日当たり 

November 06 [Sun], 2016, 19:11
南に掃き出し窓があったとしても一つだけではリビングは暗くなってしまいます。

南向きは確かに日当たりがいいとされていますが、日中真上から射す光は部屋の奥まで取り込むことはできません。

おすすめなのは東側にもう一つ窓がある家です。

こうなると西でもいいのではと思う方もいらっしゃいますが、直射日光の西日はまぶしすぎてとても生活しづらく結局カーテンをしてしまうことになるでしょう。

一戸建てを探す際のヒントにしてみてください。

おすすめはこちらです。

断熱のバランス 

October 04 [Tue], 2016, 23:20
ウレタンやポリスチレン断熱材を合板や特殊な紙でサンドイッチしてつくられたパネルを、柱と柱の間にはめ込みます。

そうしますと、断熱ラインが柱で途切れることになる上に、パネルをスムーズに柱の問にはめ込むために用意された隙間で断熱性能が落ちることになり、断熱のバランスがあちこちで崩れてしまいがちになる内断熱工法の欠点から抜け出せません。

また、もっと簡単なものとしてはウレタンやフェノールフォームを吹き付ける方法もあります。


ビニールハウス 

September 04 [Sun], 2016, 20:03
外断熱の何よりもよい点は、床下、壁の中、屋根裏にも結露が生ずるような温度差ができないことと、断熱材そのものが水や湿気に強いので内断熱工法のように防湿層を設ける必要がないことです。

つまり、ビニールハウスにはならないのです。

この一点に絞っても、外断熱工法を選択する価値は十分あります。

綿状断熱材は使いたくない、しかし外断熱をするのはめんどうだ、という考えから、パネルを用いる工法がいろいろと登場しています。

ローン控除 

August 09 [Tue], 2016, 10:50
土地購入から二年以内に建物を建てないと、土地購入時に利用した住宅ローン分はローン控除の対象にならないという問題もあります。

その場合でも建物に関するローンは当然対象になりますが、結果的にローン控除額が減ってしまうので注意が必要です。

土地購入が無事にすめば、次は建物をどうするか。

その際には設計事務所に依頼して設計、工事の監理をしてもらう方法、工務店に頼む方法、住宅メーカーに頼む方法など複数あります。

設計事務所に依頼する場会には、通常はその設計事務所と息の合った工務店に建築を依頼することが多いようです。

総合的に考える 

July 22 [Fri], 2016, 23:20
土地を買うときには、1.全額自己資金で買う2.公庫までのつなぎとして銀行ローンを利用して、公庫融資実行後に銀行ローンは一括返済する3.当初から銀行ローンを利用して、建物建築時にローンを同じ銀行で一本化するといった方法が考えられます。

いずれにしても、建売住宅を購入するのに比べると面倒な作業になるのは間違いありません。

しかしだからと言って注文住宅をやめるという考えは危険です。

もっと総合的に考え、注文住宅か、建売り住宅かを選択しましょう。

公庫融資 

June 09 [Thu], 2016, 22:04
いい土地が見つかれば、契約になりますが、その時点では住宅金融公庫の融資は利用できません。

公庫融資はあくまでも住宅への融資であって、土地購入は対象になりません。

ただし、土地を買ってから約二年以内に家を建てるのであれば、建物と同時にすでに買ってある土地の融資分を合わせて申し込むことが可能です。






バリアフリー住宅=誰にでも住みやすい住宅 

August 06 [Thu], 2015, 14:22
高齢者=バリアフリー住宅=車イス住宅と一直線に並んでしまいそうですが、年をとったからといって必ずしも車イスに乗るようになるとは限りません。

もちろん体力は衰えますし、高齢による共通した身体の変化はあるにしても、それもかなり個別に症状がでます。

バリアフリー住宅=誰にでも住みやすい住宅」

その視点から、本人の思いと、身内の見る目、また第三者の判断との相互のバランスをとることが必要でしょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Pちゃん
読者になる
2016年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30