移転します! 

November 28 [Mon], 2005, 23:07
突然ですが、移転いたします。
新しいブログはYUKANZUでチェックしてください☆

シュールなサイパンダ 

April 04 [Mon], 2005, 1:45
池袋サンシャインでやってたダイビングフェアに行ってきました。1日の飲み会にいたお姉さま方が行くというので。北マリアナ(サイパン)のブースの前でかなり邪魔な集団になってました(笑)サイパンダがいたので、写真を撮っていたのですが、MSCのトシさんが勝手に撮っていた写真がコチラ



シュ、シュールなんかかわいそうになってきた。

会場を後にして、みんなでお茶しました。飲み会ではゆっくり喋れないので、すごく楽しかった〜☆ちょっとした計画も立てたしね。

Saipan 2005年3月 No.2 

March 23 [Wed], 2005, 23:54
はい、回遊魚のゆかりです。海のなかでもノロノロするのはキライらしく、一緒に潜っている人たちが止まっていて、何をしているかわからないとき、止まっていられないんですよー。で、回遊魚と呼ばれちまいました(苦笑)しかもウェイトが重い(わかってたんだけど)ので、ガンガンぶつかってるし。しっかり指摘されてしまいましたねぇ。。。なので不名誉な回遊魚を脱するべく、気をつけておりました。団体さんと一緒だったので、いつも以上にあまり動かないし、気が付くと他の人のフィンが目の前にあったりして恐ろしいので(笑)、とにかくボーーーッとすることにして、こういう人をじーーっと観察したりしてました。(たぶんこれはハゼの仲間ではないかと思われます。)良く見るとウィンクしてるように見えるの。


でもあまり動かないので、とにかくいつも寒いなぁーと思いながら潜ってました。ちょっと風邪気味だったこともあって、サイパンが暑くなかった(笑)冬場は風が強いみたいなので気温は高くてもあんまり暑くなかった。

今回は、今まで潜ったことがなかったディンプル、イーグルレイシティ(エイがいっぱいいる)にも行きました。イーグルレイシティでは、一緒に潜った団体さんのお1人の何本だったかの記念ダイブでした。サイパンへ行くたびに、誰かしらの記念ダイブに遭遇してます(笑)微妙な海況でもなんとか潜れる天候遭遇率と、記念ダイブ遭遇率はやたらと高いです。カメ遭遇率も高い気がする。

で、3泊目4泊目は実は杏のところに泊めてもらいました。わたしの泊まっているホテルに泊まりに来るって話もあったんだけど、杏は勉強もしなくちゃだったので私が泊まりに。お店の寮なんだけど、結構広くてビックリ。ゆかんずでそこにいるのはなんか不思議な感じでした。
そうそう、そして夕ご飯を食べに連れていってもらった帰りに、アイスクリーム屋さんにも連れて行ってもらったの。甘党のshunさんが「アイス食べたくない?」と言い出し(笑)、閉店時間オーバーなアイス屋さんでゆかんずも食べてしまいました。量が多かったけど美味しかった☆閉店時間オーバーしてるのに追い出さないゆるさがステキ(笑)

Saipan 2005年3月 No.1 

March 22 [Tue], 2005, 22:27
14〜18日は5回目のサイパンでした。今回は今行かないといついけるかわからないという気持ちから半ば無理矢理行きました(笑)初めて個人手配で。相方の杏さんが、13日からサイパン潜水修行に行くことになっていたので、せっかくならそのときに行こうと思ったのでした。
14日の夕方、成田発名古屋セントレア経由のNWで、現地の夜中2時頃着(1時間遅れました)。翌朝は7:45にMSCのお迎えが頑張って飛行機で寝たかいあって、割とスッキリ起きました。YUKANZUを良く見て下さっている方々には有名な(笑)shunさんには、「若いね〜」との評価をいただきました
で、MSCへ行くと、相方がいました。こうやって会うと不思議です。でも修行中の杏とは別行動で、わたしはボートへ。杏さんは体験ダイビングについて行ったのかな、たしか。午前中のダイビングから帰って午後は杏さんのレスキュー講習のお手伝い。救助される人(笑)。それまでの時間、わたしは昼寝。杏さんはちゃんとお勉強してました!スタバPTR Tシャツを着て。


お勉強の甲斐あって、その後、レスキュー合格してました!!良かったー。死た・・・じゃなくて救助される人役をやって良かったですよ。ほんとに救助される人になりそうになりながらでしたが(笑)
16日にはラウラウビーチでのファンダイブについてきて、一緒に潜りました。

杏さんの後ろに写っている方たちの仲間7,8人がこの日から一緒でにぎやかでしたー。夜は夜でまた面白かったのですが、それはまた後で。

私が行ったとき、3日目なのにすでに帰りたくなっていたようですが(笑)、きっと頑張ってくれるでしょう。

生存報告。 

March 18 [Fri], 2005, 23:15
サイパンから帰ってまいりました!
滞在中のことはまた後で書くとして、帰りの飛行機のことだけ書きます。ニュースにもなっていたみたいだけど、乗っていたNW75便が乱気流で一瞬無重力状態になったNWのCAが3人くらいふっ飛んで、1人は首を打ったとかで着陸までうずくまったまま。わたしが座っていたのがCAがドリンクとかを運び出す部屋みたいなところの近くだったんだけど、棚から物がバラバラ落ちて、ジュースもふっとび、凄かった!CAもびびりまくり、大騒ぎ。よっぽど乗客の方が落ち着いてた(苦笑)
ま、そんなこともありましたが、とりあえず無事に帰り着きました。
ニュースになった内容はコチラ。

Paris 1人旅 vol.5 

February 09 [Wed], 2005, 0:31
2/1  あっという間に帰国日。迎えが15時近かったので、チェックアウトしてからお土産探しへ。オペラ座近くのデパートはかなり充実してる。歩ける距離なので、帰りはホテルまで歩く。生活感のある通りで楽しかった。
そして一度ホテルでパッキングしなおして、近くのトルコ料理屋さんへ。なぜパリでトルコ料理かっていうとそういうお店がたくさんあって、おいしそうだったから。ムサカというプレートを注文。オムレツとクスクスかなぁ?なかなか美味しかった。お店のおじさんは「日本人?」そう「アリガト、サヨナラ」と言ってました(笑)ありがちですが。
そして迎えが来て、CDGへ。すごーく早く着いてしまい、出発まで3時間半(笑)暇でした。風邪もかなりひどくなっていて、飛行機も辛かった。そして1人旅も終わりましたとさ。

この日の写真はこちらLINK

☆1人旅振り返り。☆
風邪のせいで夜はおとなしくしていたけど、とりあえず行きたかったところには行けて、楽しめたので良かったかなぁと思います。もっと時間をかけて観たかったかも。そして意外にも、全てが大味な感じがして、そこまで街自体への魅力は感じなかった。古いものを大事にしているのは素敵だけど、住みたいとは思わなかった。でもまた行きたいところではあります。もっとあたたかいときに、是非(笑)

Paris 1人旅 vol.4 

February 09 [Wed], 2005, 0:05
1/31  音楽博物館(コンセルヴァトワール)が休みだとわかり、予定を変更。2つ目の予定だったモンマルトルへ。地下鉄でサクレ・クール聖堂の最寄り駅へ。「アメリ」にも出てきた木馬のある広場からケーブルカーで聖堂前の高台へ上がる。聖堂の中はマドレーヌとはまた違い、地域密着型という感じ。ドームのキリストのモザイク画が素敵でした。写真は禁止だったけど、祈りの場だったので納得。サクレ・クールを出て、しばらく街を眺めてからエスパス・サルヴァドール・ダリへ。グニャグニャの時計のダリのギャラリーです。入り口をでっかいシェパード2匹に占領されつつ、中へ。ダリの声が響く(すでにシュール!)館内で彫刻、オブジェ、絵を見る。意外にも「不思議の国のアリス」「トリスタンとイゾルデ」「旧約聖書」なんかがモチーフになっていて面白い。その後エリック・サティの家を見ながら街歩き。そしてレ・ドゥ・ムーラン(アメリのカフェ)へ。お昼だったので、ヤギチーズの載ったトーストのサラダとクレームブリュレを注文。メニュー(仏語)のヤギの意味がわからなくて、カッコイイウェイターさんに聞くと、トサカみたいなジェスチャーをしたので「chicken?」って聞くと、「違うけど、コレおいしいから!」と言われたので頼んだ(笑)でも待っている間に調べるとヤギ。「英語でgoatだったよ」って言ったら「そうそう!」。なんつー会話だ(笑)ヤギチーズもクレームブリュレも美味しかった!
ゴッホの家をちらっと見て、凱旋門まで地下鉄で。頂上から街を眺めて、シャンゼリゼをコンコルド広場まで歩くことに。ヴィトンのデコレーションは記念撮影ポイントになってました。シャンゼリゼはやっぱり華やかです。コンコルド広場から地下鉄でポンピドゥー芸術文化センターへ。外観を撮り忘れたけど、かなり近未来的な建物です。ここは近代美術館が入っているのです。ブラック、ピカソ、マティス、レジェ等々、大学の近代芸術の授業で見ていた作品がたくさんあって、面白かった。レジェのバレエ・メカニーク(映像作品)もあって、興奮(笑)ミュージアムショップもNewDesignParadise(フジテレビの番組)みたいで面白い。風邪が悪化してる頭には、近代芸術は辛いものもありましたけど(笑)

この日の写真はこちらLINK

Paris 1人旅 vol.3 

February 07 [Mon], 2005, 21:31
1/30 今日はヴェルサイユ半日観光。朝からみぞれ混じりの雨で非常に寒い。ヴェルサイユはルイ14世を太陽神アポロンになぞらえて作られた宮殿。ギリシャ神話を基にした天井画が各部屋にあり、もちろんアポロンはルイの顔(笑)ヴェルサイユに数分いたら、すぐにルイ14世の顔は憶えられます。少々ウンザリしますが。鏡の間は2/3が工事中だったけど、とにかく全てゴージャス。ガイドの人も言ってたけど、“無”というものが本当にイヤなのねって感じ。隙間があったら飾る(笑)。それに大理石の広い部屋じゃ、さぞ寒かったろうと思った。数ある宮殿の中でも今暖房が入っているのはヴェルサイユとあといくつかしかないらしく、それでも寒いのに、昔は寒かったでしょう。ちなみに暖炉の薪を燃やす辺りから温風が出てます(笑)最後の30分は庭の散策。噴水もお花も冬場だから無かったけど、とにかく広い!
午後はオルセーへ。セキュリティチェックのせいで長〜い列が。冷たい雨の中、並んで入る。モネ・ルノワール・ゴッホ・ボナール・ロダン・・・昔駅だったところに絵画と彫刻が並ぶ。祝典の間というところは、宮殿のような部屋に彫刻がずらり。絵画も充実してるけど、アールヌーボーのインテリアのコーナーが意外と面白かった。帰りにミュージアムショップ(美術書がすごく充実してる)でボナールの画集を買う。実はボナール好き(笑)。
帰りに吸い込まれるようにマドレーヌ寺院へ行った。日曜の夜のミサ中で、雰囲気に圧倒された。信仰心とかではないけれど、今ここにいられることを感謝したくなった。演奏会へは行けなかったけど、パイプオルガンが鳴り響くのが聞けたのは良かった。
なぜかこの日はモテモテでしたー(意味不明 笑)
この日の写真はコチラLINK

Paris 1人旅 vol.2 

February 06 [Sun], 2005, 23:00
1/29 夜中の3時ころに近くの部屋の人が帰って来て、大騒ぎをしながら歩いていて目が覚める。朝食付きなので、まだ外が暗い中7時半ころからクロワッサンとバゲットとフルーツの簡単な朝食を食べる。8時を過ぎるころからやっと明るくなり始める。9時前にルーヴルへ向けて出かける。地下鉄でパレ・ロワイヤル・ミュゼ・デュ・ルーヴル駅へ。ピラミッドから中へ入る。日本語の案内をもらい、カルトミュゼを買いに行く。カルト・ミュゼは色んな美術館・博物館などに入り放題のチケット。3日用を買ったが、このせいで後で余計に大変な思いをすることになるけど、それはまた後で。
リシュリュウ翼から入って地下階のマルリーの中庭・ピュジェの中庭の彫刻を見て、フランス彫刻を見て歩く。
「ルーヴル美術館の秘密」っていう映画で吊り下げられていた天使がいないかと見ていたが、見当たらなかった。歴史上の人物の像がたくさん並んでいる。案内図を見ながら歩いていると、ナポレオン三世の居室と7月王政の部屋があったので見に行く。ナポレオンの居室は食堂やサロンのようなところがあって、とにかくゴージャス。いたるところがフカフカキラキラ。隙間というものがない。楽しみだったエジプトコレクションへ。目的はカバ(※写真参照)との再会(笑)。彫刻だけじゃなく、神殿の柱まであって、楽しみだったのになぜか凹む。ミイラ棺コレクションとかちょっとやりすぎ。
お昼を食べたあと、今度はデュノン翼から入ろうとミュゼを取り出そうとすると・・・ない。はいなくしましたー。ショックを受けつつ一応案内で聞くが、ない。仕方ないのでチケットを買いなおし、サモトラケのニケ、モナ・リザ(小さいし、画面が結構暗かった)を見て、再び絵画などを見て終了。時間があれば何日もかけて見た方がいいね、これは。
足が疲れたけど、これで帰るわけにはいかないので、オペラ座へ行くことに。リハ中でホールの中は見られなかったけど、大階段やグランド・ホワイエだけでも興奮ものです。あーやっぱりチケット予約すれば良かったな。次回は是非。
写真はコチラLINK

Paris 1人旅 vol.1 

February 04 [Fri], 2005, 23:18
1/28 成田空港からANAでフランスのシャルル・ド・ゴール(CDG)空港へ。定刻を25分程遅れて出発。飛行機で12時間。食べて寝ての繰り返しで疲れる。そして結構揺れる。遅れて出発したのに40分も定刻より早くCDGに到着。飛行機を降りた瞬間、“外国の匂い”がした。薄暗く寒そう・・・。
送迎付きツアー(ホテルとエアだけだけど)なので迎え待ちをしていたんだけど、約束の税関出口に迎えがいない!・・・と思ったら近くではあるけど、出口じゃないところにいて、軽くキレる。が、怒れるほど英語は使えないし相手はフランス人なのでやめた。そして車の中では、4人組の大学生らしい女の子たちが、ずーーーっと喋り続け、イライラしまくり。・・・若いね(苦笑)そんな感じでホテルへ。部屋へ行くと狭くて暗めで、一気に心細くなる(笑)とりあえず荷物を広げ、MDをかけようかと思って電源とかスピーカーとかつなぐも変圧器を使っても使えないことが判明。ショック。仕方がないので気を取り直して、水と歯ブラシ(忘れた)を買いに行く。小さなマーケットにはハブラシがなくて、どこに売ってるかと考えて薬局へ行ってみる。すると売ってた。良かったーー。冷たい雨と疲れで食欲もなかったので、早めにホテルへ戻る。MDは使えないので、音楽代わりにテレビを付けてのんびりする。お湯はいつでも1階のレストランでもらえるので、お茶とスタバのタンブラー(マグカップ代わり)が役立った。

写真はコチラLINK
P R
ワーキング☆ガールとは?
ゆかりとあんずのコラボレーティブサイト『YUKANZU』のゆかりのブログです★『YUKANZU』にもぜひ遊びにいらしてください!


ゆかり+あんず=ゆかんず
       についてはコチラ
MyblogList
カテゴリ
http://yaplog.jp/think-aloud/index1_0.rdf
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:think-aloud
読者になる
Yapme!一覧