妊活についてこのように思い違いはないですか?

January 24 [Sun], 2016, 0:33
妊活中のごはんはしっかりと摂取することが望ましいといわれています。
とりわけ、葉酸がいいのですが、葉酸のほかにも摂らなくてはいけない食べ物がります。
特にミネラルや鉄分などがそういわれています。
あまり好きでもないものでもできるだけ、栄養バランスの整った食事をすることが、妊娠しやすい体内環境を整えてくれるでしょう。
加工食品や外食の回数を減らすことも、妊娠したいときの食事のポイントだと思います。
私は現在、病院に通って、不妊治療をうけています。
だけど、それがとてもストレスになってしまっています。
ここまでしないと、妊娠できない事が私にはものすごいストレスなんです。
可能なら、もう、全て投げ出してしまいたいです。
なのに、そうできないのが、ストレスを倍増させているように考えます。
葉酸の摂取期間についてお話しします。
皆さんご存知のように、葉酸の摂取は妊娠前から妊娠3か月まで期間において必須であると厚生省が推奨していますが、この期間を過ぎた妊婦に葉酸が無くても良いのでしょうか。
妊娠後期は初期に比べて、葉酸が不足する傾向が落ち着くのですが、だからといって全く気にする必要が無いのかと言うと、そのような事はありません。
葉酸の持つ効果の中で最も重要な、胎児の先天性異常に対する発症リスクを低減してくれるという効果のみに注目した場合、妊娠初期が重要な期間だという事です。
ですから、妊娠期間中のなかでも、特に妊娠初期の段階での葉酸摂取を意識しようという事なのです。
現在、妊活中です。
赤ちゃんを授かるためにいろいろな努力を行っています。
葉酸がいいらしいと聞いたので、葉酸サプリも愛用しているのです。
しかし、これだけでなく、毎日早朝に起きて、走ったり、ウォーキングを頑張っています。
妊活は運動が大切とよくいわれますし、一緒にウォーキングをしていくことが良いコミュニケーションになっていると感じます。
妊娠を希望して妊活を始めたその時から葉酸を摂るように心がける事が良いとされています。
赤ちゃんが出来る前に体内に十分な量の葉酸が蓄積されている事がお腹の中の赤ちゃんの先天性奇形の予防においてとても効果があるのです。
妊娠3ヵ月頃までは、もちろん継続して摂取していく事が大切です。
亜鉛は妊活の要とも言えるとても大切な栄養素で、男女問わず元気な体を作ったり、生殖機能の改善のためにどうしても欠かすことができません。
食事の中でも積極的に取り入れ、不足分をサプリメントで補うのも効果的だと思います。
男女ともにホルモンの働きを活発にしてくれるので、足りなくならないよう気をつける必要があります。
妊活の一部としてヨガを取り入れるのは効果があると思います。
その理由は、深い呼吸法を繰り返す事により体内の免疫が強まったり、精神の部分でも安定するといったメリットがあるためです。
妊娠中も、マタニティヨガという形で続ける事が出来ますし、呼吸法そのものが出産の時にもいいわけですね。
葉酸という言葉は、聞きなれない言葉ですが、妊娠すると必ず聞く栄養素の一つです。
実は母子手帳にもその摂取が必要だと記されてあるほど重要なんですね。
すすんで取り入れることをおすすめしたいです。
手軽に葉酸が摂れるようなサプリも多数売られています。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:瑠花
読者になる
2016年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/thuareh2n5eip1/index1_0.rdf