stuff 

June 20 [Wed], 2007, 2:05
裸足

尖った私の言葉を
そのまま受け取らないで
鋭く睨む私の目に
そんな風に怯えないで
私の狂った感覚が
私から全てを奪っていく

素直になればいいと微笑まれ
不安になればいいと言われて
ありのままの私が目を覚ませば
あなたはうんざりして
約束も声も無くなってくじゃない?

裸足のまま歩き続けて
傷だらけになって
何処へ行くのかわからない

裸足のまま走り続けて
倒れこんだら
何に寄り掛かればいい?

汚れた私に雨を
痛みも涙もこの血も洗い流して

私の歪んだ夢と理想を
重く受け止めないで
愛に飢えた私の声から
お願い、逃げないで
せっかくここまで這って来たのに
今更何を責めたらいいの?

甘えていいと囁いて
泣いていいと抱きしめられても
嘘つきな私はまた怖くなるから
あなたさえも信じられなくなる
それなら何を忘れなくなる前に消えてしまえばいいでしょう?

裸足のまま身を潜め続けて
闇からは逃げられないことくらい
最初からわかってたの

裸足のまま茨の迷路を迷い続けて
鏡がそこら中にあって
私だけがこっちを向いてる

何を纏っても綻んでいく
何を手にしても壊していく
誰に囚われても繕ってしまう
誰彼構わずに試してく私は
このまま何も持たなければいい
何も愛さなければいい

裸足のまま生き続けて
独りでずっと泣いて
今日もまた走馬灯を夢見続ける

私はこのまま存在続けて
何を証明したらいい?
明日もまたこの体を痛め続けるでしょう

諦め続けて
無駄に息をして
私はまだ裸足のまま

幾度もの修羅場 

June 19 [Tue], 2007, 1:29
ずーーーーーーーーっと誰にも言わなかったけれど

今の彼女、昔の彼女だった彼女は好きだけど
愛してはいない。

ノリで付き合ったわけじゃないのに
好きで付き合い始めたわけでもないことは
初めからわかっていたし
きっとあっちも気づいてはいたと思う。

口だけで
言葉だけで繋がっていた。
無理やり想いも同じようにしようと
相手と同じように感じてるようにしようと
何してたんだろ。


彼女を救えると想ったのか?
彼女と居る方が
一人よりも楽になるとでも想ったのか?


孤独に打ち負かされるよりいいと思ったのなら
大間違いだな。

今じゃ重荷になりたくないと想いながら
彼女が重荷に感じてしまう。

それでも
彼女が辛いのなら
その痛みや苦しみがなくなるなら
ぼくが何かできることがあるなら
それが無くなるなで頑張ろうって思えた。

それなのにもうだめみたいだな。

土曜日に答えを出す。

待たなくても別れるだろうな。

というか別れたい。

ごめんな。

あなたには 

June 18 [Mon], 2007, 19:22


はじめからわかってたことの
一番口にしたくなかった気持ち
いつかは夜明けと共に
嘘も闇も消えていくなら
ぼくもあなたの空から居なくなる日が来るなら

あなたに愛されたこと
どんな言葉もあなたが囁けば
孤独を忘れられた

あなたを愛してなかったこと
どれくらい後ろめたくても
あなたが微笑んでくれたから

あなたが幸せになれるなら
それでいい
あなたはそのままがいい

あなたが誰かのために生きていけるなら
それがいい
あなたには誰が必要

無題 

June 17 [Sun], 2007, 3:55
しょうもないことしてると誰かに言われれば
目を合わせることもできずに立ち去る
それしかできないから
それが本当のぼくだから
逃げることになっても
もうあなたには近づかない

誰を思って悲しむより
誰と居て苦しむ方がもっと辛いことわかってたのに

きっとあなたを裏切ることがあるとするならば
ぼくだろうか?
あなたを信じることも
この身を捧げることもできない
きっとあなたと最後を共にするならば
ぼくは生まれて来なければよかったんだろうか?
あなたを愛することも
愛されることも
何もぼくはできなかった

きっとあなたを裏切って生きていく

ぼくの雲 

June 15 [Fri], 2007, 22:29
ぼくの雲

いつから始まったのか忘れるほど
迷い込んだ瞬間は遠い彼方
途切れた糸は立ち去ったあの人との絆
もう立ち直れないと思った

いつの間にか絡みついて取れないくらい
信じて裏切られた心の内
全て打ち明けて頼ったあの人への思い
もう何も残ってないんだ

きっとこんな不安はいつまでも消えていかない
ぼくは生きててもいいの?
ずっとそんな風に歩いていく誰かを見ない振りして
ぼくは諦めればいいの?

雲が晴れたなら
もう一度信じよう
独りで生きていくそれもいいね
雲が道を開けば
もう二度と自分を傷つけないと約束しなくてもいい
もう一人にならなくてもいいね

もうさ。 

April 05 [Wed], 2006, 23:03
もうさわからないよぉ。

何をしたらいいのかわからないよぉ。

それだけだけど

重いんだぁ。。。

 

March 04 [Sat], 2006, 23:51
不自然に色づいた
川のように流れる傷跡
もう消えないんだね
ずっと傍にいてくれるのは
愛しい人じゃなくて
こんなガラクタの似顔絵だなんて

掻きむしるのも癖になって
指でなぞるのは日課になって
触ったら安心して
どうしてこんなにおかしくなったんだろう
視界が真っ赤になる程
深く切り込むのは
怖いけど
痛くない
悲しくない
こんな抜け殻でいてもどうしようもない

いざ目を閉じると
ここで縛られてるような
僕は嘘つきなんかじゃないと
泣き崩れるあの頃が蘇る
全て洗い流して
この痛みも
この救いようの無い気持ちも
どうしてこの傷を見て
見てみぬふりをするの?
青い顔をして
逃げ去ってよ
走り去ってよ
僕はもう遠い意識の中

ねぇ僕のことはもう見飽きたの?
ねぇ僕の存在は暗くて障害なの?
耳に囁いて
消えてほしいと
もっと切り込んで
最後を見送ってほしいと

どうかその目で僕をえぐらないで
この傷跡はまだ軋む胸を語ったまま
悲鳴を止めないから
まだ治らない
このまま眠らせて
ずっと知らないふりでいい
僕の後ろで首をかしげていてもいい
僕の背中を押してほしい

こども 

February 21 [Tue], 2006, 6:42
どうして生まれてきたんだろう
どうしてここにいるんだろう
そうやって長い間
あなたの背中に想いを突き刺してきた

いつまでたってもこんな風に
終わったコトに意味を求めて

どうしてボクがいるの?

ボクが風に飛ばされて
枯れ葉同然になって帰って来たのなら
出来損ないのこの人生が
どうしようもないモノだったと
あなたを納得させる日が来るのかな

あなたを泣かさせるかもしれない
許してくれないかもしれない
だけどボクは信じたよ

この扉から踏み出して
何も怖がらずに目を閉じなら
最後に1つだけ
やり通せたモノになるかもしれない

今叫んでも
あなたの顔でわかるから
これ以上何も言わないよ

こんな壊れた
歪んでどうしようもない
小さなこども
涙しか出ない

選ばれたり
呼ばれたりとかは
もう聞きたくない
だから慰めだとか
遅すぎた気遣いなんていらない

ねぇ最後だけは
ちゃんと話を聞いてよ
ずっと手にして離さなかった
あなたとの絆解いて
あなたを楽にするから
さよなら
どうか幸せになって
今までありがとう

もうこんなこどもはいらない
もうこんなことは続けなくていい
今までボクがしたコトが全て間違いだけれど
あなたのしたことは間違いではないから

どうか泣かないで
ボクのために
こんなこどものために

今年で終わり。 

February 21 [Tue], 2006, 6:25
前々から思い込んでいた

「寿命は20歳まで」

小学校から今までずっと信じ込んできた

作り話みたいなものだけれど

叶ってほしいような。

家族には申し訳ないのだけれど。

でもこれが叶ったのならば

今まで許せなかったこと

悲しかったこと

苦しかったこと

全部許せる、忘れられると思う。

もちろん死後というものはあると信じているので

その後どうなるかはわからない。

この世が試練の場であるというものも否定はしないし

むしろそちらの方に考えが傾いている。

でも何も恐れていないのも確か。

一番嫌なのは家族、それから大切に思ってくれている人に

今まで何もできていないのに

悲しみを残して

何も言わないで

何一つ理解を得ずに逝ってしまうことかもしれないな。

ずっと「死」について考えてきて

忘れるべきことではなかったんだけれど

この歳になって

現実味を帯びてきたというのか。

自殺はできない。

またしたくはないのかもしれない。

消えたいという消滅願望。

切るという自傷行為はやめようとは思わないし

かといってとやかく言われたくは無い。

この年が全てを決める。

どうやって死ぬのだろうか。

交通事故か?

寿命で倒れるか?

殺されるか?

何かの発作か?

とにかく逝けばいい。

それまでには気持ちの整理も準備もしていよう。

生きてきたのは無駄だったとは思うけれど

この目標なる信じてきたモノは

嘘となるまではやはり生きることの糧にしていたい。

今年で終わるのだろうか。

それとも苦しみが増すのだろうか。

それならばと他の方法を考えてみる余裕はまだありそうだ。
2007年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:thelastyear
読者になる
Yapme!一覧
読者になる