まあ何だ 

January 14 [Sun], 2007, 23:44
何か

閉鎖することに決めました。

っつっても放置しますから

多分

今はずっと他ブログをグループでやってるしね

又いつか

自嘲 

December 04 [Mon], 2006, 23:06
次の満月まで
又一月が流れる
冴え渡ろうとした風が
何もかもを乱して去って行く
ああ
どうしていつも
こんなに人間らしくなる
望む物を見失って
迷う道に流れて
旅人の条件は
一つとは限らないと思ったんだ
簡単な日常も
笑い飛ばしたくなる杞憂も
全て
真実と虚実の狭間に
未来以上に
過去を知らない
過去は増えてる筈なのに
未来には敵わない
そんな若さがもどかしい
苦しみも
憎しみも
笑顔でさえ
駈け上がる最中に
振り払うことはできないんだ

いるべき場所なんてない
俺は唯そう思う


ゆっくりと微笑むその自嘲に
乾杯

(無題) 

November 28 [Tue], 2006, 22:34
一つの哀しみがあるなら
別の所には
また一つ喜びがあるんだろうか
憎しみは憎しみを生み続けて
奪われた哀しみは
再び奪う
人間っていうのは
極一部自分の周りしか見えやしない
いくつもの知識や
素晴らしい権威も
極一部でしか
融通はききやしないさ

旅に出よう
誰かに追われてるからじゃなく
自分を追いかけるために
旅に出よう

真実 

November 27 [Mon], 2006, 22:11
選んできた筈の 余計な未来とか 可能な限り望んだすべてが 引き換えたその何かに触れて 交錯した 迷ってるわけじゃない ただ 気が進まない 誰のせいでもない いつだって 変わらないことを願っては 置いてきぼりになるんだ 俺は小さいから まだ十分に呼吸出来ちゃいない いつか 本当に望むことが何かわかったら もう一度振り返られるかな 一つとは言わない 蹴飛ばしてやりたい現実に 乾杯

真実がなんだって
知ったこっちゃないね
やっちまいな
それで死ねたら
本望だ

 

November 27 [Mon], 2006, 1:16
『いいのか』

声がきこえた

―いいんだよ…

『お前は又そうやって、自ら自分の道を閉ざすんだな』

―だって、届かないモノは手に入れられない

『お前が見つけた幸福だろう。お前に手に出来ない筈がないんだ』

―だってもう、体は愛してたことを忘れ始めてる

『じゃぁどうして、俺が口を出すんだよ?喩え身体がそうだとして、…どうなんだ』

―あたしのこころか…どうなんだかね。あたしにはわからない

『その為に俺が居る』

―そう…だね…

『後はお前次第だよ…』


そうだね
後はあたし次第だよ
ここで離れるも繋ぎ留めるも
時間はないから

またあうひまで 

November 25 [Sat], 2006, 22:47
今日はミサでね
俺は追悼のミサが一番好きだな
流れる空気が綺麗だ
嘘偽りが最も少ない式だからね

無力な僕らは
ここで凍り付いて
涙を流すしか出来ないんだ
それならせめて
目を閉じて
きみをおもっていたかったんだ

微笑 

November 24 [Fri], 2006, 0:21
今日は気分がいい
最近又自分の首を絞めはじめてたからね
さめちゃんに感謝(笑)
一つ
大きく固まった事で
これからが動く
何だかあの後色んな事がうまくいって
気分まで良くなったりして(笑)
俺がしっかりしてないと
未来だってちゃんと見えやしない
変化だってあらわれはしないんだな
さてと…寝るか…

LIFE 

November 23 [Thu], 2006, 0:19
今更だけど
自分の人生は
自分で決めたいと思った
どうせ糞みたいな人生しか送れないなら
いっそしたいように生きたかったよな
なんて
笑ってくれる奴はいるかな
俺は自分で自分を笑う
ちっぽけなやつなんだよ
今からだってなんとでもなるだろって言われても
もう手遅れなんだな
俺は
後悔の中で生きてたのか
だから今まで
過去は振り返りたくなかったのか
色々と
選択を間違えた
もっと自由に
生きれば良かった
はなから妥協してるから
最早後悔に辿り着かないんだな
ああ
もし今
違う世界で一人になったとして
俺は多分
哀しくないと思う


俺の自嘲癖はそこからきてんだよ
誰でもいい
俺をわらえ

星と御免 

November 04 [Sat], 2006, 13:42
何とか俗世に復帰出来た七草です(何)
本当ちょっと痛いくらいにここが闇化してたんでね
いけないいけない
俺は元気です。
今は悩みもないかなぁ
まぁある程度の妥協は必要だろう(何)
今しなければ為らないとか
今するべきじゃねえとか
まぁそれなりに大切だけど
今したい事を手放してしまったら
後から自分が忌まわしくならないか
俺はわかってた様で
やっぱり真意には近付けてない
そんな日々でも
愛すべき日常
矛盾も時には必要だ。

どんな杞憂も 

October 25 [Wed], 2006, 17:32
ちょっと病み過ぎだ
時間が必要だと思って
学校を休んでみた
どうしても
迷いばかりの文章しか書けないからね
少しは前に進んだかな
大体が杞憂と自己嫌悪だ
まず見極めるべきは自分自身
笑う理由を見つけないわけには
前みたいに生きられない
変わるのは自分であって
日常じゃない
変わったのも日常じゃなくて
自分でしかない


道を探してる間は
幸せだ
振り返ってちゃ
進めなく為っちまうよ
2007年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
bitz ←ランキンク♪♪♪゙
モットモアタラシイコメント
アイコン画像トミー子
» 紅い苦悩 蒼い記憶 (2006年10月13日)
アイコン画像とみこ
» SETSTOCK'06!!!!! (2006年07月24日)
アイコン画像モブログランキング
» If that was angel, I wished it was selfish. (2006年06月24日)
アイコン画像宮本
» 一呼吸 そしてもう一つ (2006年06月18日)
アイコン画像ハヤミ
» かわらない このまま (2006年06月05日)
アイコン画像とみこ
» かわらない このまま (2006年06月05日)
アイコン画像とみこ
» LEGATO SEAT RECLINING (2006年05月29日)
アイコン画像とみこ
» 郁 桜 愛すべき矛盾 (2006年04月06日)
アイコン画像ハヤミ
» HORSE AND DEER (2006年03月13日)
アイコン画像あこ
» HORSE AND DEER (2006年03月13日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:thomasina
読者になる
Yapme!一覧
読者になる