タニタ 暑さ指数計【熱中症対策】

July 18 [Thu], 2013, 21:45
タニタ 暑さ指数計
WBGT(℃)を基準に採用した危険段階が一目でわかる4段階の注意ゾーン付きの温湿度計です。
温度と湿度の針の交点が熱中症の目安となり、カラーでわかりやすく区分されています。
※WBGTとは湿球黒球温度(Wet Bulb Globe Temperature)の通称で、
人体の熱収支に影響の大きい「湿度」「放射」「気温」の3つを考慮して、
湿球温度、黒球温度、乾球温度の値を用いて算出されており、
酷暑の環境下での行動に伴うリスク(熱中症など)の度合を判断するのに用いられる指標です。
壁掛け専用です。

タニタ 暑さ指数計
材質・商品詳細:
●現品約18.3φ×3.1┣cm┫
●本体=ABS樹脂、レンズ=ポリスチレン
●温度表示範囲10℃〜40℃、湿度表示範囲20%〜90%
●一目盛=温度1℃・湿度5%

熱中症対策
暑くなってきたら注意したいのが熱中症。通気性の良い洋服を着て、外出時にはきちんと帽子をかぶり、小まめな水分補給をお忘れなく。

ケルトアイアンペーパーホルダー【ワイヤー・アイアン雑貨】

July 15 [Mon], 2013, 12:22
ケルトアイアンペーパーホルダー
ブラックアイアンでアンティークなデザインが素敵スタンドタイプのトイレットペーパーホルダーです。
トイレットペーパーをお洒落にストックできます。
芯あり芯なしどちらのペーパーでもご使用頂けます。
壁に取り付けないから自由に移動できスマートなので狭いトイレにも置けます。
トイレットペーパー交換はネジ式なので多少面倒です。

ケルトアイアンペーパーホルダー
材質・商品詳細:
素材:金属
@サイズ:w180 d220 h640
@アイアン

ワイヤー・アイアン雑貨
アイアン製の雑貨でカントリー調なインテリアを楽しみませんか?
キッチン、リビングはもちろんエクステリア、ガーデンにも。


ブランカコレクション4段キャビネット【カントリー・ウッドボックス】

July 09 [Tue], 2013, 17:53
ブランカコレクション4段キャビネット
コレクションを飾る脇役として主張しすぎないシンプルなホワイトキャビネットです。
全面と側面は、ガラス張りで中に飾った物が見えるのでおしゃれにディスプレイできます。
ガラス棚板は取り外しできます。
店舗ディスプレイとしてもお勧めです。
塗装のムラや剥げ、アイアンの錆びた風合いや、割れ、ヒビ、へこみ等アンティーク調仕上げを施しています。

ブランカコレクション4段キャビネット
材質・商品詳細:
素材:木
サイズ:w300 d240 h525

カントリー・ウッドボックス
自然の色合いを基調にした木製の雑貨やカントリー調のボックスを集めました。
小さめの雑貨は「カントリー・ウッド雑貨」をご覧ください。

ガーデンパラソル【熱中症対策】

July 07 [Sun], 2013, 18:43
ガーデンパラソル
自立式の8角形タイプのサンシェードです。
角度や方向が変えられるので、太陽の動きに合わせて適切な場所に日陰を作ることができます。
組み立ては非常に簡単。
折り畳んで収納出来、傘の奥行も調整できるので非常に便利です。

ガーデンパラソル
材質・商品詳細:
色・商品サイズ:W294xD300xH262
材質・商品詳細:アルミ(粉体塗装)ポリプロピレン ポリエステル

熱中症対策
暑くなってきたら注意したいのが熱中症。通気性の良い洋服を着て、外出時にはきちんと帽子をかぶり、小まめな水分補給をお忘れなく。

グラシューズエッフェルトレイ【陶磁器雑貨】

June 30 [Sun], 2013, 13:45
白地に黒のロゴがクラシカルな印象のエッフェル塔をモチーフにしたトレイです。
歴史のあるパリのホテルで使われていたようなイメージをロゴにしたデザインで、
パウダールームを上品な空間に演出してくれます。
バスルームに置いて、外し忘れた指輪やピアスなどの置き場にも。
毎日を特別な気分にしてくれるお洒落なサニタリーです。

グラシューズエッフェルトレイ
材質・商品詳細:
素材:陶磁器
@サイズ:φ155 h85

カントリー・陶器雑貨
アンティーク調のお洒落な陶器雑貨や陶器のキッチン雑貨を集めました。
キッチン、リビングはもちろんエクステリア、ガーデンにも。
木製カントリー雑貨は「ウッド雑貨」をご覧ください。
2013年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:tiaki-shiniti
読者になる