3月31日にオープンした銀座エリア最大級の商業施設「東急プラザ銀座」は

July 12 [Tue], 2016, 11:45
、銀座・数寄屋橋交差点に建つ絶好のロケーションだ。店舗部分は地下2階から11階までの全13フロアで、ファッション、雑貨、レストラン、カフェなど125店舗が入っている。
iphone6ケースその中から話題の店舗を「ファッション・雑貨」編と、「食」編の2回に渡って紹介する。

◆パブリックスペース

 エントランスは数寄屋橋交差点側のメインエントランス、みゆき通り側のエントランス、地下鉄駅コンコース(C3出口)からの3か所あり利便性が高い。
iphone6ケース建物地下には約170台の駐車場を完備し、約800台収納可能な西銀座駐車場とも接続している。

 建物外観やラウンジ、店内のアートウォールは「切子」をモチーフとしており、フロアの各所にあるアートワークもぜひチェックしてほしい。
iphone6ケース中でも圧巻なのが、6階にある約200坪の「キリコラウンジ」。江戸切子をモチーフとしたファサードで、6階から11階までの約27mの吹き抜けとなっており、モダンにアレンジしたデザインのランタンが天井から吊るされている。
iphone6ケース眼下には数寄屋橋交差点が見えて、開放的な空間で昼も夜も楽しめる。

 待ち合わせスペースとしても活用でき、併設されているラウンジカフェ「数寄屋橋茶房」では、銀座「六雁」監修のモダン和食やドリンクを提供しているので休憩にも使える。
iPhone6ケース シャネル風また、渋谷Bunkamuraとコラボした文化イベントも定期的に開催する。

 屋上にはオープンテラスの「キリコテラス」があり、緑を配した「GREEN SIDE」と、広い水盤が設置された「WATER SIDE」がある。
シリコンiPhoneケース「GREEN SIDE」にはカフェ「櫻ノ茶屋」が併設されて軽食が楽しめる。シンボルツリーであるしだれ桜は内覧会のときはまだつぼみだったが、オープン後には満開となりそうだ。
ルイヴィトンiPhone6ケース「WATER SIDE」では夏はビアガーデンになる。

◆1〜2階 フラッグシップストア

 西銀座通り(外堀通り)の面した約110mの路面部分は、「バリー 銀座店」「キートン 銀座店」「クルチアーニ銀座店」「ハケット ロンドン 銀座」など、ラグジュアリーブランドの旗艦店がずらりと並んでいる。
iPhone6ケースグッチ

○HUNTER(ハンター) 銀座フラッグシップ 1〜2階

 1856年に創設された英国ブランドで、オリジナルブーツやフットウエア、アウターウエア、アクセサリーなどを扱っている。1956年に誕生したアイコニックなオリジナルブーツで知られており、2つのロイヤルワラント(英国王室御用達)を取得している。
iPhone6sケースグッチ日本初出店で世界でも2店舗目となるグローバルフラッグシップストア。

 1〜2階のフロアで展開し、1階はデジタルスクリーンが設置されて、ハンターとかかわりの深い天候などの映像が流れる。
超人気iphoneケースまた子ども用ブーツも1階で取り扱う予定。2階はイングリッシュガーデンを表現した内装となっている。
シリコンiPhoneケースストアのオープンとブランドの160周年を記念して、160足限定の銀座店限定のオリジナルトールを発売する。

◆3〜5階 ファッション、ライフスタイル雑貨

 大人の男女向けの約40店舗が出店。
ルイヴィトンiPhone6ケース東急百貨店として初めてファッションに特化したセレクトストア「HINKA RINKA」も3〜5階の3フロアで展開する。

○HINKA RINKA(ヒンカ リンカ)3〜5階

 大人の女性のさまざまなシーンにフォーカスした東急百貨店のセレクストア。
iPhone6ケースヴィトン風3階はファッション雑貨、アパレル、コスメ、バイヤーセレクトによる自主編集売場などがある。4階は約60ブランド、1000足を超えるシューズを中心としたフロア。
シリコンiPhoneケース5階はアパレル、雑貨、フードのミックス編集のフロアになっている。

○marumasu(マルマス) 3階

 @DIMEでも染色体験ツアーに参加させていただいた、1901年創業の老舗染色工場「丸枡染色」のストールブランド「marumasu」初の直営店。
ルイヴィトンiPhone6sケース東京友禅の伝統を継承した製法と、現代美術から着想を得た幾何学的なデザインで、国内外から高い評価を得ている。銀座店では大人の女性向けストールアイテムを中心に揃え、パリの高級百貨店「ボンマルシェ」で大好評の男性向けのストールも日本で初展開する。
ルイヴィトンiPhone6プラスカバー

 銀座店限定商品は「SILK CASHMERE GAUZE SERIES 銀座店限定カラー10枚」。とろけるような風合いで超大判でもふんわりと軽く、シルクとカシミヤの絶妙な配合と巻き方を変えることで1 年通して寒暖の差に対応できるストール。
iPhone6ケースグッチ

 また、パリで発表され世界で賞賛を浴びた新商品「RAMIE GAUZE SERIES」も先行販売する。最高等級のラミー(苧麻)の300番手という超極細を旧式シャトルで低速で丁寧に織り上げたもので、麻とは思えない柔らかな肌触りと薄く透ける美しい色彩が特徴。
ルイヴィトンiPhone6ケース汗を吸ってもすぐ乾くので夏場のU V 対策や冷房対策にも。

○SIKIRO NEW YORK(シキロ ニューヨーク) 3階

 ニューヨークを拠点に活躍するフラワーデザイナー・Kenji Takenaka初となるブランド。
iPhone6ケース シャネル風Takenaka氏は日本人として初めてカーネギーホールの舞台装飾を飾り、デパートのメイシーズの「アメリカのトップ・フローラル・デザイナー」6名の一人に5年連続で選出されるなど、NYセレブの顧客たちから高い評価を得ている。Takenaka氏のアイコンともいうべき、セルフカラーグラデーション(単一色グラデーションのフラワーデザイン)を日本でも楽しむことができる。
シリコンiPhoneケース

◆6〜7階 FIND JAPAN MARKET

 日本の丁寧なものづくりの逸品を集めたフロア。こだわりを持つ本物志向の大人や、訪日観光客に向けたファション、雑貨のマーケット。
iPhone6ケース シャネル風ところ、インドの携帯電話市場でアップルがいかに苦戦しているかを伝えるニュースが目に付く。値段が高いことが原因だというのだ。
シャネルiphone6 ケース一方で、アップルの最大のライバルであるサムスンは、同国では最多の販売台数を誇るメーカーとして「もてはやされている」という。

調査会社カウンターポイント(CounterPoint)によると、2016年2月末時点でのインドの携帯電話市場に占めるサムスンのシェアは30%、アップルはわずか2%だ。
ルイヴィトンiPhone6ケースさらに、別の調査会社GfKによれば、同国の携帯電話市場のシェアを金額ベースでみると、サムスンのギャラクシーJ2とJ5、J7の3機種だけで、全体の20%を占有している。

サムスンはまた、先ごろ「Sバイク」モードという新機能を導入。
iPhone6ケースグッチインドでは二輪自動車を利用する人が多いことから、電話をかけてきた相手に対し、運転中で応答できないことを通知してくれるサービスだ。

インドのネット通販大手フリップカート(Flipkart)のサイトで携帯電話の値段を確認してみると、アンドロイド搭載のサムスンのスマートフォンは、最安値が「ギャラクシー スタープロ」の約81ドル(約8,843円)。
iPhone6sケースグッチ最も高価な機種は、約960ドル(約10万4,800円)の「ギャラクシー ノート5」だ。

一方、同サイトで販売されている最も安価なアップルのスマホは、284ドル(約3万1,000円)の「iPhone 4s」。
iphone6ケース最高値は「6S Plus」の1,212ドル(約13万2,300円)だ。

比較は意味がない

インドの人たちは階級意識が非常に強く、身分にこだわる。
iPhone6ケース香水風富裕層が自分の家の使用人や運転手、ココナツジュースを売る露天商と同じ携帯電話を使うことがあるだろうか?──ありそうもないことだ。そして、この点にこそ、アップルとサムスンの大きな違いがある。
シャネルiphone6 ケース

どこかの家のお手伝いさんや運転手、露天商がサムスンの携帯電話を手に歩いている様子を目にすることは、珍しくない。だが、こうした人たちがアップルのスマホを持っているところは見たことがない。
グッチiPhone 6 ケース

つまり、アップルがサムスンに比べてインドで苦戦していると書いている記者たちはきっと、インドに行ったことがないのだろう。あると主張する人がいたとしても、タージ・マハルまで往復したくらいで、ほかは大してどこも見ていないのだろう。
iPhone6ケース香水風

地元のアナリストやライターたちは、あるいはインドが階級社会であることを熟知している人たちは、両社の現状についても、よりよく理解しているに違いない。

○SIWA Collection(シワ コレクション) 6階

 和紙産地の山梨県市川大門の和紙メーカー「大直」が、工業デザイナーの深澤直人氏と共に作ったブランド「SIWA|紙和」初の旗艦店。
iPhone6ケース シャネル風深澤さんは大直が開発した破れない障子紙「ナオロン」をくしゃくしゃにすることで新しい風合いを見いだし、素材感を生かしたバッグや小物などを発表している。紙素材とはいえ、10kgの重さに耐えられ、雨に濡れても破れないなど、従来の紙のイメージを覆す製品だ。
iphone6ケース素材が軽いので、いろいろと持ち歩いてしまうタイプの人にはトートバッグやブリーフケース、バッグ スクエア ショルダーなどがおすすめ。国内外のデザイナーとコラボして漆と和紙を組み合わせた柄もののシリーズも興味深い。
iPhone6ケースグッチ
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/thjdfef/index1_0.rdf