サムサノフユハオロオロアルキ 

2010年12月16日(木) 3時56分

何食わぬ顔で更新しますよ。





寒くなってきましたね。
現在僕の住んでいるアラバマ州にも冬が訪れ、
僕も連日の雪かきに奔走する毎日ですHAHAHA!


・・・?


・・・・、



【アラバマ州】
アメリカ南部に位置する州。
Cfa(温暖湿潤気候)に属し、
アメリカにおける最高気温を記録したこともある。




・・・、



慣れない嘘は吐くもんじゃないですね。
背中丸めて一人夕飯を食べガタガタ震えてますよまったくもう。
今日だってトンカツをつくってさぁ食べようとしたら、
家に砂糖と塩以外の調味料が一つもなかった、という、
なんとも味気ない夕食になりました。(僕はいつだってソースを忘れる)







先日何かで読んだのですが(僕はいつだってソースを忘れる)
「好意的に思っている異性と触れ合う時、
肉体には通常以上の電流が流れている」
ということが書いてありました。


ほほー、へへー、なるほどね。
生物が筋肉を動かすのは電気信号によるものですから、
平常時にも微量な電流は走っているそうですが、
好意的な異性と触れ合う際には、その電流が増えるとか。
そういえばそんな経験あるある!と、
明朗快活に言いきれない所がなんだか最近の気候と相まって寂しいところです。
どんだけモテないんだ僕。


とにかくanyway、
この文章から得られる事実は、
「好意的な異性に触れた時体に電流が流れる」
という事なのですよ。

つまり、

「初めてお会いした時、『ビビビッ!』と来ました!」

とかいうあの世迷い事も、
あながち嘘ではなかったということです。
ごめんよ、疑って悪かった。

「君の瞳は百万ボルト」なんていう、
なんと死刑用電気椅子の500倍の電圧を眼球から発するエックスメンばりのセリフも、
こう考えるとある程度の信憑性があるわけです。
何故なら実際に電気が流れているのだから!
古来から伝わる恋愛事情を電気に例える言葉の数々が、
科学的なデータと相まってより確固たるものとなりました。
みなさんも(は)この冬、誰か好意を抱いている異性に会う時、
思い出してみるといいかもしれませんね。
いわゆる生体実験です。実験結果をお知らせください。
カップルなんて雷に打たれちまえばいいんだ!(暴言)





ところで、昨今の寒々と空気の乾燥する季節に、
僕が何に一番辟易としているかと言いますと、
あのピリッとなってバチッとなる静電気なのです。
僕は何故かしら電気を溜めこむタイプらしく、
一時期は本気でブランカを持ちキャラにしようかと悩んだほどです。

しかし、上記のような事実が明らかになった今、
僕はもう臆することがなくなったばかりか、
むしろ胸を張って往来を闊歩することができるのです。

だって「好意的な異性と触れ合った時通常以上の電流が流れる」のなら、
「通常以上の電流が流れる時に触れ合っている人は好意的な異性」のはずだから!
僕のこの電流を溜めこむ体質を持って世の女性にタッチすることで、
あとはもうゲットダウンメイクラブティファニーで朝食のはずだから!

そうと決まればあとは簡単です。
外出前にスクワットを二百回こなし電気を溜め、
外でお会いする女性に見境なく触れていけば、
あとはもう進研ゼミ的な成功が待ち受けているのです。
あぁ、煩わしいと思っていた静電気こそが、
僕をステップアップさせる某とは知らなかった!
昨日の敵は今日の親友。
いくぞ相棒(静電気)、冬最高!






・・・、



・・・、



僕言ったじゃないか、僕言ったじゃないか、
「好意的な異性に触れたら電流が流れる」って、僕言ったじゃないか、
そもそも好意的な異性に触れるだなんてふしだらな話、
それはもう好意的な関係を築いている上に成り立っているじゃないか、
それができれば世話ないじゃないか、
世の女性は僕のような男に触れられること自体、
親を質に入れてでも避けようとしているじゃないか、
コンビニのお姉さんさえ僕の手に触れないようにお釣りを返すじゃないか、
そんな中でも偶然お姉さんと手が触れるじゃないか、
ビリっと静電気が流れるじゃないか、しめた!と思うじゃないか、
お姉さんすっげぇ嫌な顔してるじゃないか。




科学的に裏付けされた理論でもって、
世の女性にコミュニケイトを図ったのですが、
むしろ女性に嫌な顔をされるという、
科学を超越したところでの僕のモテ無さっぷりが浮き彫りになったので、
僕は積もり積もるアラバマの雪に顔を突っ込み、それきり動かなくなりました。


畜生、冬なんて、冬、なんて!

せかいのにっぽん寓童おとぎ話 

2010年09月13日(月) 17時49分
昔々あるところにこぶのついたお爺さんと継母がいました。
ある日お爺さんがカチカチ山に芝刈りに、
継母が川に洗濯をしにいくと、
川の上流から光る竹がどんぶらこどんぶらこと流れてきました。

継母が家に帰り金の斧で竹を割ると、
中から一寸しかない男の子が生まれました。
男の子はとりあえず太郎と名付けられました。
太郎はすくすくと成長しました。
体中から異様に垢の出る体質で、
その垢を使って人形を作って遊んでいました。

太郎は大きくなり、ある日お爺さんと継母に言いました。
「鬼が島にマッチ売りに行ってきます」
継母は太郎に小さなつづらとわらしべを持たせました。

太郎は道中、子供達に虐められている亀を助け、
長靴をはいた猫と七匹の子ヤギと醜いアヒルの子をお供にしました。
どれもおいしかったです。


鬼が島に行く途中、家が三件建っていました。
藁、板、煉瓦で出来たその三軒の家にはそれぞれ豚が住んでおり、
その内の長男が太郎に言いました。
「僕達をあの狼から助けて下さい」

「狼は狼少年の羊を全部食べ、おばあさんと赤ずきんを食べ、
僕達を今夜狙っています。どうかお助け下さい。」
その時何故か豚の鼻が伸びましたが、
太郎は快く引き受け、狼を夜まで待ちました。

夜中に狼が現れると、太郎は枯れ木の上から灰を撒きました。
灰が目に入り狼は辛そうです。
勢いに乗った太郎は枯れ木の上から、
渋柿を投げ栗を投げ蜂をけしかけ石臼をぶん投げました。
死んでしまった狼のお腹をまさかりで切り開き、
意味も無く石を詰め込んで井戸に沈めました。

三匹の豚に別れを告げた太郎は旅を続けました。
途中、猿と豚とカッパを連れた坊主と出逢いました。
坊主は言いました。
「私達は出会う旅人の洋服を脱がせられるか競争しているのです」
太郎は一張羅を盗まれては大変と坊主と戦いました。
足元に燕の死体のあるみすぼらしい王子の像のある公園で決闘していると、
ロバの耳の部分以外全身にお経を書いた裸の王様の行進に出会いました。
王様は言いました。
「そこの旅人達よ、今夜は私の城で行われる、
ブレーメン音楽隊Feat.アリとキリギリスコンサートに来ておくれ。
客人は多い方がにぎやかで良いからな。」

太郎はお城の音楽祭に行くことにしました。
が、その前にとりあえず坊主をぶん殴っておきました。

お城に行く途中、お堀に橋がかかっていました。
何か立て札がありましたが、太郎はろくに見ずに堂々と渡りました。
渡った先で何故か「天晴れじゃ」とか言われました。

音楽祭は税を凝らして贅を凝らしたものでした。
夜が明け、お城を後にする太郎に王様は言いました。
「待ちなさい、土産をあげよう」
太郎は不思議なランプと玉手箱をもらいました。
帰り道の階段にはガラス製の靴が落ちていました。


太郎が鬼が島への道を急いでいると、
前から凄いスピードで因幡の白ウサギが駆けてきました。
そしてその後をかわいらしい金髪の女の子が追いかけていました。
そしてそのずっと後をのろのろとカメが追いかけていました。
「一生懸命頑張れば勝てるんだ」とか何とか、
一人でブツブツ言ってて気持ち悪かったです。


途中、鬼が島の方角が分からなくなったので、
道わきにあった豆の樹に昇って方向を確かめました。
雲の上はとても良い景色だったので、
知り合いの黒ヤギさんに絵葉書を出しましたが返事はナシでした。

太郎は途中怪しい老婆からリンゴを買いました。
早速食べようと思ったのですが色がおかしかったので、
森の中で出会った女の子にあげてしまいました。
するとその女の子はいきなり死んでしまったので、
女日照りの太郎はこれ幸いとばかりに悪戯をしようとしましたが、
しょっぱなのキスで目を覚ましてしまったので特に何もできませんでした。


遂に太郎は海まで来ました。
ここを渡れば鬼が島です。
しかしどうやって海を渡ればいいのでしょう。
海辺にいたウサギに泥船を安く譲ってもらいましたが、
どうも頼りありません。
そんな風に海岸をぶらぶらしていると、
子供たちに虐められている人魚をみつけました。
「どうしてそんな半魚人をいじめるのだ」と太郎が聞くと、
「今夜の夕飯にしたいのだ」と子供たちが言ったので、
太郎は子供たちにラプンツェルをあげ人魚を助けました。
しかし子供たちはもっと食い物が欲しいと付きまとうので、
太郎は笛を吹いて子供たちを岩場に連れていき閉じ込めました。
人魚は太郎に言いました。
「いまいち釈然としませんが、
助けて下さってありがとうございます。
お礼に海を渡らせてあげます。」


人魚が引っ張ってくれるのか、魚が乗せてくれるのかと、
太郎は考えていましたが、予想に反して助けた人魚は、
三匹のがらがらどんを連れてきました。
「この子たちが水面を走って鬼が島まで連れてってくれます。
一匹目が沈んじゃったら二匹目に乗ってね」とのことで、
案外シビアな渡航に太郎は息を飲みました。
ただで渡らせてもらうのも悪い気がしたので、
太郎はその若くて綺麗な人魚に玉手箱をあげました。


こうして鬼が島に渡った太郎ですが、
近寄って見ると、なんと鬼が島は全部お菓子で出来ていました。
岩場はチョコレート砂利は砂利チョコ、
草はミントチョコっていうか島全体が全部チョコ。
ですが鬼が島の入り口はぴったりと岩チョコで閉じられており、
どうやっても入れそうにはありません。
途方に暮れた太郎が海岸に坐っていると、
里から帰ってきた鬼が入口に近づいてきて言いました。
「開けゴマ」
鬼が島の入り口は音も無く開きました。
どんなセキュリティーだよと太郎は思いましたが口をつぐんでいました。

鬼が島の中には沢山の鬼が山ほどの宝物に囲まれて暮らしていました。
七人の子鬼が村から捕まえた女の子をいじめていました。
ルーベンスの絵の前で泣いている赤鬼もいました。
鳥かごの中に少年が捕まっていました。
鳥かごの札には「永遠に少年の少年」と書いてありました。


太郎はここでなら自分の商売も繁盛すると思い、
火をつけると幻覚作用のある非合法マッチを売りさばき、
お腹を膨らませて遊ぶカエルのおもちゃを売りさばき、
虎に木の周りを回らせて作ったバターを出荷しました。
売るものが無くなってきた時には、
近所の地蔵に笠をかぶせると、
次の日には沢山の物資が入荷されるシステムでした。

太郎は鬼相手に大儲けしました。
そこで太郎は村に行き、
野獣を元カレに持つアラビア生まれの人魚を嫁に迎え、
永遠に幸せに暮らしましたとさ。

数奇な数々の話 

2010年06月16日(水) 7時28分

実家から15が送られてきた。
25個の15が5個のパックに詰められてきた。
つまり1パックに1×5=5個入っている。
9なことなので驚いたが、
後でお0を言っておこう。

新聞をめくると記事があった。
『交Two事故で2×2=4亡』
『被害者の4×5=20で発砲』
まったく、187ニュースだ。
さて、5飯を食べたら、仕事に行こう。
8の巣の9徐を頼まれていたんだ。
Eight・・・、場所はどこだっけ。
東だっけ・・・?あ、いやそれは100足の巣だった。
2×4=8の巣の場所だった。

新聞、芸能欄。
今度地元に3×3=9るらしい。
行って馬鹿騒ぎしたいけれど、
俺は妻も子供も仕事もある4、
×4=16でもないことばかりしていられない。
さて、駅に行くか。

駅に張り紙があった。
「Threeに注意!」
再3の警告も効果なく、被害が相次ぐ。
俺は特9に乗り込み、道を急ぐ。

来月は俺の誕生日だ。
今年でと4×8=32になる。
15のケーキでも買って食べよう。

俺の仕事は午前に10分、
5×5=25分の9憩がある。
午5×8=40仕事に追われる。
まったく、忙しい。

喫茶店でサボっていたらケータイが鳴った。上4からだ。
GPSケータイとかで監4されているらしい。
まったく、6×2=12お茶も飲めNineだな。
仕事中は好きな69ミュージックを大音量で×。
BGMぐらい好きに聞かせろ。

会社に戻ったら上4に怒られた。
つんつるてんのスーツに身を包んで、
まるで753みたいだ。このA(C)め。

仕事が終わり、家に帰る。
妻と子供は寝てしまったらしい。
愛犬だけが起きていてくれた。
俺を見て「One」と鳴いた。 とても756。
夕刊を開いて記事を見る。
政治欄、企業の政府への三角形の問題らしい。
『2本は「和」を大事にする92である。
今後はこ9民の和を求めよ。
政府の和を求めよ
内角の和を求めよ』

新聞を置き、テーブルに目をやる。
妻のメモがある。
「お帰りなさい。お疲れ様。
5飯は温めて食べてもいいですよ。
外で済ませたのなら食べなくてもいいですよ。
どうぞ、52」

Her He Who Hey Ho!! 

2010年05月14日(金) 22時10分

アンパンが黴菌を倒すという、
ぶっとんだ漫画があるじゃないですか。
うんそうそう、それそれ。
顔面がパン職人のおじさんとクリソツなあれ。
「僕の顔をお食べ」ね。
文面だけ見ると狂ってるよね。


彼はライバルの黴菌にさ、
とりあえず一度は負けるじゃん。
水鉄砲で武装した黴菌が、
カビを撒き散らしたりしてさ、
何か、カバ?がさ、
「たすけてぇ〜〜」ってさ。
そこに現れるわけじゃん。パンが。


そんでさ、一回はさ、
負けちまうわけじゃん。
偉大なるマンネリズム。
水戸黄門に通じるものがあるよね。
んでその負ける理由ってのがさ、
マシンガンでもミサイルでも、
手榴弾でもナイフでもなくてさ、
水ってのがさ、また凄いよね。
「顔が濡れて力が出ない」だぜ。
お前朝顔洗う時どうしてんだよ。


そのあとさ、どこからともなく、
工場んとこのさ、娘さんがやってくるじゃん。
あのさ、なんか、キモい乗り物にのってさ。
あれ地底もいけるからね。
どんなテクノロジーだよ。
そんな資金あんならデザイナー雇え。
でなきゃパン工場拡大しろよ。


んでさ、娘さんがさ、
そのパンの名前を呼びながらさ、
不思議なことにさ、
顔面をぶん投げるわけじゃん?
ん?いやいや、顔よ顔。
嘘じゃねぇよ、マジなんだってば。
顔が濡れたから、顔に向かって顔ぶん投げんの。女が。
うん、そう、顔面がアタッチメントなんだわ。


それがまた毎回うまいことさ、
ビリヤードっつーか、ゲートボールっつーか、
ちょーどこう、スポーンとね、入れ替わんの。
ん?だから首がっつってんだろ、マジだっつーの。
そんでさ、そいつさ、元気が百倍になんだよ。
うん、で、黴菌をぶん殴んの、パンチで。
成層圏突破するぐらいぶっ飛ぶんだぜ、黴菌。



んでさ、俺が言いたいのは、
その、「元気百倍!」のとこなんだよ。
元気が、百倍になるんだぜ。
んでもさ、元気が百倍になる前には、
どうみても元気が百分の一以下になってるように見えるんだよ。
うん、顔面濡れたぐらいで。
だから百倍してもあんま意味ねーんじゃねーかな。



だからさ、俺思うんだけどさ、
あいつ、あの娘さんにさ、
黴菌が現れたら、ふたつみっつ顔のストックをさ、
一緒に持っていってもらってさ、
連続で変えようぜ、顔面。
沢山パン焼かなくていいよ。
ふたつかみっつのやつローテーションでいこうぜ。


一回顔替えるたびに百倍だろ?元気。
んじゃさ、二回連続で替えたらさ、
百倍の元気がまた百倍でさ、
元気は当初から比べて一万倍だぜ。
三回連続で替えたらさ、
百の三乗だぜ、百万倍だぜ。
戦闘力に換算したらフリーザだって瞬殺よ瞬殺。


どうせ顔面とっかえんのに五、六秒しかかかんねーんだから、
十回ぐらいかえていこーぜ。一分だろ。
大丈夫だって、そのぐらいならカバも持ちこたえるって。
十回替えたら元気百億倍だぜ?
百億よ百億、元気が、あのパンの。
そーなったらさ、黴菌なんてさ、
そもそも百倍の元気で成層圏突破なんだからさ、
それの一億倍だぜ?
地表から成層圏までで五十キロなんだから、
その一億倍の元気でぶん殴ったら、
一億×五十キロなら五十億キロね。
そこまで行ったらもー地球から海王星を越えるんだぜ?
水金地火木土天海黴菌だぜ?マジで。
十二回顔面とっかえてから黴菌ぶん殴ったら、
一光年超えるぐらいぶっ飛ぶんだぜ?94608億km、余裕。
「ばいばいきーん」とか言ってる余裕ねーよ、消し炭だよ。



だからさ、結局アレだね。
みんな、家に帰ったら、
ちゃんとうがいと手洗いしろってこった。
それじゃあ、おやすみ、ばいばいきーん。

咥えてごらん子猫ちゃん 

2010年02月24日(水) 23時16分

平成22年2月22日22時22分22秒は皆様いかがおすごされましたでしょうか。
こんばんは、Kです。






2月22日というものは、
その語呂合わせから「猫の日」とされているそうです。
加えて今年は平成22年、まさににゃんにゃんデイ。
子猫ちゃんとにゃんにゃんするための一日。
邪な意味ではなく言葉どおりの意味として。



そんな平成22年2(略)であるこの日、
僕も何か猫に関連することをするべきでないかと思いました。
時勢にはすぐに流される質です。自我がないのです。



偶然にも、僕が今住んでいるアパートの隣家が、
どうやらプチ猫屋敷らしく、
毎日たくさんの猫さんがお庭でのどかに過ごしています。
よし、今日はこの猫さんたちと仲良くしよう。
彼ら彼女らと仲良くすることによって、
僕の平成22年(略)の仕事としよう。




そう思いまして、僕はデジカメを片手に、
お隣の民家の前に行ったのです。
いつもお庭に猫さんはたむろしているので、
おいでおいでしたら道の方まで出てきてくれるんじゃないかな、
流石に民家のお庭の猫を撮影するのはよくないから、
手招いて来てくれた猫さんの写真でも撮れないものかな、と
僕はお隣さんのお庭を覗いたのです。
決して覗き込んだわけではなく、
道を歩いていたら普通に見える範囲で、
僕は猫さんを探したのです。






しかしながら、猫さんとのライフスタイルと合わなかったのか、
いつもはたくさんいるお庭に猫さんはおらず、
人っ子一人猫の子一匹いない庭の前にたたずむ僕。
なんだよ!僕デジカメまで構えてやってきたのに、
どうして猫さんいないんだよ!今日はにゃんにゃんデイなのだぞ!
今日出てこなくていつでてくるというのだ猫さん!(暴言)



あまり面白くない気持ちでお庭を眺めていましたら、
一匹の猫さんが舞い降りましたお庭の真ん中。
おお、すっかりやさぐれていた僕のもとに一匹の猫さんが!
おいで!おいでな!ほらおいさんとこ来んね!
今日は君達のための日なのだ!
次の年号も含めたにゃんにゃんデイまでは、
あと二百年またねばならんのだ!
流石にそこまで持たないだろう平成!
西暦でにゃんにゃんイヤーを楽しもうとしても、
それでもあと二百年以上待たねばならんのだ!
この浮世にそんな長い期間生きてられるか!
だからこっちこんね!こっち向かんね!
ほらデジカメ僕構えてるからこっち向かんね!




そんな気持ちでデジカメを構え、
ズーム機能を使い猫さんのアップを抑え、
あとは猫さんがこっちを向いてくれるのを待つばかり。
うん、もう少し近づいてくれたら嬉しいんだけどな。
後姿から察するにとてもかわいらしい猫さんだから、
こっち向いてもう少し近づいてくれたら嬉しいんだけどな。




僕の願いが通じたのか、猫さんはこちらをくるりと振り向き、
僕の方にゆっくりと歩いてきました。
しかしその瞬間に僕は極端にひるんだ様子で、
ボクサーも拍手するくらいのバックステップ、
スウェーで猫さんから距離をとりました。
あまつさえ「うぇぇ」のような声まで上げ、
バキ世界にも登場できそうなスピードで猫さんと取る距離。



だって、だって猫さん、とってもかわいいのに、
口にはすでに事切れたスズメさん咥えてた。
それも生半可な死体ではなくて、
もうスプラッタ、ホラー映画もかくやといった具合に、
頭が半分割れて目がでろーんってなってて、
口元はスズメさんの血で赤く染まってて、
それをはぐはぐ貪りながら猫さん僕に近づいてきた。
とてもかわいらしい猫さん、口元にはグロテスク死体オブスズメ。







平成22年2月22日、皆様はいかがおすごされましたでしょうか。
僕はかわいい猫に、スズメのグロテスクな死体を掲げられ、
デジカメを片手に逃げ出すという、
なんともタイムリーなんだか不幸なんだかわからない一日でした。
世界が平和でありますように。

摩天楼に抱かれて 

2010年02月10日(水) 21時14分

こう、ロマンチックな方法でもって、
愛のメッセージを伝えるということは、
男であれば誰もがやってみたいことでしょうし、
女性であれば誰しもが望んだことがあるものだと思うのです。

ロマンチックな愛のメッセージの伝え方と聞いて、
僕の脳裏に一番に思い起こされたのは、
高層ビルの、電気のついている部屋とついてない部屋を組み合わせ、
ビル全体に「I LOVE YOU」の文字を浮かべるというやつです。

とある高層ビルの一室に誘われ、
ワインの一杯でも傾けながら、
向かいのビルを眺めてみると、
そこに浮かぶ「I LOVE YOU」の文字。
僕が女性だったら一発で落ちちゃうと思います。

ああ、あの告白をやってみたい。
やる相手は特に思いつかないけどやってみたい。
でも、あれをやるには、高層ビルの電力を支配しないといけない。
「I LOVE YOU」の文字を浮かべられるくらいの高層ビルを、
貸し切るためには一体幾らくらいのお金が必要なのでしょうか。
いずれにせよ分かっているのは、
僕のような小市民に手の届くような金額ではないということです。
あぁ悔しい、貧乏が憎い。





しかしながら、そういった金の力によって生み出される強烈なロマンチックさ、
小市民の僕もなかなか諦めきれないわけなのです。
あぁ何かないか、うまい方法はないか。
自分から出るお金を少なく「I LOVE YOU」を作る方法はないか。





こう考えました結果、思いついたのがカンパ方式です。
まず、ネオンを浮かべるビルをAビルとします。
そしてそれを眺めるためのビルをBビルとします。
Bビルに三百の部屋があるとしたら、
まず「I LOVE YOU」で告白をしたい男性を三百人募ります。
集まったらその人数で、Aビルの照明を支配できる、
貸し切りの資金をカンパします。
三百人で割れば、なかなかの高層ビルであっても、
きっと手の届く金額になるのではないかと思うのです。

あとは簡単です。
カンパしたあとの男たちは、
それぞれに割り振られた部屋に女性を呼び、
意味ありげににやりと笑いながら、
指定された時間に、向かいのビルへの窓のカーテンを開ければいいのです。
その時Aビルには「I LOVE YOU」の文字が浮かび、
きっと女性は感激してくれるでしょう。
この時、さも自分一人の力でやったかのように、
意味深な笑みを浮かべておくことが大切です。
きっとその夜は、新たなカップルが三百組できあがることでしょう。





あぁ、いい方法じゃないか。これで良いじゃないか。
こんなにロマンチックな「I LOVE YOU」で告白したい男性なんて、
きっと沢山いるだろうから、需要の面は大丈夫だろう。
おお、なんだかうまくいきそうだ。
提案者の僕だってその一員にはなれるだろう。
必要な費用は「Aビルを貸し切る費用÷300+Bビルの部屋代」
だけだし、そのくらいならなんとかなるんじゃないか。
よし、後はこんなロマンチックな告白をする相手を探せばいいのだ。
お金がかからない上に恋人が手に入るなんて素敵じゃないか。




そこで、善は急げと、ケータイのアドレス帳を上から眺めましたら、
僕の誘いに乗ってビルの一室についてきてくれるような、
そんな頭の悪い女の子は一人もいませんでしたので、
僕は右足がもげそうなくらいに驚いた次第です。
完璧なのに、完璧な理論なのに。
皆知ってんだ、僕について部屋に入るなんてことが、
どれだけ愚かな行為か、みんな知ってんだ。あぁ。

傷だらけの紳士 

2010年01月23日(土) 6時40分

「愛」:あい
@親兄弟へのいつくしみ合う心。広く、人間や生物への思いやり。
A男女間の、相手を慕う情。恋。
Bかわいがること。大切にすること。
Cこのむこと。めでること。
(広辞苑第五版)




辞書を引きましても、愛というものがなんなのか、
実際にはいまいち掴みきれません。
しかしその超抽象的な言葉をしっかりと理解することで、
より人間的に質の高い人間になれるのではないかとそう思うのです。
今日は「愛とは何だ?」を考えていきます。










アナグラムで。









愛とは心です。愛しく思う気持ちは心から生まれます。
愛とはハートのことなんだってば、そうなんだってば。
愛ってのはハートのことなんだい、そうなんだい!
「あいとはなんだ」→「はあとなんだい」





愛とは花にたとえられることがあります。
一通のラブレターは心に咲く一輪の花。
心を癒し、安慰をさずけてくれる存在です。
愛とは、花のことです、安慰のことです。
「あいとはなんだ」→「はなとあんいだ」





愛情表現とは、いつくしむだけではありません。
愛ゆえの殺人事件などが多い昨今、
愛情の形も揺らいできていると思います。
愛は時として、愛を終わらせ断ち切る形もとります。
それも愛の形だったとは知らなかったな。
断愛も愛のひとつだったとはな。
「あいとはなんだ」→「だんあいとはな」






愛とは相手を理解することです。
時に発見を含む理解を重ねることで、より深い部分に進めます。
驚きを伴う発見を、英語では「Aha」と言ったりしますね。
その理解から、より深い、内面の部分へと進むこと、それが愛です。
「AITOHANANNDA」→「An Aha and Into」







ここまで考えてきましたが、結局よく分かりません。
愛とはなんでしょうか、気の迷いでしょうか、心の叫びでしょうか。
愛というものを考え答えを出しても、結局残るのは、
もやもやとやりきれない疑問だけです。
考えに考えても、その後に残るのは難題。
「あいとはなんだ」→「あとはなんだい」














退屈な授業を一時間分費やし、ここまで考えましたが、
自分でもびっくりするぐらい気持ち悪い仕上がりになりました。
「愛とは心です」とか、初めて言いました。うわっ。
僕ごときが愛を語り、皆さんに吐き気を提供しましたが、
あくまで冗談ですので、そこのところをご理解いただきたく。





あと、過ぎ去りし1月18日は、
ピーナッツのシュローダー君の誕生日でした。
おめでとう!シュローダー!ハッピーバースデイ!

蛮勇引力 

2009年12月17日(木) 18時27分

落下するリンゴを見て万有引力を発見した、
イングランドの科学者、アイザック・ニュートンさん。




ニュートンさんは庭のリンゴの木から、
リンゴが落ちるのを見てこう考えました。
「今、リンゴの木からリンゴが地面に落ちたが、
このリンゴの木がもっと高かったら、
果たして同じように落ちるのだろうか。」




ニュートンさんは高さが10メートルの木を考えました。
そこからリンゴが落ちた場合、
変わらずリンゴは地面に落ちるでしょう。



高さが100メートルの木を考えました。
それでもリンゴは地面に落ちるでしょう。



高さが1キロの木を考えました。
それでもリンゴは地面に落ちます。




では高さが100キロの木はどうでしょう。
その木になっているリンゴの実がちぎれても、
リンゴは地面におちてこないかもしれません。



月まで届くような高いリンゴの木ならどうでしょう。
その木になっているリンゴの実は、
決して地球には落ちてこないでしょう。



ニュートンさんはそのことを考えました。
宇宙空間においては、リンゴは地面に落ちません。
地球の範囲内であれば、リンゴは地面に向かって落ちます。
一体そこには何の違いがあるのか、
リンゴが落ちてくる原因とは何なのか、
そうして考え続けた結果生まれた理論が、
万有引力だったのです。






天才と名高いアイザック・ニュートンさん。
落ちているリンゴを見ただけで、
その後三百年以上も信じられている法則を発見、
天才というものは、日常に起こる出来事からも、
世の中を動かせるような発見をするものなのですね。














長々だらだらと一体何が言いたいのかというと、
冷蔵庫から取り出した瞬間に手からこぼれおち、
地面に落下するまでがスローにさえなった卵を見た僕は、
一体何を発見できるんだろうっつってね。
掃除大変だよ、どうすんだこれ。あぁ、もー。

凍てつく覇道 

2009年11月07日(土) 18時48分

最近寒いですね。
お久しぶりです、Kです。






まだ秋だというのに、最近寒いですね。
特に朝夕の冷え込みはひどいですね。
僕も毎朝の寒さに耐えかね、
すらっと長いアンヨとお手手をこすり合わせる毎日です。
露骨な嘘はスルーするのが大人ですよ。











地球温暖化だの言われていますが、
こんなに寒いのなら杞憂な気がしなくもないです。
やれ南極の氷が溶けてペンギンがだの、
やれ北極の氷が溶けて白クマがだの、
グリーンランドの氷が溶けて、
キリマンジャロの万年雪が溶けるだの。






氷が溶けることがそんなに悪いことなのか、
僕にはいまいちピンときません。
冷凍庫の氷が溶けるのは嫌ですけど。








こう、なんというのか、
「氷が溶けることは悪!」みたいな、
そんな風潮がある気がします。
「氷があることは正義!」みたいなさ。
ただの氷ですやんそんなもん。









ただ、氷があること、それが正義で、
その氷が溶けてしまうことが悪。
そんな考え方が蔓延している気がします。
氷が溶けてしまうことは悪。
ただの氷が溶けてしまうことが悪。
ただの氷があることは正義。
ただ、氷があることは正義。
「ただ、氷」があることが、正義。









just ice

そうびしないと いみがないよ 

2009年10月01日(木) 22時53分

先日、車道でボケっとしていたら、
知り合いのおじさんががこう尋ねた。


「日本とイギリスは左車線だが
何故か分かるか?」









ほえー、何故でしょうね。
分からんちんどもとっちめちんですわ。
とんちんかんちん一休さんですわ。







「イギリスは騎士の世界だろ?
日本は武士の世界だ。
道を歩くとき、刀が相手に当たらないように、
道の左側を歩いたのがルーツなんだよ」







へー、なるほど、そうだったんですか。
刀が当たらないようにですか。
ん?じゃあ左利きの人は、
道の右側を歩いていたんですかね。
帯刀時代の左利き人間が、
どのくらいの割合かは知りませんが、
それなら右側通行のアナーキーも
結構いたんじゃないですかね。





「いやいや、そうでもないよ。
お前は普段刀を差す時どっちに差す?
左だろう?それが普通なんだよ。」






あぁ、なるほど。
やはり日本人は一般的で大衆的なものに
倣う性質があるのですね。
左利きの人間もきっと道の左側を歩いたのでしょうね。
なるほどね、確かに僕も、
普段腰に刀を差す時は左に差s待て待て待て。










差さない。
普段腰に刀差さない。
差してる人も見たことない。
右とか左とか言われても知らない。
実感がまるで伴わない。
そんなナチュラルに言われて、
思わず素直に頷いてしまったわ。









明治政府が侍達に、
帯刀禁止令を発布したのが1876年。
それから140年が経過したこの平成の世。
さも平生から帯刀しているかのような
質問をぶつけられ、平静を保てなかった僕。
侍ジャパンでさえ刀なんて持ってないのに、
彼らと対等の地位に無い一般市民の僕が帯刀してたまるかい。











あぁ、もしかして、
新しい法律でも公布されて、
もしや帯刀がOKになったのか。
もしかして最近のトレンディか。
若者の流行なのか。
メンズノンノとかに、
「今流行りの日本刀ランキング」
とかやってるのか。
やはり正宗か、物干し竿か。
セブンティーンとかに、
「あなたは武蔵派?小次郎派?
ドキドキ意識チェック!」
とかやってるのか。
アンアンとかで、
「私ってオカシい!?
『やっぱりカレにはグングニルをしててほしい!』
人には言えない彼の帯刀への悩み」

特集ページとかあるのか。
JJとかに、
「今は女も帯刀する時代!?
刀のつばでアイツを振り向かせろ!」

とかやってるのか。
まずい、時代に取り残される。
何か、何か刃物を、僕の腰に。










家中探した結果、
我が家にあるまともな刃物は包丁でした。
せっかく見つけたので、
今からこれを腰につけて散歩してこようと思います。
いいだろー、これ川尻ブランドだぜー。
へへん、これで僕も今風の若者だ。
世界が平和でありますように(投獄)
著者近影
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:K
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:1990年
  • アイコン画像 血液型:O型
  • アイコン画像 現住所:福岡県
  • アイコン画像 職業:小中高生
  • アイコン画像 趣味:
    ・読書-友達いないので
    ・マンガ-友達いないので
読者になる
2010年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新御意見
アイコン画像
» せかいのにっぽん寓童おとぎ話 (2010年09月14日)
アイコン画像隊長
» せかいのにっぽん寓童おとぎ話 (2010年09月13日)
アイコン画像
» Her He Who Hey Ho!! (2010年06月08日)
アイコン画像ぱん
» Her He Who Hey Ho!! (2010年06月04日)
アイコン画像
» 佐川の顔も (2009年06月18日)
アイコン画像中国人
» 佐川の顔も (2009年06月17日)
アイコン画像K
» おんなのこには きをつけて (2009年05月13日)
アイコン画像中国人
» おんなのこには きをつけて (2009年05月12日)
アイコン画像
» THE WHITE HEARTS (2009年04月27日)
アイコン画像ハマダ
» THE WHITE HEARTS (2009年04月26日)