July 21 [Mon], 2008, 3:30
わかんないわかんないわかんない
わからない自分の気持ちがわからない
好き?嫌い?
私の行動はあの人を追うの
じっくりじっくり、毎日追うの
全部知りたい、あの人のこと全部知りたい
でも、嫌いなふりをする
嫌い嫌い嫌い気持ち悪い
あの人はおかしい、気持ち悪い、クズ
そう思わないと気がすまない
だから今日もあの人を追うの

ああああああ私が一番気持ち悪い
わかんないわかんないわかんない
なんでなんで
もう嫌、やだ、やだあああああああ

いやなひ 

May 02 [Fri], 2008, 23:55
私のこと嫌いなら嫌いって言ってくれればいいのに
私、なにかしたかな
嫌がること、したかな
だって、まえまで楽しくお喋りしてたのに
どうして私の悲しくなるよなことばかり言うの?
どうして私の全部を否定するの?
無視、不機嫌、見ないふり
私のこと嫌ってるんだなって、態度ですごくわかるの
後ろ向いて、早口で、私の口から出るすべてを否定する
ごめんね、ごめんね、私、あなたとなら友達になれると思ったの
でも今は、あなたのこと大っきらい
だいっきらい
だいっきらい
だいきらい
死んじゃえばいいのに
きらいきらいきらい
あなたの顔を声をあの態度を思い出すだけでむかむかする
きらいきらいきらいきらい
死んじゃえ
ばーか
お前のほうがキモいよ
自分のこと棚に上げて何言ってるんだよ
ばーか
死ね

ユニバース 

December 12 [Wed], 2007, 16:03
変なの
嫌いなはずなのに、気になって仕方がない
本当は、好きなの?
私はあの人が好きで、気になって気になって仕方がないのに、あの人は私のことが嫌い
だからなのかな?
いろいろ粗探しをして、あの人を見下さないと気が済まないの
この人はこんなダメな人間だ、って思わないと気が済まないの
仲良くなりたいの?
わからない、そうなのかもしれない
でも、あの人を嫌いだ、気持ち悪いと思う気持ちも本物のはずなの
ねぇ、私のこと嫌い?
嫌い?

自分のことなのに、1番わからないの

おやまのうえ 

June 25 [Mon], 2007, 1:59
自意識過剰なんじゃないの?
わけわかんない。
私が、いつ、なにをしたの?
なにが気に食わないの?
なにもしないのが、気に食わないの?
ばっかじゃないの。
気持ち悪い。
影しか残さない。
その影から滲み出る感情は、粘着質で、気持ち悪い。
あぁ、気持ち悪い。
気持ち悪い人。

あなたはおやまの大将気取り
おやまを下りたら誰もいない
必死になかまを集めても
おやまを下りたら嫌われもののひとりずもう

えいえんのこどく 

May 16 [Wed], 2007, 1:21
えいえんのこどくのうみを
ゆらゆら
ゆらゆら
ただよって
いつか
こどくにしずむ

せかいはくらいうみのそこ

いまも 

December 29 [Fri], 2006, 22:18
悲しくて、悔しくて、寂しくて、虚しい。
憎たらしい。
ひとり。
いまも、ひとり。

あいぞうのなかば 

September 12 [Tue], 2006, 21:56

あんなに好きだったのに。
あんなに大好きで、大好きで、大好きで。
まるで恋のようだと、思ってしまうほど大好きだったのに。
いまは、あなたの全てが憎い。
憎くて、憎くて、憎たらしくて、堪らない。
あなたが、違う世界で、まったく違う世界で、あのころを忘れたみたいに、笑いあうのが。
あなたが、あのころのことを、悪しきことのようにいうのが。
すべて。
すべて。
あなたの言葉の全てが、私の神経を逆なでする。
うそつき、裏切り者。
私がどれだけあなたを好きだったのか、思い知らせてやりたい。
あんたなんか。あんたなんか。
大好きだったからこそ、こんなにも憎たらしい。

気持ち悪い。

変化する心臓 

March 15 [Wed], 2006, 0:32
変化することに怖がって、いつまでもただ「怖い怖い」って駄々を捏ねてるだけじゃ駄目なんだってわかってる。
変わっていくもの、人を見て「ずるい、酷い」って思うのはおかしいんだってわかってる。
でもやっぱり変化が怖い。
変わっていってしまうことが怖い。
どうして人の心は変わってしまうのかな。
あの頃のままではいられないのかな。
あの頃のままだったら、みんな笑っていられたのに。
幸せでいられたのに。
変わらないで。
戻ってきて。
どこにもいかないで。
この場所にいて。
あの頃に戻りたい。
戻って、笑っていたい。

深い呼吸 

January 16 [Mon], 2006, 1:10
少し楽になりました。
思い出したように不安がじわじわと足元から這い上がってきて、心臓を鷲掴みにしているのだけど。

弱い子で、ごめんね。

首を絞める 

January 14 [Sat], 2006, 23:36
何かあると、口癖のようにすぐ「頑張る」って言うけど、頑張るって言葉が自分の首を絞めてるのかもしれない。
頑張らなきゃ、頑張らなきゃ、って。
頑張れなくなって、堕ちてきた場所がここなんだけど。
だから、頑張らないと、もっと堕ちて行っちゃうの。だから、頑張らなくちゃいけないの。
周りにいる全ての人が、あらゆる面で私より勝っていて、自分が底辺の人間なんじゃないかって思えてくる。
みんなに、見下されてるんじゃないかって、思う。怖い。
私が今まで、そうやって人を見下して生きてきたからかもしれない。
みんな、口では優しい言葉を言うけど、心の中ではきっと奈緒をバカにしてる。
「不登校になって、通信制に転校した」って、バカにしてる。
そう思ってしまう。
奈緒は容姿も優れてないし、特技もない。
底辺にいる。
全ての人が、輝いて見える。まぶしい。つらいよ。
強がってみても、事実は変わらない。奈緒は底辺。みんなの下にいる。

弱いところを人に見せられないの。
思っている、本当のことを人に言えないの。
言ったら、弱いところを見せてしまったら、きっとまたバカにされる。
本当の私はどこにいるの?

毎日、生きていくのがこんなにも怖いって、知ってるのは私だけ?
なんでみんなあんなに毎日笑っているの?
楽しそうに生きているの?
世界は、私にだけ冷たく当たるの?

苦しい。
胸に手を突っ込んで、心臓をむしり取りたい。
そうしなきゃ、楽になれない気がする。
2008年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31