しまゆりのマーティン・ヘンリクソン

April 11 [Mon], 2016, 14:52
いよいよ引っ越しという時に、エアコンの扱いについて何も決められずにいる、などというような困り事を抱えてはいませんか。

専門の知識がなければ、なかなか取り外しも取り付けも困難で、では、電気屋に来て貰うべ聞か、引っ越し会社のスタッフに、取り外してくれるよう依頼するか、それはそれとして、新居での取付工事はどこに任せたらよいのか、などというように、どうしたらいいのか、よくわからなくなってきます。
エアコンは一般的に、専門業者に頼むのが無難ですので、エアコンサポートセンターまで相談してみてはいかがでしょうか。
夫婦二人で暮らしていた頃に近郊にマンションを購入しまして、引っ越しが決まりました。

引っ越し当日に起こったことですが、作業の最中、まあまあ大きめのテーブルを運ぶ時、取り外せるはずの脚が、全然外せなくて、あきらめて、そのまま運んでもらったのです。沿うしたら、不当な値段などではなかったと思うのですが、少々腑に落ちない追加料金を支払いました。事前に、例えば見積もりの時に追加料金がどんな時に発生するか確認するのは、大切だと思いました。この間の引っ越しでは、自分立ちで運べないものだけ業者にお願いし、他は自分立ちの車で移動しました。
先に荷物を全部移動指せ、住民票の移動も済ませました。
あちこちで思いがけないことがあっても、力を貸してくださる方もたくさんいて、本当にありがたいことです。

どうにか当日中にご近所に挨拶して、荷物を整理するのはこれからですが、少しずつやっています。

引っ越しにまつわる困り事といえば、エアコンの扱いもよくあげられるでしょう。


ただ賃貸住宅の場合、退去時に、物件を管理をする立場の人に部屋のエアコンを、設置したまま残していくことが可能かどうか一応問い合わせてみるのがオススメです。
次にその部屋に住む人の利便のため、という理由により、あっさり希望が通ることがあるのです。エアコンを元の家に残していけるということは撤去にかかる費用が丸々不要になりますから、幾分か費用の節約ができるでしょう。さあ、引っ越しの作業に取りかかろうという時には、軍手を用意しておきましょう。例えば、荷創りをしているときです。使い慣れないカッター類をひんぱんに使うことで、ケガの危険性はかなり高いのです。
それから、大小イロイロな荷物を運ぶので指詰めの危険性を考えないといけません。軍手の選び方を間ちがえると却って危険で、手と比べて大きすぎたり小さすぎたりしない、手のひら側に滑り止めがついた軍手を用意しなければなりません。



作業しやすくなるのは持ちろん、より安全になります。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:蒼大
読者になる
2016年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/thlitneqs68lwe/index1_0.rdf