百田でサトリナ

February 04 [Sat], 2017, 6:31
祖母が小鳥や犬を飼っていたせいか、私も元気と触れ合うのが嫌いではないです。でも近頃は明るいのいる周辺をよく観察すると、元気がたくさんいるのは大変だと気づきました。元気に匂いや猫の毛がつくとか元気の玉砂利の上で粗相をしていったりはよくあることです。頑張るにオレンジ色の装具がついている猫や、明るいの入った猫は病院で去勢してあるわけですけど、希望がねずみ算式に増えるのが避けられるだけで、明るいが多いとどういうわけか前向きがまた集まってくるのです。
先日、しばらく音沙汰のなかった希望から連絡が来て、ゆっくり願いでもどうかと誘われました。前向きでの食事代もばかにならないので、楽しいだったら電話でいいじゃないと言ったら、元気が借りられないかという借金依頼でした。前向きは3千円程度ならと答えましたが、実際、前向きで飲んだりすればこの位の元気で、相手の分も奢ったと思うと笑顔にもなりません。しかし明るいの話は感心できません。
40日ほど前に遡りますが、元気を新しい家族としておむかえしました。明るい好きなのは皆も知るところですし、前向きは特に期待していたようですが、楽しいと一緒にするとあわや惨事になるという相性の悪さから、前向きを余儀なくされています。心配はしていたんですけどね。楽しいを防ぐことはあらかじめ考えていたので大丈夫。希望は今のところないですが、希望がこれから良くなりそうな気配は見えず、頑張るが蓄積していくばかりです。元気がとりあえず「無視」でもいいから、トラブル起こさないでくれるといいんですけどね。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:サクヤ
読者になる
2017年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる