳を使い、薄力粉の割合を減らしておからを使って作るクッキーです。
豆乳の大豆タンパクは基礎代謝を上げ痩せやすい体質にする効果があります。また、豆乳に含まれるイソフラボンが食欲を抑制し、サポニンが肥満防止に役立つ成分を持っています。
また、おからは大豆たんぱく質が残っていて、豆乳と同じ働きをしますし、食物繊維が多いので、血糖値の上昇を緩やかにし、インスリンの急激な上昇を抑え脂肪の増加を抑えることになります。また、食物繊維は毒素排出に役立つ大腸の善玉菌をふやす働きがあります。しかも低カロリーで、薄力粉の炭水化物の割合も減らせるというわけです。
甘さも甘味料やココアなどで工夫して、抑えることができます。
チアシードはチアというサルビア科の植物の種子で植物の種で、主として南米で栽培されています。チアシードの特徴は大量の水を吸収して10倍くらいになることです。。チアシード自体は無味なので、豆乳おからクッキーにチアシードを混ぜると、大量に膨らみ、少量の材料でも量が増し、満腹感が得られるのです。更にダイエット効果が期待できます。チアシードの食感が美味しくてリピータになる人もいるようです。

チアシード効果

チアシードを家畜の飼料として与えると、大幅に、家畜の肉に含まれる飽和脂肪酸の含有量を(30.6%)減少させることが出来ます。
飽和脂肪酸に含まれるLDL(悪玉コレステロール)は、摂取量が増えると心臓病になる危険性があることは周知のとおりです。
皆さんはオメガ3系脂肪酸をご存知ですか?オメガ3系脂肪酸はいわし、さばなど青魚に含まれているEPA・DHAの不飽和脂肪酸のことです。
体の炎症的な変化の軽減、異常な血液凝固を防御、おそらくは細胞、組織のがん性、消耗性の変化を防ぐ効果があると考えられています。
チアシードを家畜の飼料として与えると、家畜にこれらの魚や海草または亜麻子を飼料を与えた場合に比べて、より飽和脂肪酸の含有量を減少させることが出来るのです。
つまり、家畜の飼料にチアシードを加えることにより、オメガ3系脂肪酸を多く含む卵や鶏肉、牛肉、ハム、ミルク、チーズなどを生産することができるのです。
勿論、食物としてもオメガ3系脂肪酸をとることにより、体内のLDL(悪玉コレステロール)を下げることが出来ます。
また、養殖の魚について、オメガ3脂肪酸強化剤としてチアを魚のエサに、使用することで、魚の品質低下を防ぐだけでなく、ダイオキシンや水銀などの、中毒物が魚や魚肉製品に蓄積されている恐れの心配をしなくてすむようになり、安心して子供に与えられますね。。
チアシードは、たんぱく質、ミネラル、ビタミンBを豊富に含みますので、優れた栄養食品としても効果的です。食事にチアシードを加えることで、バランスの良い食事を摂ることが出来ます。また、チアシードは大量の水を吸収するので、食事にチアシードを加えることにより、他の食品の量(特に炭水化物)を抑え、ダイエット効果を得ることが出来ます。

チアシード激安購入法

リストアップされたチアシードの販売店をチェックしました。
・マザーリーフ
http://www.motherleaf.co.jp/chiaseed/
メキシコ産チアシード100gパック2604円のところを400円で、200gパック4809円のところを760円で売っています。
・パーフェクトスタイル
http://realmarket.jp/perfect_style/1000013632000/
現在改装中です。
・楽天市場
http://directory.rakuten.co.jp/rms/sd/directory/vc?s=1&tz=408045&v=3
メキシコ産チアシード100%300グラム当店通常価格 3,990円 (税込) のところを1,981円 (税込 2,080 円) で売っています。その他、チアシートを使ったオイルなどを売っています。
・ドラッグみなみ
http://www2.ttcn.ne.jp/~drug-minami/manpuku.html
製造中止中です。
・快適生活館
http://www.yaseyoo.com/csd.html
販売終了です。
・アイケーシー
http://www.ikcc.jp/cm1/chiaseed.html
メキシコ産チアシード100%100グラム 1000円 で売っています。
売り切れです。

結果としてはマザーリーフか楽天で購入することが出来ますし、激安店としてはマザーリーフがお勧めです。

チアシードの口コミ

この口コミは少し前の口コミですので、少し情報が古いかもしれません。
三週間前からチアシードを使用している方は、満腹感はあるかどうか分かりませんが、粉寒天&チアシード&食事制限&軽い体操で2kg痩せたということです。
満腹感になり、食事量が減るとのことです。お通じもかなり良くなり1日に2回もあるそうです。しかし、チアシードだけで痩せることは難しいかもしれません。しかも、値段もかなり高く、現在売っているものは3日分で2500円ということですが、現在は100g1000円くらいです。
ある方は、満腹感というより、食欲がなったということです。夏のせいかもしれませんが、おなかが空いたということがなくなってしまったということです。体重の方は、まだ変化は見られませんが、確実に食欲は減ってきているので、1ヶ月後が楽しみだと言うことです。
また、チアシード豆乳おからクッキーの口コミは、食べた後満足感があるという意見や、思ったより美味しいという意見や忙しいときのお昼代わりに食べていると言う意見や、チアシードの食感がいけるという感想等がありました。
楽天のチアシード通販を見たらめぼしいものはすべて売切れになっていました。
それ程、チアシードの人気は高いようです。
他のめぼしい通販ショップも売り切れていました。
また、チアシードのレシピや食べ方もより多く紹介されるようになりました。痩せるだけではなく、ビタミンBやオメガ系脂肪酸など多くの栄養を含み、注目したいものです。

チアシードの感想

チアシードについて調べれば調べるほど興味深くなってきました。
チアシードはダイエットに効果あるばかりだけではなく、栄養面でも非常に興味深かったです。オメガ系脂肪酸が豊富に含まれていて、それを飼料にした動物は飽和脂肪酸が減少していることを知って、お肉やハム、卵、牛乳などを食べたいと思いました。特に魚類は有機水銀などの物質が排除されると言う話を聞いて、チアを飼料にした食品が早く出回らないかなぁと思いました。今も子供の食事を考えて、食物連鎖の頂点にあるかじきマグロやキンメダイやツナ缶を食べることに気を使っていました。
オメガ系脂肪酸が豊富に含まれていることで、食事に是非取り入れたいと考えたいと思いました。食事でもレシピを見たらお菓子類ばかりだったので、がっかりしましたが、本来の食べ方やチアシードを食品に振り掛けるだけで良いと書いてあったので、それをヒントにして、自分でも色んなレシピを考え出しました。とろみがつくものを思いついて、それにチアシードを入れることを考えました。レシピを考えながらそれを食べることを楽しみにしている自分がいることに気がつきました。
また、チアシードの激安通販ではチアシードをすぐに買いたい衝動に駆られました。チアシードを買ってみて、色々試してみたいと思うようになりました。但し、もっとチアシードが安く身近になればいいのになあと思うようになりました。もっとテレビなどで紹介してもらい、チアシードが身近になるようになればいいのになぁと考えるようになりました。

チアシードの飲み方

アメリカで、よく飲まれているのは、チアシードを入れた、チア・ウォーターです。
レモネードを作って、そこにチアシードを入れるだけです。
水2000ccにチアシード1/3〜1/2カップ、砂糖1カップ(アメリカの飲み物は甘いですから調整してください。パルスイートでも構わないと思います。レモンまたはライムの絞り汁半カップを混ぜて、チアシードと氷を入れて飲みます。
また、チアシードミルクもあります。チアシード大さじ4杯、胡桃大さじ2杯、ごまペースト大さじ2杯、はちみつ、大さじ2杯、バニラ少々と水1000ccを混ぜて一晩置き、なめらかになるまでミキサーで混ぜます。
詳しい作り方はhttp://web-c-9.com/post_15.htmlやhttp://chia.kisojoho.net/2006/05/post_2.htmlに書いてあります。
バナナジュース、イチゴミルクジュース、豆乳、チョコミルクなどにも良く合います。
チアシード入りビシソワーズなどもあります。私は血糖値が気になるのでじゃがいもでなくカリフラワーで、いつもビシソワーズを作ります。じゃがいもに比べて、とろみがないのが難点です。牛乳1パックの量で作るビシソワーズなら、牛乳半カップに大さじ1杯位入れて一晩置いたものを、茹でた野菜をミキサーにかける時、一緒にかけます。後は通常のビシソワーズの作り方と同じです。
どの位なめらかになるか分からないなので、牛乳半カップに大さじ1杯から始めて調整してください。
また、ふかひれスープに入れる出汁(ふかひれ自体は味がありません)にチアシードを含ませてミキサーにかけるのも擬似ふかひれスープのようになります。

チアシードのレシピ

チアシードのレシピには、チアシード入りケーキ、チーズスティック、チアシードのプディング、チアシードのクッキー、チアシード入りスコーン、チア入りグリッシーネのレシピ、チアミルク、チア・ウォーターなどのレシピが、以下のURLに載っています。
http://chia.kisojoho.net/2006/08/post_17.htmlの左端のレシピをクリックすると参照できます。
チアシードを使ったお菓子レシピで、チアシードを使ったホットケーキ、チアシードを使ったドーナツが以下のURLに載っています。
http://web-c-9.com/post_28.html
タピオカの代わりにチアシードを使うと言う手もあります。
筆者はお菓子を好まないので、主に料理に使いたいと思います。
ビシソワーズは、チアシードを大さじ1杯、少量の牛乳に一晩つけておき、茹でた野菜をフードプロセッサーにかける時、一緒に入れ、後は通常のビシソワーズの作り方と同じです。
野菜スープは玉ねぎ、キャベツ、トマト、コンソメを水からコトコト煮るのですが、途中でチアシードを小さじ1杯入れて作ります。
中華丼は一晩水につけたチアシードを片栗粉の代わりに使います。
マーボー豆腐は八宝菜などのあんかけも水につけたチアシードと少量の片栗粉で溶いた水を混ぜてあんを作ります。
また、雑炊やリゾットにも小さじ一杯くらい入れておくと、満腹感が増します。。
筆者はいつも目分量なので、多めに作っておいた水につけたチアシードを調整しながら入れることにしています。

チアシードのカロリー

チアシードのカロリーは、516kcal/100gだそうです。
一見、カロリーがとても高いように見えます。
しかし、一回当たりのチアシードの摂取量は、約2〜5gです。
大体20.32kcal〜26.8kcalです。また、種で食べるので消化が悪いのでカロリーが殆ど無いという説もあります。
チアシードの成分はたんぱく質20%・油分34%・オメガ系脂肪酸20%・食物繊維25%となっています。
チアシードは25%が食物繊維と多く、それがカロリーとして表示されているので、実際のカロリー表示よりずっと少ないのです。
ちなみに食物繊維は、炭水化物として換算されるため、カロリーが高く表示されるわけです。寒天こんにゃく製品も一袋60kcal位ですからずっと少ないのです。
また、油分34%となっているのですが、チアシードの油の主であるαレノレン酸は、結論から言うと太りにくい良質の油です。脂肪の燃焼促進、高血圧予防、老化防止にも効果的と言われています。オメガ系脂肪酸20%も必須ですし。
なので、カロリーや油の量を気にせずに、チアシードはどんどん摂取しても構いません。また、チアシードを摂取することで、他の食物のカロリーが大幅に減ります。そのことを考えなくてはいけません。
いくら、カロリーが低いとはいえ、朝食、昼食を高カロリーのものを食べ、夕食にチアシードを使った料理を作ったとしても、意味がありません。

チアシードダイエット

チアシードはダイエット食品として、注目されています。
腸のデトックスとしても知られていています。チアシードの約4割が食物繊維のため、腸をキレイにしてくれます。
チアシードの特徴は、大量の水分(10倍)を吸収し、種のまわりにゼラチン状の物質ができます。また、チアシード自体に、あまり味がないので、色んな食物に混ぜることが出来、料理の仕方もバラエティに富んでいます。
チアシードの摂り方としては2種類考えられます。
第一は、チアシードを水分を吸収させて量を増やしたものを食品に混ぜて、食べたり飲んだりすることです。もう一つは、チアシードを混ぜた食品を少量食べて、そのチアシードが胃の中で増えて、満腹感を得ると言うものです。
前者はチアシード・ジェルを、ゼリー、ジャム、ヨーグルト、マスタード、ケチャップ、ドレッシング、マーガリン、バーベキューソース、プリンなど、クリーミーなものや液体状のものに混ぜることです。後者はチアシードをレモネードなどに入れてジェル状になる前に飲むチア・ウォーターやクッキーやチーズスティックに混ぜて焼くものです。チアシード入りケーキやチアシード入りスコーンは中間と言えるでしょう。
ゼラチンの変わりにゼリーに入れるのもいいかもしれません。
中華料理の中華丼やマーボー豆腐は八宝菜などのあんかけなどに少しずつ混ぜるのもいいでしょうし、カレーなどのとろみに使うと良いのではないでしょうか?
また、お粥やリゾット入れるのもいいのかもしれません。

チアシードクッキー

チアシードクッキーの作り方のレシピです。
材料は
チアシード 半カップ、砂糖 1カップ、オートミール 2カップ、ハチミツ はちみつ大さじ3杯、レモンのすりおろし
作り方は
1.フライパンに、砂糖、オートミール、チアシード、レモンのすりおろしを入れて、
中温で焼きながら、材料をよくかき混ぜます。
2.砂糖がカラメル状になったところで、はちみつを加えて軽くかき混ぜ火を止め、フライパンを塗れふきんの上におきます。。
3.バターを塗ったバットにいれ、板状に伸ばし、棒状または四角に切り、冷ましたら完成です。
作るのが面倒だと言う方に、チアシードクッキーの商品を紹介します。
●チアシード豆乳おからクッキー
購入先http://www.kenko.com/product/item/itm_8826503072.html
豆乳おからクッキーに、チアシードとコラボして、美味しいダイエットクッキーになりました。プレーン味とほんのり甘いココア味があります。
●おからチアシードクッキーをスープ
購入先http://www.mother-leaf.com/diet/chiaseed/db/
極限までチアシード配合したおからクッキーと3種類のスープがついて、1食になります。1食133kcalで美味しい1食が食べられます。スープはトマトとクリームポタージュとコンソメが用意されています。スープの中にもチアシードが入っていて、水分をとることでチアシードがお腹の中で膨らみ、満腹感を得られます。
●購入先http://esearch.rakuten.co.jp/rms/sd/esearch/vc?sv=2&f=A&g=402522&v=3&p=0&e=1&s=6&oid=000&k=0&sf=1&sitem=%A5%C1%A5%A2%A5%B7%A1%BC%A5%C9
チアシード入りクッキーが30件も豊富に表示されています。
お好みのクッキーをチョイスしてください。