日本で新ブログ開始です♪ 

November 08 [Thu], 2007, 23:23
早いもので帰国して4ヶ月

出産を控え階段を上がるのにフーフー言いながらも
新ブログスタートしました

その名も

はらぺこ家族日記

もしよかったら遊びに来て下さいね

長い間遊びに来て下さりありがとうございました! 

August 18 [Sat], 2007, 21:50
このブログをはじめて約1年と7ヶ月

長いようで短いこの期間、
みなさんが読みにきて下さり、コメントして下さり

支えていただいて、何とか書いてくることができました

ありがとうございます〜!!

パパくまも無事帰国し、これでくま家族も全員揃いました

日本の異常な暑さに ヒーヒー してはいますが
だいぶ身体もなれ、少しずつ日本の暮らしに慣れてきたところです

心配して下さったみなさま、お祈りしていて下さったみなさま

本当にありがとうございます

このブログはノルウェーでの生活を綴る目的ではじめました

日本帰国を機に一旦終了しようと思っております

またどこかでブログは始めるとは思いますが
まだテーマが定まっていないので未定です〜

こんな私的な内容にも関わらず
遊びに来て下さった皆さま、コメントを残して下さった皆さま

本当にありがとうございました!!

しばらくこのブログ自体はそのままにしておくつもりです
いただいたコメントやメールは読んでいます

みなさんの今日、そして毎日が神様に導かれて
かけがえのないものとなりますように

心からお祈りしています

パパくまひとり旅 in スウェーデン Part 4 

August 06 [Mon], 2007, 22:02
パパくまブログのご愛読の皆さま、お待たせしております 

実は、無事に日本に帰ってきました 
なにやら、バタバタしておりまして・・・。

さてさて最後の「スウェーデン旅行記」です。それでは、始まり始まり・・・


スウェーデンの最後には少し『観光旅行』にいってきました 
行ったところは、ストックホルム郊外の『ドロットニングホルム』 
現在は、王室ファミリーの居城となっているそうです。

とってもきれいなところで、観光客もイッパイ。
でも、最近実に中国の方が増えましたね。これも中国経済が大きく発展している
あらわれでしょうね 


この時は、本当にいい天気で、まさに「絵に描いたような・・」とはこのことでしょうね 

パパくまがヨーロッパにひかれる魅力の1つが、この『雲』なんです 
雲にのってどこまでも行けるような感じがして大好きです 




野鳥の親子を見て、ママくまとこぐまちゃんを思いだしていたパパくまでした。

パパくまひとり旅 in スウェーデン Part 3 

July 29 [Sun], 2007, 21:11
さてさて、スウェーデン旅行の第3弾でございます

今回宿泊でお世話になったのは、既にスウェーデン生活の長い日本人の方のお家。
ユースホステルに泊まるより、さらに良いお値段で泊めていただき感謝、感謝の一言です

場所は、ストックホルム中心部より車で30分くらいの北西に位置する郊外。
そのお家の近くにもきれいな湖があります。 ここノルウェーでもそうですが、当然スウェーデンも
バイキングの末裔、みなさんとっても船が好きですね


今回の旅行は本当によいお天気に恵まれました。
神様、感謝です。



そして、今回の旅行の次なる目的・・・スウェーデンのお家を見に行きました
と、申しますのも、”いつかはスウェーデンのお家に住みたい”という夢があり、
今回は、ストックホルムにある住宅展示場に行って来ました。

スウェーデンのお家というと、『赤い壁と、白い窓』というイメージがありますが、
最近はこんなモダンな家も・・・



でも、しっかり「高気密・高断熱」のお家なんですよね
スウェーデン住宅メーカーの話によると、”家の中の温度の影響は、半分が屋根から”だそうです。
だから、スウェーデンのお家は、屋根裏に40cm以上の断熱材が入ります。
日本じゃ考えられませんが、これが標準なんですよね。

あとこんな”レゴ”みたいに家を建てたりします  わかりますか



一日で、その晩には家に住めるそうです。
冗談のような本当の話だそうです

パパくまひとり旅 in スウェーデン Part 2 

July 29 [Sun], 2007, 5:57
さてさて、スウェーデン・ストックホルムのアーランダ国際空港に着きました。
今回の旅行の主な目的は、以前パパくまの仕事の関係でお世話になった方々に
お会いしたり、これから日本での仕事探しの”ヒント探し”の旅なのです

まず、空港でレンタカーを借りました。
3日間で1500SKr(¥30000円くらい)。
それが、これ・・・フォルクスワーゲンの新型パサートです。


さて、乗り込んでエンジンをかけ・・・・と、ところが・・・エンジンがかからない・・・


最新の車って、昔みたいに”鍵をまわす”・・では無いのですね・・・
・・で、押すようなのですが、何度やってもかかりません。
どうも、しっかりクラッチペダルを踏まないとかからなかったらしいのです・・・トホホ・・・

さて、今度はブレーキ・レバーを、降ろして・・・あれ 無い


そう、ボタンなんです
いやはや、これって全部電動化されてて、電気がダウンしたらどうすんの・・って思いました

まー、何とか走り出し、今日の宿泊場所に到着
その晩は、久しぶりの友人との再会を果たし、このお友達手作りの”大根の煮物”をいただきました。
Tさん、本当に美味しかったです

翌日は、以前のお仕事でお世話になった車椅子メーカーさんに訪問したのでした。


今は、夏のバケーションシーズンで、会社にあまりスタッフがおらず、その日は一日お手伝いしたり
おかげで昼食のハンバーガーをご馳走になったり、とても楽しい一日でした。
この会社、ホントに素晴らしい会社で、タイムカードはありません。
社長は本当にスタッフを信頼して、みんなイキイキと仕事をしていました。

こんな、かっこいい車椅子を作っています。


名前は「Panthera(パンテーラ)」 デザイナー兼オーナーが大の車好きで
かつてのスーパーカー「デトマ・ソ・パンテーラ」からとったとか
・・・知っている方はかなりのマニア

さて、続きはまた明日

パパくまひとり旅 in スウェーデン 

July 27 [Fri], 2007, 0:50
さて、忙しいと、書いておきながら、実は先週末に
スウェーデンのストックホルムに3泊4日の小旅行に行ってきました

今回は、航空会社(ANA)のマイレージを使って旅行に行きました。
ご存じの方も多いと思いますが、日本のクレジットカードにはこのマイレージ機能が付いていて、
ある友人曰く「1年間、食事や買い物でいろいろ使うと、国内旅行に一回行けるぐらいのマイレージがたまるんだ」、ですって  みなさんもお試しあれ

ちょうど、今年の年末で失効してしまうマイレージがあったので、それを使いました。
ただし、「空港使用税」などの税金は別に徴収されます

今回は、ストックホルム行きの便の関係から、「オスロ・ガーデモン国際空港」に行きます。
そこでまずは電車に乗りました。


ここで、パパくまがここノルウェーに暮らしていて、よく思うことを少し・・。

それは「省力化」というか「合理化」とか・・・
つまり人の少ない国(ノルウェーは現在総人口490万人程度。ちなみに国土はほぼ日本と同じ)
で、他の先進国と方を並べるのですから、当然いろいろ進んでいます(・・と、感じます。)
インターネットや、携帯電話の普及率は日本も高いですし、日本もいたるところが機械化されていますが、いろいろな手続き(住民登録や、金融機関など)は、ほとんどがインターネットで出来ますし、
これもその一つ・・・


インターネットで、電車のチケット購入です。(日本もあるよ! と、言われそうですが・・)
インターネットで予約し(おまけに前売りなので、2割ぐらい割安)、予約ナンバーを
控えます。それに、購入時に電話番号を登録し、駅の構内にある「自動発券機」に入力すると、
上にあるチケットが出てきます。これが、発券機


でも、駅ってこれですよ


そう、地方の駅(というかオスロ以外かな?)には、「改札」なんてモノはありません。
当然、駅員さんもいません

電車に乗ると、車掌さんがやってきて、チケットのチェックをします。
何か日本だと、「無賃乗車」とかイッパイいそうですが・・・

基本的に「悪いことをシナイ」が前提になっているような気がします。
これも、人口の少なさからなることなのか、それとも北欧、ノルウェーだからなのか・・・・?

そうそう、ここノルウェーの図書館には、無料のDVD貸出があります。
結構最新作なんかもあって、利用しています。 期間は一週間と短いのですが、
何本借りてもOKです
前に住んでいた日本の図書館は、「DVDは、館内観賞のみ」でしたよ

少し、話がそれましたが、 無事にガーデモン空港に到着
最近のノルウェーにしては、めずらしく良いお天気でした


それでは、続きは次回ブログで

パンのご紹介・・Part3 

July 27 [Fri], 2007, 0:02
さて、みなさんお待たせしております。
何せ、朝早くからの仕事と、帰ってからは帰国の準備で大忙しの毎日です。

それでは、次の「ブロー(パン)」を・・・・

こちらは日本で言う「菓子パン」の種類が非常に少ないです・・・
日本で言ったら、「あんパン」「ジャムパン」「カレーパン」・・・と多分数え切れない種類のパンがあって、
また今日もどこかのお店で新しい「菓子パン」が作り出されていることでしょう・・・。

ノルウェーでまず「菓子パン」と言うと・・・これ


『ロシィーナ(ぶどう)・ボール』・・・つまり、そのまんま『ぶどうパン』です
とにかく、これを食べます。
老若男女を問わず、みんな買っていきます。
しかも、これが一個・・・14クローネ→約¥280円なり
これが、一日に200個以上売れます・・・そういう私も毎日これ食べてますが・・

うちのバッケリーではその他に


カニーレ・ツッカー(シナモン・ロール)・・・パパくまの一押し

そして、最近たまに焼くのが・・・これ


はっきり言ったら「デカイ・ぶどうパン」となるわけですが・・・
ここノルウェーでは、これを「ユーレ・カーケ(ユーレはクリスマスの意)」、そう
『クリスマス・ケーキ』と称して、夏にも食べるようなのです
手前は、ぶどうをぬいたタイプです。

シナモン・ロールも含めて、どれも生地は同じ。一般的な「牛乳パン」の生地ですね。
ただしノルウェーでは、ここに「カルダモン」と言って、シナモンのような香辛料の一種を
少し入れます。ちなみに以前の村でも、毎週一回必ずこの「ロシィーナ・ボール」を焼いていて
村でも唯一の「甘いパン」として、ビレジャー(障碍のある人たち)に大人気でした

でも、ママくまはこの「カルダモン」が苦手で、少し入れすぎると香りがきつくて・・・。

日本みたいに、種類も量も一杯あると、ついついモノを粗末にしますが、
ここノルウェーのように、「少ない選択肢」だと、「迷う心配が無い」という反面、
「刺激が少ない」というノルウェー人もいたりします。

まー、どちらが良いとは、ひとくちでは言えませんが、やはり少し日本はやりすぎの感はありますね・・・。

パンのご紹介・・Part2 

July 18 [Wed], 2007, 1:18
さて、今日は「パンのご紹介・・Part2」でございます。

これは「バイナット・ブロー」


「バイナット」とはノルウェー語の『クルミ』のことらしく、文字通り「クルミパン」です。
あと「ケーフィア」という北欧独特(?)の乳製品で、牛乳とヨーグルトのちょうど中間みたいなヤツ
を入れています。
これ、以前スウェーデンに行った際、お知り合いの日本人の方から進められて飲んだのですが、
翌日からお腹がゴロゴロで少々痛い目にあった記憶があります・・・・
日本には無い乳製品が豊富で、その点こちらは最高です

次は「オリーブン・ブロー」・・・そのまんま『オリーブ・パン』ですね。


同じ生地を使って、「ドライ・トマト(オリーブオイル漬け)」と「チーズ」をまぜたものを
「クレタ・ブロー」(クレタ島のパン)としても作っています。
『これと、ワインがあれば最高!』・・と、奥さんのシリカさんオススメのパンです。

次に・・・・これは・・・


そう、「石釜(ステイン・オーブン)」です。
パパくまの朝一番のお仕事は、このステイン・オーブンの灰掻きから始まります。
ここバッケリーには、もうひとつ電気釜もありますが、それも一応「ステイン」がひかれています。

これは、パンいろいろ
右から「ルンド・スツッカー(ドイツ語だと「ブローチェン」でしょうか)」「バゲット」「ルーグ・ブロー」そして「ストール(大きな)・バゲット」です。


これ、バゲットやルンドスツッカーは同じ生地で、大きさや焼き方の違いで、名前が違うようです。

そして後ろに見えている、グリーンのマークわかりますか?
日本も同じかもしれませんが、「エコロジー・マーク」です。

そう、うちのバーケリーは、粉から、砂糖、塩、オリーブなどにいたるまで、そのほとんどが
エコロジー・マーク商品なのです。よって当然パンも、全て「エコロジー」なのです。
エコロジーって、お金がかかるわりには美味しくないと思いません?
エコロジーのチョコレートなんて・・・・・・ですよ。

でもうちのパンは美味しいですよ。
日本のみなさんに食べていただけないのが残念ですが、
ノルウェーにご旅行の際には、是非買いに来て下さいね。
詳しい住所がお知りになりたい方は、どうぞメールして下さい
オスロの南「Hvasser (バッセル)」というところにあります。


Havbakeriet(ハブ・バッケリエ) 

July 16 [Mon], 2007, 22:38
みなさん、お待たせしました。
パパくまの「ブロー」紹介のお時間です
(みなさんの、大きな反響に少々ビツクリ

まず、この方が私がお世話になっている「Havbakeriet(Havは海の意味)」の御主人ラルフさん


そして、こんな感じでパンを売っています。後ろ姿はラルフの奥さんでシリカさん


ドイツのご夫婦ですが、焼いているパンはノルウェー風だそうです。
そんな中でも、いかにもドイツのパンといえば・・・

「Rugbrød(ルクブロー)」・・いわゆる『ライ麦パン』です。
私やママくまは、『ゴジパン』などといって、あまり食べませんでしたが、
サワー生地(ライ麦の全粒粉を水と練って一日おいて少し発酵させてもの)を
を入れて焼くドイツの伝統的なパンだそうです。

でもこの前、バッケリーのの昼食で食べたら以外に美味しかった。
(きっと前に食べてのはスーパーのヤツだったのかも)

その他、こんないろいろありますが、今日は時間と写真アップ数の関係で
とりあえず写真まで・・・。

トーシュブロー(小麦全粒分のパン)


カニーレツッカー(シナモンロール)


それから、コメントいただいている方、お返事できなくてごめんなさい

それでは、次回アップに乞うご期待!

パパくまのノルウェー暮らし 

July 12 [Thu], 2007, 23:47
パパくまひとりぼっち

「三匹のクマ家族」が終わってしまうと、おおもいの皆さま。
ついに今週より、1人ノルウェーに残された『パパくま』が
初の長編ブログに挑戦! 題して 「パパくまひとりぼっち」
(ちょっとさみしいタイトルですが、本人はいたって気楽、
毎日独身生活をエンジョイしております。)
それでは、始まり始まり・・・。

まず、パパくまの一日はここバッカリーのお仕事で始まります
仕事は、朝の6時から。まず車に乗ること15分
バッカリーに着きます。


そこで・・・・

そう、この「ブリングベアー」(日本語名:ラズベリー)が今いたるところに生えていて
これを食べます
今がとっても旬です!! 熟しているのはとっても甘くて美味しいです!

そうそうこぐまちゃんも、最後のバーネハーゲンの日に、みんなでイッパイ採っていました


それから、午後の2時までお仕事は続きます

その間、休み時間は朝の8時にフロコスト(朝食)と、午後1時頃にランチパウセ(昼食)のみ

その時は、もちろん焼きたてのブロー(パン)に、スモー(バター)とオスト(チーズ)のシンプルなもの
でもとっても美味しいです。
甘いもの好きのパパくまは、カニーレ・ツッカー(シナモンロール)や、ロシーナ・ボール(ぶどうパン)を
いただきます。

次回は、バッカリーのブロー(パン)たちを紹介します。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ママくま
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 現住所:国外
  • アイコン画像 趣味:
    ・グルメ-安くて旨いものに目がないです ちなみにノルウェーには安くて旨いものにまだ巡り合えず。。涙
読者になる
2006年の3月末に家族でノルウェーにやって来ました
パパくまとこぐまちゃん(2006年クリスマスで3歳・男の子)と一緒にシュタイナー系の福祉コミュニティーに知的障害を持つ人たちと一緒に住みながら約1年働いていましたが、2月末に退職、現在パパくまの働くパン屋のある小さな海辺の町に住んでいます
この夏に日本に帰国することになりました
ノルウェー生活もあと少しです
Yapme!一覧
読者になる