泉が速さを見せ、1分37秒176でトップタイム2戦連続のポー

October 15 [Wed], 2014, 16:19
全日本F3選手権は11日、第14戦/第15戦の公式予選が行われ、佐々木大樹(B-MAX NDDP F312)が両レースのポールポジションを獲得したF3-Nクラスも、小泉洋史(Net Move Hanashima Racing)がダブルポールを決めている

 いよいよ最終ラウンドを迎えた今シーズンの全日本F3朝は青空も見えていたものの、この時間になるとやや薄曇りにそんな天候のもと、まずは第14戦の10分間の予選がスタートした

 序盤は山下健太(PETRONAS TOM’S F314)がタイムをリードしていたこのセッションだったが、チェッカーに向けて各車のタイムがアップしていく中で、同じくトムスの勝田貴元(PETRONAS TOM’S F312)が首位を奪う

 しかし、セッション終了目前にコントロールラインを通過した佐々木が1分34秒835の好タイムをマークしてトップに! 金曜走行でも速さを見せていた佐々木が、第14戦のポールポジションを決めた2番手に勝田が続き、3〜5番手には山下、高星明誠(B-MAX NDDP F312)、そしてランキングリーダーの松下信治(HFDP RACING F312)と、王座を争う3人が並んだ

 Nクラスでは、ランキング首位の小泉が1分37秒693でクラスポールを獲得久保凛太郎(CG ROBOTル・ボーセF308)が2番手、湯澤翔平(KCMG F308)が3番手となった

 続いて11時50分から行われた第15戦の予選では、松下を先頭に各マシンがコースイン今回もチェッカーに向けて首位争いが過熱するが、その中でトップに立ったのは再び佐々木! 自身がマークした第14戦の予選タイムを上回る1分34秒789でダブルポールを獲得することとなった2番手にテレビ系(FNN) 10月12日(日)0時56分配信
噴火から2週間がたった御嶽山で、11日の捜索で新たに1人が見つかり、死亡が確認されたこれで、噴火による犠牲者は56人となった
長野と岐阜の県境の御嶽山では、550人の態勢で山頂周辺を捜索した
その結果、山頂の神社の下にある急斜面の岩場から1人が見つかり、死亡が確認された
亡くなったのは、長野県の団体職員・高木啓光さん(37)とわかった
高木さんは、長野県の対策本部が把握している行方不明者8人のうちの1人
これで、御嶽山の噴火による犠牲者は56人となった
また、11日の捜索では、別に複数の体の一部も見つかり、警察がDNA鑑定を行うなど身元の確認を急いでいる
対策本部では、12日朝から、遺体が見つかった岩場を重点的に捜索を行う方針
最終更新:10月12日(日)0時56分Fuji News Network
はチームメイトの高星が並び、勝田、山下、松下と並んでいる

 Nクラスでは、第15戦も小泉が速さを見せ、1分37秒176でトップタイム2戦連続のポールを決めた2番手は湯澤、そして3番手に久保が続く形となった

 全日本F3富士は、11日14時50分から第14戦の決勝、そして12日の午前8時から第15戦の決勝レースが行われる朝は青空も見えていたものの、この時間になるとやや薄曇りにアイフォン5 カバー朝は青空も見えていたものの、この時間になるとやや薄曇りにiphone ケース ブランド朝は青空も見えていたものの、この時間になるとやや薄曇りにアイフォン5s シャネル
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/thrtdyrt/index1_0.rdf