SNS 

December 06 [Sun], 2015, 10:44
SNSをやってない若者ってもう少数派だろう。
私は、SNSは意外にも大きい不幸を若者にもたらしたのではないかと思っている。

人間というのは、正直他人にそこまでの興味を持たないものだろう。
フェイスブックでいいね!のやり取りをするのは、相互の承認欲求を満たすための、いわば傷のなめあいという側面もあるはずだ。

そこで満たされれば、終わりというものではなくて、承認欲求というのは無限に増殖するのだ。
もっと見てほしい、もっと認めてほしい。

なんにも面白くない内容を飽きずにアップするyoutuber 気取りも続々と増えている。

古臭い考えかもしれないが、私は、一度、若い時には、自分は何にもできない、という苦い現実を
見るべきなんじゃないかと思う。

自分の無力さを知って初めて、人は何者かになるために本物の努力を始めるのじゃないかと。

だから、気軽に味わえる、自分は人に認められるべき人間だという安っぽい自信をSNSでいただいて
カッコつけて満足している人間が、なにか本気になってどうにか成長しようと頑張るというのは、
あんまり期待できないと思う。

もちろん、現実を見るのは怖いし、逃げ出したくなるけれど、放り出したままでいいんだろうか。










P R
プロフィール
2015年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる