【 更新情報 】

スポンサードリンク









塩分濃度と食品の関係

塩分濃度に注意していますか?最近は塩分摂取量の多い方が増えているため、塩分濃度を常に気にしながら生活する必要があります。

また、日本人は、しょっぱい物を好む傾向にあり、その一つに「しょうゆ」をよく使うことが挙げられます。しょうゆの塩分濃度は、キッコーマンのサイトによると、海水の約5倍にあたるそうです。しょうゆをあまり使い過ぎてしまうと、メタボリック症候群のような病気を発症してしまうこともあります。塩分濃度と食品は深い関係にあり、人間の健康面に多大な影響を与えるものなのです。

また、塩分濃度は食品に限らず、他のものでも計算することができます。例えば、海水です。海水を飲むとしょっぱいと感じるように、海水にも塩分が含まれています。海水の塩分濃度は約3%と言われています。しかし、死海になるとさらに高く、30%の塩分濃度になるということです。

塩分濃度計

塩分濃度を測るには、塩分濃度計という専門の器具を使います。塩分濃度計は「楽天市場」などの通販サイトで購入することができます。つまり、一般の方でも簡単に測定することができるのです。

塩分濃度計の単位は、0.1%単位で測ることができます。楽天市場の通販天国から販売されているデジタル塩分濃度計は、料理に塩分濃度計を入れて5秒で測定することができます。しかも、塩分濃度のみならず、「からい」、「ふつう」、「うすい」という味の加減まで6段階に分けられて表示されるようになっているため、料理を作る際にも役立ちます。

塩分濃度計は、電化製品販売店などで購入することもできます。「Amazon」で言うと、塩分濃度計は家電・カメラの項目に分類されています。形状はデジタル体温計に似ており、軽く、小さいものです。また、価格は各メーカーやサイトによって異なりますが、7,000円くらいのものが主流です。

また、塩分濃度は食品すべてに対して測定する必要があるものです。日本人の好物とされるラーメンの塩分濃度も高いと言えます。ラーメン店でも、塩分濃度計が使われている店舗もあるようです。

塩分濃度の一覧表

塩分濃度の一覧表があると、わざわざ塩分濃度を食品ごとに測定する手間も省けるため、大変、便利です。塩分濃度の一覧表は、インターネットで探すことができます。

「栄養素別食品一覧」というサイトでは、梅干が最も塩分濃度が高い食品として挙げられています。それから、塩辛も塩分濃度が高い食品です。意外なところに、豆板醤も塩分濃度が高いものとして挙げられています。

特に、塩分濃度の変動が激しい料理としては、味噌汁が挙げられます。味噌汁の味加減は難しく、毎日作っていて慣れている人であっても、微妙に塩分濃度が変わってしまうことがあります。同様に、汁物は水加減によって塩分濃度が高くなってしまうことが多いため、注意した方が良いでしょう。

醤油の塩分濃度は約16%で、うすくち醤油ではさらに濃い19%になります。それから、味噌の塩分濃度は赤味噌や白味噌、それから、豆味噌や麦味噌などによって、多少、異なりますが、平均して11%と言われています。味噌汁にすると味噌の塩分濃度は薄まり、約1%の塩分濃度となるようです。また、赤味噌よりも白味噌の方が塩分濃度は低いと言われています。
P R
カテゴリアーカイブ