更紗リュウキンがキアシシギ

December 09 [Fri], 2016, 11:20
修学旅行やツアーなどに連れ添って、ケガや病気の簡単な処置や病院の手配をする看護師もいます。子供のいる既婚者は土日に休めたり、夜勤が求められない職場を希望しています。


病院以外のところで働くのであれば、その職場に適した専門の知識を持っている認定看護師や専門看護師の資格があると、採用されやすくなります。
看護師の場合、勤務の形態が他の職業に比べて特殊な体制であり、勤め先によっても違います。


仕事場においては一般的に、2交代制とか3交代制のシフトで勤務が組まれているという勤務先も多いものです。約3割が2交代制、約7割が3交代制なので、3交代制のシフトの病院が多いでしょう。しかし、2交代制の方が休日が多いため、2交代制がいいと思う看護師も少なくありません。



看護師の資格を取るための国家試験は、年に1度あります。看護師の人数の不足が問題視されている日本のためには喜ばしいことに、ここ数年における看護師資格の合格率はおよそ90%と非常に高い水準を示し続けています。
看護師資格取得のための国家試験は、大学入学のような落とすための試験ではなく、一定のラインを超過できれば合格できる国家試験です。


看護師の資格を手にするには、何通りかのコースがあるでしょう。
看護師免許を手にするためには、国家試験受験の必要があるのですが、突然、試験を受けることは認められていません。



試験を受ける資格を手に入れるためには看護専門学校(3年間)か看護系短大(3年間)、または、看護系大学のいずれかで、看護について勉強することが必要です。現代は高齢化が進んで、福祉施設であっても看護師のニーズは増してきているのです。それに、大手の会社になると医務室等にも専門の看護師がいて、健康相談や健康診断、精神的ストレスなどのケアを実施しています。こういった場合には、この会社の正社員として入社することもありうるでしょう。

看護士の求人情報は豊富にありますが、希望と一致する条件の求人がある訳ではありません。看護師資格の保有者で就職できればいいと思っている方は多くないでしょう。
できるだけ給料が高くて職場の環境が良く、夜勤がない病院などに勤務したいと大抵の方が思っているでしょう。
求める条件に合う転職先で働くためには、情報の収集が重要になります。看護師国家試験に合格するよりも、看護学校を無事に卒業することの方が困難という人も多いです。看護学校はそれほど厳しく、レポートが遅れてしまったり、テストに落ちるなどの些細なことでも留年が決まってしまうようです。

それほど厳しい学校を卒業し、看護師国家試験にも合格した人は、できれば、看護師の職についてもらいたいですね。高校に入った時点で衛生看護科を選ぶと、他の方法よりも早めに、国家試験の受験資格を得ることができるので、最も早く看護師として、働けるようになるでしょう。

ただし、途中で看護師以外の職業に就きたくなっても変更は困難です。

それに、最低で5年あれば試験を受けることができますが、期間が短いので勉強時間や実習をする時間が足りずに合格が困難という側面もあります。産業看護師は働く人の健康のために保健の指導などをしたり、うつ病防止のメンタルケアも行います。
産業看護師の場合は求人が一般に公開されていないため、職業案内所で見つけるのは不可能だと思います。

興味を持った人は看護師転職サイトを活用してください。

そういったサイトでは、産業看護師の求人もたくさん掲載されています。


全国の看護師年収は平均して437万円くらいです。


けれども、国立とか私立、県立などの公立病院で働く看護師は、公務員としての勤務であるため、年収は平均して593万円ほどになります。公務員看護師は給与の上がる割合も民間の病院より高く、福利厚生の面でも充実しているのです。準看護師の場合だと、看護師よりも平均年収が70万円ほど低いのです。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:彩羽
読者になる
2016年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる