先生と電話で話す。

October 10 [Mon], 2016, 20:21
公文の先生に怒られたこと、相当ショックだったらしく、公文は好きだけど、先生は嫌いって言ってる。やめるって。あんまりにも落ち込んでいるので、先生に電話して状況を聞いてみた。
どうやら、先生たちが他の子の進め方を相談している時に、スー、席を立ってトコトコ先生のとこ割って入って、これ先生とやりたい…って言ったら、自分でやりなさいって怒られたらしい。
話を割って入るのは、確かにあの子の悪い癖。納得。
それに、公文は自分で学習するものだから、そのやり方は教えてあるので、1人でやらないといけない。これも納得。
だから、スーにもそれを説明した。それから、人が話してる時や手いっぱいな時に話しかけてくるのも、やめてって。
プーっと膨れながらも、話を聞くスー。
今はまだ難しいかな。でも、身につけて行かなきゃいけないことだ。
その後も、一回公文に行った。行きたくない、怖いって言ってたけど、大丈夫、お母さん先生と話したから、となだめて。
なんとか教室に入っていき、ドキドキしながら帰りを待つ…。

そしてお迎えに行ったら、今度は可愛い笑顔。
きょうは、先生怒らなかった😁って。
先生も出てきて、大丈夫ですか?って心配してくれた。
それから今回は宿題は少なめ。

よかった。本当に良かった。そしてなんとか、続けられることになりました。

習い事は楽しく

October 05 [Wed], 2016, 3:38
習い事は楽しく、これ当たり前だと思う。

スーは今度のピアノの発表会で大好きなドラえもんの曲やトトロのメドレーを小学生のお姉ちゃんと演奏することを、とても楽しみにしている。
そして、公文行くたびに、たくさん100点もらって、2Aから始めた英語も1ヶ月でC教材に入って、とっても充実しているようだ。
将来、くもんの先生になりたいな、なんて言ってる。

が、しかし…。
今日は初めて泣いた。公文の後、なんか目がうつろで、反応なくて、よくよく聞いたら、プリントのやり方わからなくて、先生に怒られたと。涙ポロポロ流してる。
毎回帰りにどうだったか教えに出てくれる先生が、今日は帰り際出てこなかった。
プリントのやり方聞きに、母、先生のとこ行く。先生、ちゃんと教室で教えたんですけど、やってるんですけど。って言う。この先生の言い方きつかったのかな。

本当のところ、スーのこと泣かすなんて許さんって気分だけど、私は先生を信じる。
そしてラッシュタイムは避ける。もしかして先生、忙しかったのかも。ピーク過ぎた頃、遅めで。う
人間だもの、忙しい時はテンパる。つうか母は大抵そんなんだし。
それに、厳しい先生に慣れておかないと、小学校入ってから同じこと繰り返すかも。

そんなわけで、もし次回も泣いたら、スーと3人で、先生とよく話す。
正直、いつ公文やめてもいいと思っているけどね〜
こんだけ頑張り屋さんなら、学校の授業だけでも大丈夫な気がする。

頑張れスー、君には努力する才能がある。でも頑張りすぎて、嫌いにならないでね。
公文の先生も言ってた。やらなくちゃいけないと思ってやらないでね、楽しんでやってね。って。

べべ、ハサミで自分の服を切る。

September 17 [Sat], 2016, 2:28
公文とピアノに四苦八苦する母を見ながら、私にもかまって!とばかりべべがピアノの前を陣取ったり、邪魔したり(本人は参加しているつもり)英語のおもちゃで遊ぼうといってくる。
そりゃそうだ、今まで一緒に遊んでいたお姉ちゃんが、全然かまってくれないんだから。

でも、お母さんは今、お姉ちゃんの習い事の宿題や練習付き合うので精一杯や…

べべも、英語する!と英語を喋るおもちゃを練習がわりに、単語を言ってみたり。
べべもピアノ練習したよ…
って一本指で何か練習してる。

可愛いやつ〜

可愛いので、ハサミと切り絵工作の本を買ってあげて、お姉ちゃんが机に向かっているときは一緒に座らせてお姉ちゃんはプリント、べべは工作をさせることにした。
そしたら、毎日もっともっと!と作品を作り続けている。

ある日、お姉ちゃんがピアノ練習中に私も熱くなってつきっきりになっていると、
まま見てー!
のべべの声が。
いま手が離せないから、あとでね…

と言ってあとで様子を見に行くと、ハサミで自分の服、切っていた。

ぎゃー!
まだ綺麗なズボンが!シャツが!

母怒ると、べべは、だってお母さん見てくれんかったし…と悲しそうな顔。

確かに、最近はお姉ちゃんの習い事で頭いっぱい。
べべのことは後回しにしてばかり。

母、反省する。

でも体は一つでどうにもならないので、ピアノ以外はお姉ちゃんに1人でやってもらう。パパにも協力依頼。
ピアノも、課題曲弾けるようになったら自分でやってもらう。

意識してべべのお相手するようにしよう。

公文やるまでは絵本も全然読んでなかったけど、これからは読み聞かせもしてあげよう。
今はまだ、親がしてあげなきゃいけないことがたくさんある。

少し慣れてきた

September 17 [Sat], 2016, 2:16
スーの公文生活。
朝、保育園に行く準備をして、今までは妹と遊んでいた20分ほどを、公文のプリント十枚に当てるようになった。
そして帰宅後、夕飯食べたあとにピアノの練習(10分〜30分)して、少し遊んでからタッチペン20分ほど。(英語好きなパパが担当)で、好きなテレビ1時間見て就寝。

最初はピアノとの両立が辛かったけれど、だんだん慣れてきた。

急かしたり、無理やりやらせるのは嫌だから、プリント、タッチペン、ピアノ、どれか選ばせて好きなものから終わらせてみたり。
怒ったり、叱ったりしない。わからなくても、遅くても、取り組んだことを褒める。
ストレスを感じさせないように、英語やピアノに触れることが生活の一部になればいいと思う。

うん、なんとかなりそうだ!

来週は連休もあるし、ピアノも公文もお休みだし、久々に遊びまくるぞ〜

宿題の時間

September 02 [Fri], 2016, 3:17
今までのスーの1日。
7時起床
8時すぎ登園
16時すぎお迎え
18時までお友達と遊ぶまたは母と公園やらプール
夕食
19時ピアノ15分程度
ひたすらテレビ
21時寝る

ここから公文のプリント1日5枚と、リスニングの時間を作る。
プリントは朝やると楽かも。6時半に起きて、15分だけプリントする。
夕飯支度中に残りのプリント。
夕飯後はピアノ。
1時間だけテレビ見て、20:15からリスニング…
これで21時に寝る!


なにしろ今までテレビ見過ぎだったのかも。
3時間以上見てるもんな…。
でもそれが母の自由時間だった…。

では、明日から実践〜

くもんいくもん

September 02 [Fri], 2016, 2:26
スーが英会話習いたいと言ったのは、年少の秋。
もともと英語で子育てサークルっていうのがあって、暇つぶしに遊びに行ってた。
けど段々面倒くさくなって連れて行かなくなったら、サークルのビルの前を通る度に、英語行きたい!英語習う!って言うようになった。
こんな小さいうちから習わせたらいったいいくらかかる!と金の心配しかしない母は当然反対。
それが半年すぎ、あんまりにもしつこいので、本人の意思を尊重して習わせることに。

しばらく通ったら辞めて、またサークルに行けばいいかなと思っていた。

で、半年が過ぎ、友達がスイミングを始めるので一緒にどうかと誘われた時に、ふと「英語楽しい?」と聞いたら(母は英語教育に興味ないのでレッスンはノータッチ)
「楽しくない」と。
実はそれが2回目で、理由が、「先生が何話しているかわからない」んだそう。
確かに楽しくないよな〜わからないんじゃね。
しかも一方的に先生が話しているだけじゃね。
最初わからないから面白くないって言われた時は、日本語わからないネイティヴの先生じゃなくて、日本人の先生に変えてもらって、初心者だけのクラスを作ってもらった。
けど、日本人の先生は一斎日本語話してくれないから、結局ネイティヴ先生と同じこと。
一度レッスン見学しに行ったけど、私でもわからんかった。難しい。

一度始めたことはものになるまで辞めて欲しくはないけど、これは時間と金の無駄。と思ってすぐ辞めることを決意。
内心、母大喜び。
駐車場がなくて送り迎え大変だったし。

代わりにスイミングもいいなと思った。スーもスイミングしたい!と言っている。が、この時期夏の体験レッスンはもう終わってる。
英語好きは好きだし、家では英語のアニメやプレキソ英語ばかり見てるし、興味があるものをこのまま葬っていいのじゃろうか…(半年通った英語のレッスン代ももったいない)
てわけで、英語を継続すべく他の英会話教室2件と、公文英語の無料体験に行くことに。

まずは公文へ。母、公文のことよく知らないけど、スーは達成感のない漠然とした英語のふれあいよりも、学習としての英語が向いているかも。ピアノみたいに一曲ずつ合格していくような、達成感が必要。案の定、スーは公文がとても気に入った。公文が好きな理由は、先生が英語話さないから…だそうな←ダメやん

その後、他の英語教室行ったら、ネイティヴの先生で、教え方も上手で面白くって、わからないことは日本語で説明してくれる。色や、動物の名前や、長い、短いなど、わかりやすい!そしてスーもついていけるどころか、率先して質問に答えられる!
母はここ気に入ったけど、スーはもう公文の虜になってた。
スーちゃんくもんいくもんがいい!
くもんやる!

だって…

だけど母、幼児は勉強より公園で遊ぶほうが大切やと思ってる。
スーが勉強する姿にものすごい違和感を感じる。

誘っといてなんだけど、なかなか受け入れられない、現実…。

まぁ、本人がやると言ってるのを止める理由はない。

というわけで不安を抱えながらも公文に入会しました。

スー5歳。べべ3歳。

September 02 [Fri], 2016, 2:15
あっという間に時が過ぎ、スー年中、べべ2歳児で保育園に通い中。
毎朝べべは離れるときに号泣するも、さっさと先生に預けて仕事行く。
別れの儀式のようなものだから気にしない。
そして、母の姿が見えなくなると思う存分遊びまくっていることも知っている。

お迎えに行くと、仲良しの姉妹と週2はプールや公園に遊びにいく。
女4人で遊ぶの楽しそう
そして母たちも子供たちの姿見て嬉しくなる。

そんな平和な毎日に、最近軽くストレスが…


スーが英会話を辞めて公文英語始めたから。

次回につづく。

娘が泣かずに保育園にいけた日

June 08 [Mon], 2015, 14:23
可愛がり子育てにして2、3日で、ビックリすることがあった。
下の子は大好きな先生に自分から抱っこを求め、ニコニコバイバイしてくれた!

スーには可愛いお着替え服を持たせて、朝、可愛いゴムで二つ結びしてあげると、あっさり部屋に入って行った!だってみんなに
見せたいんだも〜んだって!

そしてそして、帰ってからは、誰々と遊んだよってお友達の名前がたくさん出てきた‼

小さい子ってまだまだ単純で可愛いなぁ〜

なんて思いつつ、これからも子供の気持ちをしっかりと受け止め、甘えさせてあげる余裕のある母になろうと思ったのでした。


負けず嫌いA

June 01 [Mon], 2015, 22:58
続き。
そんな保育園イヤイヤな娘を分析。年少になってから恐ろしく一番にこだわり、勝ち負けにこだわる。一番に歯の仕上げ磨きをしてもらうために妹と争う。3人で手をつないで歩く時は必ず真ん中。3人で写真を撮る時も、真ん中じゃないと泣いてだだこねる。
なんか異常なほど一番にこだわっていて、車に乗って帰る時も、前に車が走っていなければ、「あ!スーちゃんたち一番だね!」って喜んでいる。
そんなんだから保育園でも一番になれないと泣いてひっくり返り、先生に注意されることもしばしば。
ワガママだから、誰も近づかないんだろうな。

でも、3歳の時はそこまで勝ち負けにこだわらなかったし、わがままだったけど友達とも遊んでたし、本人によると、同じクラスの大好きな男の子と結婚してチューまでしたらしいのになんで急に?って思う。

妹が大きくなって自己主張するようになったから?
進級して先生が変わったから?

実は進級して間も無く、スージーにとって大きなイベントがあった。

転がって泣く4歳児@

June 01 [Mon], 2015, 5:02
久々に日記。長女スージーが4月に年少さんになった。まぁ2才から保育園行ってるから、もう3年目の保育園。ベテランのはずなのに、未だに部屋に入るの嫌がって、先生に抱っこされないと私のこと必死に追いかけてくる。時には転がって泣く。
それにつられて次女べべ、部屋の前までくると、抱っこ!とくっついてきて私が帰ろうとするとしがみついて泣いている。
4月からずっとこれ。
憂鬱。
年少ともなれば、周りの子はみんな泣きもせず自分で片付けしてるのに、・・・毎朝泣いて愚図る娘に周りも呆れ顔。なんか恥ずかしい。

去年は割と泣かずに行けてたのに。

原因はどうやら友達関係らしく、
「○○くんと▲▲くん以外は、みんな嫌い‼」
「(スージーはおかっぱ→)髪短いから、男の子みたいって言われたの…」と悲しそうにしていたり。
「今日は誰とも遊ばなかった…」
とか、親の胸をギリギリさせるような切ないことばかり言う。

『××ちゃんも嫌いなの?今度一緒に遊びに行こうと思ってたのに〜』
『髪が短くたって、スーは可愛い女の子だよ♪メーちゃん(美容師の友人)に切ってもらった髪、似合ってるよ!可愛いよ〜』
『一人で遊ぶのもいいよね!』
ってなるべく前向きに励ましてはいるものの、内心こちらもダメージを受けてる。

確かに、夕方のお迎えに行くと、大抵一人で鉄棒してたりする。でも、まだ遊んでたい!って言う。
比べちゃいけないけど、同じクラスの女の子達が集まって砂遊びしてたりすると、『あちゃー』って感じ。こっちが胸痛い。

でも先生は、「このくらいの子達は、まだ一緒に遊んでるようで、それぞれなんですよ。スージーちゃんも、お友達と遊んでいますし、誰とでも仲良くできる子だと思います。」
そう言ってくれてたから、まぁいつか泣かずに行けるだろうと思っていたのだけど。

続く。
P R