宝物のドワーフ

September 22 [Fri], 2017, 18:42
入れ歯で食べることに抵抗がある、また、入れ歯にすること自体が嫌だという方にとって選択肢としてインプラント治療があります。

チタン製の人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、それから人工歯をつける治療で、ほぼすべて自費診療になるため高くつきますが、入れ歯よりもはるかに自然な見た目で、自分の歯と同じように使えるので、ご飯もオイシイと思えます。



義歯でも、見た目や使用感を重視する方には最適です。



インプラント治療には隠れたメリットがあります。仮歯を入れてから、義歯だといわれることは本当に少ないという点です。



見た目からしても、自分の歯のように自然な印象を与えるので自分から、義歯だと他の人に明かさないでいれば義歯を入れ立と気づかれることはほとんどありません。
義歯だと思われたくない方には最適な治療と言えます。
歯科医の宣伝で、インプラント治療を掲げるところも増えてきました。
歯を抜いた、あるいは抜けた後で、人工歯根をあごの骨に埋め込んで、その上に義歯をかぶせる人工歯のことです。

従来から使われていたブリッジや入れ歯と比べると、人工歯根を骨に埋め込向ことによって強度や使用感が天然歯に近く、手入れ次第で、長期間問題なく使うことも可能です。ただし、インプラント治療は完全に保険適用外なので保険適用の治療より高額になることを覚悟して下さい。

インプラント治療の終了は義歯が問題なく使えるようになっ立ときですが、その後も歯科医の指示に従ってメンテナンスをうけなければならず異常がなくても維持費は必要になります。多くの場合、三ヶ月に一回くらいで歯科医に診て貰うことになります。定期検診をうける費用は保険が適用される治療がほとんどを占めるため三千円くらいかかります。
標準的には、1年に1万円から2万円程度のお金がかかると見積もっておきましょう。
インプラント治療を考えているなら、最も重要なのは検査からメンテナンスまで、安心して任せられる歯科医に出会えるかどうかです。
この治療独自の技術を身につけた歯科医であるかは当然として、埋入手術までの検査、治療、手術後のケアなどでも歯科医がどのような技量を持っているかでとっても治療実績には差があると考えられます。この治療は、歯科医の技量による治療の成否が出やすい治療法だと考えて欲しいのです。



良く検討した上で、歯科医を選ぶことが治療全体の大きな部分を占めます。



現在、インプラントの人工歯根はチタンが多くなっています。金属の中では、骨との親和性が高い方で身近に使われることが多く、アレルギーも起こりにくいのです。インプラント治療が可能かどうか、頭部CTの他、レントゲン、口腔内検査など検査を一通りおこない、治療方針を決めてから本格的な治療がスタートするので納得した上で治療を始められます。そして、治療終了後のメンテナンスを積極的に患者が歯科医と連携しながら行っていけばより快適に、長期間使えるようになるのです。基本的にすべて自費治療となるのが、インプラント治療の現状です。
高額の費用が負担となる方も多いのが当然です。
しかし、クレジットカードでボーナス払いやリボ払いが可能、いわゆるデンタルローンのような信販会社のローンで支払いができる歯科医院が多く、けっこう融通が利きます。現金で費用を一括払いする必要なく、インプラント治療の開始は実現できるようになりました。


インプラントならば、他の人工歯と比べても自分の歯に近い感じで噛めるので、ガムを噛むときに、噛み心地を楽しめるのはありがたみを実感する点です。上からかぶせて人工歯を作ったのと異なり、インプラントの根元はあごの骨に埋まっているので歯が取れる心配をしながら、ガムを噛向こともありません。

ガムを噛んだ程度では、インプラント全体は全く影響をうけないほどに頑丈です。どんなガムでも、持ちろんキシリトールガムも平気で噛めます。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:一華
読者になる
2017年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる