THE.TABOO(ザ・タブー) 株式会社リードシステム

February 27 [Sun], 2011, 15:09
THE.TABOO(ザ・タブー)

【競馬の神様】大川慶次郎が身内だけに残した禁断の投資馬券術「THE.TABOO(ザ・タブー)」


下記より購入し簡単な感想を送るだけで最大15000円還元されます!
【競馬の神様】大川慶次郎が身内だけに残した禁断の投資馬券術「THE.TABOO(ザ・タブー)」



もしも貴方が競馬を少しでも知っているならば、大川慶次郎という名前くらいは聞いたことがあるでしょう。そう、多くの競馬ファンやマスコミから「競馬の神様」と呼ばれた20世紀最大のスーパー予想師です。

そもそも「競馬の神様」と呼ばれるようになった由縁は、1961年の東京競馬場でパーフェクト的中(11レース全て的中)するという記録を達成したのが始まりだと言われています。

そして、このレース的中後に知名度は飛躍的に向上し、多くの競馬ファンやマスコミが大川慶次郎氏の予想に注目するようになったのです。

ちなみに、この時代の競馬は6枠連単(枠番を着順とおりに当てる)という現行の8枠連複よりも難易度の高いシステムでした。つまり、大川慶次郎氏は、全レース着順とおりに的中させたというわけです。まさに“神”ですよね。

しかも、大川慶次郎氏のパーフェクト達成はこれだけでは御座いません。公に出ているだけでも生涯4度のパーフェクトを達成しています(公開予想)。つまり、普通の人では一生掛かっても出来ない神業を、大川慶次郎氏は4回も達成しているのです。

また、大川慶次郎氏は日本短波放送の解説者としても活躍し、遂にはホースニュース社と予想家契約までも交わしています。その際、予想家として初となるパーフェクト的中を達成したわけです。

更に、1994年に競馬専門紙ケイシュウニュースを勤め上げた後は、フジテレビ「スーパー競馬」の解説者として、日刊スポーツの専属予想家としても活躍されていました。また、1981年に設立した競馬予想会社ホースメン会議の監督もお亡くなりになられるまで勤め上げています。
【競馬の神様】大川慶次郎が身内だけに残した禁断の投資馬券術「THE.TABOO(ザ・タブー)」

このように予想家としての実力が世に広く認められ、各方面でご活躍されていた大川慶次郎氏ですが、勿論その間、本業の予想家としての偉業も成し遂げています。

例えば、大川慶次郎氏の死から五日後に行われた有馬記念では、生前に本命として挙げていたグラスワンダーがスペシャルウィークを退け、「生前最後の予想」も的中させてました。まさに死後も競馬の神様だったわけです。

また、予想といえば馬そのものだけがその対象だった時代に「展開」というファクターを新たに生み出したのも大川慶次郎氏です。今では、多くの予想家、競馬ファンがレースを予想する際に、当り前のように「展開」というファクターを重要視していますが、その当たり前を作り上げたのも競馬の神様と言われた大川慶次郎氏だったのです。

競馬に限らず、ギャンブルの情報というものは、その情報提供者の身元を隠すような怪しいものばかりですが、本情報は競馬予想界の最高峰である大川慶次郎氏による本物の極秘情報です。ですから、他のインチキ競馬情報と一緒にされては困ります。

また、当然ですが、他で流れている情報の流用、非現実的な手法紹介等は一切致しません。正真正銘、ここでしか明かされない価値ある情報です。

現在、過去の数字を並べて儲かる気にさせるだけの詐欺的投資競馬情報が氾濫していますが、この情報はそういった類のものとは一線を画します。文字とおり、競馬界のタブーに触れる内容です。これは情報提供者の大川慶次郎氏とその身内、或いは極一部の競馬関係者しか知らないことであり、競馬で「常勝」に近づける手法になります。

「大川慶次郎さんの本なら何冊も読んだよ」

という方も大勢おられるでしょう。ですが、ここで明かされる内容は、簡単に一般公開出来る内容では無いため、過去の著作物では一切明かされていません。ですから、大川慶次郎氏の本を読んだことがある方も、初めて目にする衝撃の手法だと思います。




ロトオーブ
Odds-Balance
わずか3点買いで、穴馬券を毎週コンスタントに当てる方法【穴馬アナライザー】
【競馬の神様】大川慶次郎が身内だけに残した禁断の投資馬券術「THE.TABOO(ザ・タブー)」
【投資KEIBA】三連単・三連複万馬券予想ソフト:ハヤブサ・ダービーII
ロト6予想ソフト【プレミアムLOTO】
プレミアムLOTO