タモルど高いものはない

September 19 [Wed], 2012, 16:44
粗品やプレゼントをあげると誘い込まれたイベント会場で、催眠商法やいんちき商品の販売などに遭う被害が新聞TVで報道される。
タがとんでもない高価なものになる最たる例だ。
最近では、タでもらっても廃棄するときに有料になる場合があるから、これにも要注意。
パソコンの無料ソフトやお試し版ソフトにも同様のことが言えるので、十分に注意が必要だ。
一番怖いのは、インストールしたとたんにシステムがクラッシュしてしまうもの。
二番目には、ユーザーが知らないうちにインストールしたソフトに埋め込まれたスパイ機能やDDOS攻撃のサポート機能。
偏見を持つわけではないが、後者の場合は、業界団体によれば、ウイルスメールと共に中国系が多い実績がある。
Vectorという有名なソフトのネット通販から、1本の良く高額アルバイトできた無料のゲームをウンロードして使用していた。
ところが、3年前の今頃だったか、突然、セキュリティソフトからネットに接続しようとしていますとの警告が出た。
そのような機能が必要ないソフトだったので飛び上がった。
Vectorにもソフトの作者にも即問い合わせたがレスポンスが遅かったため使用を一時停止し、小生のあるHPに警告を掲載した。
結果的には使用していた当時のセキュリティソフトが安かろう悪かろう的な出来で、誤報を出していたことが分かった。
だから作者に迷惑をかけてしまい怒られた。
昨日、3年ぶりにVectorのHPから無料の音楽変換無双LNSOFTInternationalincという音楽ファイル変換ソフトをウンロードし、解凍した後で信頼できるセキュリティソフトでウイルスチェックをして使用してみた。
インストールする必要がない音楽ソフトそのものは期待通りの性能を発揮した。
ただ、解凍すると9個のファイルになるのだが、そのうちの3個が隠しファイルになっていることに気づいた。
いずれも実行ファイルで何の説明もない。
セキュリティチェックをパスしているので、その内の一個を実行してみた。
バカな行為だった。
ユーザーの意思にかかわらずどんどんインストールが進み、気づくと、まずマイクロソフトの日本語変換のIMEがその会社のものに切り替えられてしまっていた。
そしてIEを開くと、初期画面が設定したHPと全く異なっており、なんじゃこれという状態。
セキュリティーソフトから何の警告も出なかったので、少なくとも既知のウイルス感染ではないようだ。
なんでMSやATOK以外のIMEが必要なんじゃ。
とにかく気持ちが悪い。
慌てて全く使用することなくMSのIMEに戻し、アンインストールした。
マナー違反で残骸が残った。
ところが、残骸を見てフォルー名がbaiduとなっていることに気づいた。
そう、この会社は中国最大手のインターネット検索サービス会社。
つい最近、ネット上のロゴを魚釣島に置き換えたそうだ。
これらのソフトがどれほど優秀でも、尖閣問題を機に日中間が険悪になっている。
もし両国が国交断絶でもしたら、これらのソフトを足がかりに小生のPCを乗っ取られかねない。
多分、余計な心配気持ちが悪いのは、3個のファイルがなぜ隠しファイルになっていたのかということ。
必要になればウイルスを仕掛けて起動するつもりだったのだろうか。
3本がバンドルされていることを知っているのか、それともハッキングされたのかを、現在LNSOFTとVectorに問い合わせている。
悪質な共犯だと多分返事が戻ってこない。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:thrsu0l89c
読者になる
2012年09月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/thrsu0l89c/index1_0.rdf