【 更新情報 】

スポンサードリンク

地デジを見る為のテレビ環境

地デジをテレビで見る為には、下記の方法があります。

・地デジ受信チューナー内蔵の地デジ対応テレビを購入する。
・地デジ受信チューナー内蔵の録画機器(HDDレコーダーなど)を購入する。

地デジ受信チューナー内蔵の地デジ対応テレビは、現在主流の薄型テレビで、液晶テレビとプラズマテレビの2種類の方式があります。またそれぞれに、ハイビジョン画質の解像度の違いにより、ハイビジョン、フルハイビジョンがあります。

地デジをテレビで見るために、地デジ対応テレビを購入するか、それとも単体の地デジ受信チューナーや地デジ受信チューナー内蔵の録画機器を購入するかは、予算や現在使っているテレビの寿命、録画をどれぐらい頻繁に行うかなどを考慮して決めることが必要でしょう。しかし、HDDレコーダーのような録画機器の場合は、立ち上がりが遅いというデメリットもあります。

地デジ非対応のテレビで地デジを視聴する場合は、地デジ受信チューナー内蔵の録画機器か、単体の地デジ受信チューナーを購入してテレビに接続する必要があります。

地デジ受信チューナー内蔵の録画機器の場合、録画操作とチューナーが連動しているので、チューナーと録画機器が別々の場合に比べ、録画が楽であるというメリットがあります。

地デジ コピーワンス

コピーワンスは2004年4月5日より本格導入されています。不法コピーの対策などを目的としています。この地デジコピーワンスの信号が入っている番組は、記録メディアに「一回だけ」録画できます。また、機器やメディアの不良などで移動に失敗した場合も、もう一度オリジナルからの移動が可能となります。

地デジ放送で新たに導入された著作権保護の仕組みですが、「ダビングなどが自由にできず、地デジは不便」と言う印象が消費者に定着してしまうという意見が業界からあり、「地デジコピーワンスを固定化する必然性はなく、私的利用の範囲で視聴者の利便性を考慮して運用の改善を図る」と見直し方針が出されていました。地デジ コピーワンスコピーワンスとは、地上デジタル(地デジ)/BSデジタル放送の基本的に全ての放送に、「1回だけ録画可能」の地デジ制御信号を加えて暗号化して送信するものなのです。これで、地デジがもっと身近になりましたね。そのため地デジ対応レコーダのHDDからDVDやブルーレイなどに移動すると、HDD上のデータは光ディスクに転送した後にHDD上から消去されるという仕組みでです。

地デジ放送をバックアップも含めて2つのコピーをHDD内に持つことをできることに注目しました。地デジの買い控えも解消されることでしょう。具体的には次のようになります。そこで地デジ放送局が番組送出時に付加するコピー制御信号を、現行の「1世代のみコピー可(コピーワンス)」から、「出力保護付きでコピー制限無し(EPN)」への変更することが放送業界に提案されました。

地デジ対象機器の値段もどんどん下がっていくでしょうね。たしかにコピーワンスでは不便です。HDDのオリジナル地デジ放送のほかDVDやメモリーカードに移動するためのバックアップを用意し、DVDなど異なる種類の移動が2回行なえるようになるわけです。

地デジのコピーワンスを解除する方法

2011年までにTVは、地上デジタル放送化となりますよね。価格も2万円でお釣りがくるものがあります。ということは、この信号を解除してやれば今まで同様に何度でもコピーが可能となります。可能なのはHDDのデータを消去してDVDへ移動させるということだけになります。しかしその一方で困ったことがあります。

何と使い勝手の悪い!!何とかならないものか・・・・。それは、複製(コピー)が気軽に出来なくなるということです。その機器の名は「画像安定装置」、または「ノイズキャンセラー」。。。この場合、使用できるメディアはDVD−RWやRAMしか使用できません。

以前はコピーワンス(1回だけ録画可能)が提案されました。。このコピーワンスだと、たとえばHDD付きDVDレコーダーに録画した場合、HDDで録画して見ることはできますが、DVDに焼くことはできません。デジタルチューナーとHDDの間につなぐだけです。何とかなります。

。実はコピーワンスは地デジ放送画面に複製防止信号を混入しているからできるものなのです。セットは簡単。1台購入しておいて損はないのではないでしょうか?これでコピーワンスに悩まなくてすみます。これまでのTVより遥かに画質がよくなり、2ヶ国語音声が可能になります。

地上デジタル放送・ コピーワンスとは

現在まだ多くの人々は、地上アナログテレビジョン放送を見ていると思いますが、この放送も2011年7月24日には全国で終了することになっており、このままでは放送を受信できなくなります。地上デジタルテレビジョン放送とは日本の名称では、地デジ とも呼ばれています。名前はもちろんのこと何となく解っていても、説明できない人も多いと思いますが、いよいよ地デジ一本になるのももうカウントダウンです。

新たにチューナーを導入することで視聴できますが、デジタル放送に対応しているTV本体を購入するか、どちらにしても早めに検討しておかれた方がよいと思います。アナログ方式のテレビジョン放送が開始されてから、55年になりますが電波の有効利用を主な目的として、極超短波の周波数の電波であるUHFチャンネルのみを使用したデジタル方式に置き換えようと開設されるものです。ここでご一緒に勉強していきましょう。

受信が不可能だった地域も、2011年までには受信できることを目指しています。デジタル放送に対応していない従来型テレビ受像機では、受信できなくなり、つまり一切視聴出来なくなるのです。それでも、一部地域では受信できない地域もあり、その解決法として、衛星による送信やIP放送といったものも利用することを検討しています。

3大都市圏から放送が開始された地デジは2006年12月1日には全ての県庁所在地で放送が開始されました。地上デジタルテレビ放送とは地上のデジタル方式(アナログに対応)の無線局で行われるテレビジョン放送のことです。

コピーワンスとは、デジタル放送を録画する場合に、コンテンツの著作権を保護する為の対策として、1回だけコピー可能であるという事です。放送信号に、「一回だけコピーができますよ」という制御信号をつけて、デジタル録画機でのダビングを1回だけに制限するための仕組みです。

CPRM対応のデジタル録画機とCPRM対応のメディアを使用すれば、一回だけコピーできますが、他のデジタル録画機器へのダビングは、出来なくなります。その仕組みのことを指して言う場合もあります。

VHSなどのアナログ録画機に関しては、制御信号の影響はないので今まで通り、録画や再生は出来ます。

地上デジタル・BSデジタル放送を、DVD・HDDレコーダーで録画する場合は、レコーダーご購入前に良く調べてからにしましょう。

小学生にも分かる地デジ

1953年にテレビ放送は始まりました。そのころの放送はモノクロ(白黒)でした。しかし、1966年ごろからカラー放送の導入が始まりました。
そして、今、放送はアナログからデジタルへと変わっていきます。アナログ放送とは、信号の強弱で情報を表現するアナログ信号による放送でしたが、符号化した信号の組み合わせで情報を表現するデジタル信号による放送を「デジタル放送」と言います。「地上波」(衛星波、衛星放送の対義語)の「地」そして「デジタル」の最初半分をとって「地デジ」です。

分かったような、分からないような?そんな感じですね。もっと分かりやすく説明するためには、そのメリット、「何が得なの?」ということを説明した方がいいでしょうね。

(1) 高画質になる・・・映像や音声がキレイになります。(少しでもキレイな映像で見、キレイな音で聞きたいですよね。)

(2) 見るテレビから使うテレビに・・・料理番組を見ながらレシピが表示されるとか、野球中継を見ながら選手の成績や情報が見られるとか、クイズやショッピングの番組を見るだけではなくテレビの前にいながら参加できる(双方向)ようになるのです。

(3) 移動しながらでも見ることができる・・・車に積んだカーナビ、ポータブルテレビ、携帯電話、パソコンを使ってテレビが見られるんです。(特にこの部分のこと「ワンセグ」っていいます。)

(4) 妨害にも強いんです。
P R