ノイRSウイルスで入院

October 21 [Mon], 2013, 23:58
あぁ もう2か月も放置してしまった・・・

2か月前未定だった予定は、
その後、9月初旬にノイ手術、
中旬に海外向けの引っ越し、国内向けの引っ越し、
だんなちゃん渡航、
2週間後に私とノイも渡航というものへと決まっていた。

でも予定どおりには進まなかった。
そして、慌ただしくなりすぎて、記事を更新することもできなかった。

8月、渡航前に両方の実家に孫の顔を見せておこうということで帰省。
しかし、ノイはだんなちゃんの実家に行って2日目から下痢。
ストレスかな?と見守るも、一向に治まらなかった。
私の実家に移動してもずっと下痢。
(結局2週間以上続いた。)

ハードなスケジュールをこなして、東京に戻った数日後、
ノイが咳をしはじめた。
日に日にひどくなり、39度近い高熱がでて下がらず、
発症して5日目、停留睾丸で手術予定だった大学病院に入院した。
検査の結果、RSウイルスということだった。

入院して5日後が手術の予定日だったが
細気管支炎を起こしているノイに全身麻酔などかけられるわけもなく、
手術はキャンセル。
3泊、24時間つきっきりでノイと入院した。

呼吸が苦しくなっているため、酸素血中飽和度が低く、
夜中、飽和度が低下していることを知らせる機械の音がけたたましく鳴って
まともに眠ることができなかった。

ノイは薬を無理やり飲まされることから、
口に入れられるものすべてを拒否するようになり、
離乳食も一切食べなくなってしまった。

痰などの分泌物が呼吸を苦しくしてしまうので
鼻から気管のほうまで管を入れられて、
時々吸引をしてもらったのだが
これが本当に苦しそうだった。
泣きわめいて暴れるのをタオルで体をくるんで押さえつけて
看護師さんが吸引してくれていた。
これでますますノイは看護師さんが嫌いになって
今でも医師、看護師は見るだけで泣く。


手術が延期になれば、渡航日が遅れるということで
だんなちゃんはピリピリするし
(先に行って、一人で海外生活を送ることになるのが
 不安だったんだと思う)
私は通っていた自動車教習所には通えなくなるし、
抜くはずだった親不知も抜けなくなるしで
あらゆる予定に軌道修正が必要になってしまった。

手術をキャンセルしても、このまま手術を受けさせずに
オランダに行くことはできない。
そのため、まずは海外向けの荷物と国内向けの荷物の引っ越しを終えて、
東京の住まいを引き払って、
私とノイだけで実家に戻り、
そこで新たに病院を探して手術を受けることにした。

手術が決まった

July 25 [Thu], 2013, 21:46
ノイの手術が9月初旬に決まった。
オランダ行きもほぼ決まった。
でも、いつ赴任になるかはまだわからない。
わからないけれど、とにかく手術を受けて、経過を見て、
それから私とノイはオランダに行こうということになった。

だんなちゃんの赴任時期が早ければ、
私とノイで手術を乗り越えて、家を引き払って、
渡航しなければならない。
そしてその可能性もけっこう高い。

でも考えても悩んでも仕方ないから、
とにかく、9月は大変になるかもしれないけれど
なんとか乗り越えたいと思う。

先日、ノイの手術の説明を受けてきた。

停留睾丸の手術は
外見上、美容上の問題の解決とともに
もうひとつ重要な意義がある。
それは、悪性化したとき(つまり癌になったとき)に
早期発見が可能となることだ。
停留睾丸の人は、わずかながら将来
精巣がんになる可能性が他の人よりも高いらしく、
癌化したときに、睾丸内に精巣があれば自分で気づくことができるが、
腹腔内にあった場合には気づくことが難しくなってしまう。

結局、手術の内容については
お腹の中にある精巣がどんな状態でどの位置にあるのか、
それによって変わってくるので
手術の際にお腹のなかを見てみないと
なんとも言えないみたいだった。

MRIの結果、ノイの精巣は
おそらく膀胱の上部あたりにあるようだ。
精巣は赤ちゃんがお母さんのお腹の中にいるときに
本来であれば腎臓のあたりから
徐々に睾丸のほうに降りてきて、
生まれるころには所定の位置に収まるものらしい。
そして、この膀胱の上部というのはその通り道なので、
まぁおそらくこの影は、大きさからも精巣だと推測できる
とのことだった。

この位置は、停留睾丸の症状としては比較的重度。
かなり上のほうに残ってしまっているようだ。

想定されるパターンがいくつかある。

@精巣のまわりの血管とかの長さに余裕があって
  過去に今より下のほうに移動したこともありそうな場合。
  (精巣は移動することもある。)
  睾丸の中にひっぱってきて、固定する。
  その一回のみで手術は終了。

A精巣が下降したことがこれまでにもなく、血管なども短いため
 睾丸まで引っ張って降ろしてくることが不可能な場合。
 メインとなっている血管を切断して、残りの血管からの血流を期待。
 切断によってある程度下に降ろすことができるので、
 そこまで降ろして、マーカーをつけていったん手術は終わり。
 (せっかくお腹の中から発見した精巣を見失わないため。)
 再度、一年後とかに手術。
 (ノイの場合は渡航してしまうのでもう少し後になるが帰国後に。)
 この時には残りの血管からの血流で精巣も生きていて、
 さらに睾丸にまで降ろして固定できる状態になっていることを期待。
 しかし、残念ながら血流が十分になかった、
 もしくは何らかの他の理由により精巣が萎縮してしまうこともある。
 こうなると、 十分な機能は期待できず、
 将来的に万が一癌化してしまったときに
 それに気づけなかったら困るので
 切除。

Bすでに精巣が萎縮してしまっており、機能していなかった場合。
  切除し、反対側の(睾丸内にあり、正常な状態の)精巣が
  体内に戻ってしまうことが無いように、固定する手術をする。
  片方しかない精巣なので、
  機能が果たせなくなってしまうと困るということで
  万全期すために固定してくれるらしい。

もしも切除しなければならなくなれば
その他に選択の余地は現在の医学では無いわけだから
仕方が無いのだが
片方しか睾丸内に精巣がなく、左右で大きさが全然違うというのは
息子の心理にどんな影響を及ぼすのか
それが一番心配だ。
恋に臆病になってしまったり、コンプレックスを持ってしまったら
かわいそうだなぁと思う。
今はこんなにも楽しそうに良く笑う機嫌のいい男の子なのに!


  

花火

July 25 [Thu], 2013, 21:37
昨年、妊娠中に近所の花火を見て
来年はベビーと一緒に見たいな、と思っていた。

だから今年は7月になってすぐに、いつが花火か調べて
手帳に書き込んで、楽しみにしていた。

今日がその花火の日だった。

ノイとベランダにでて花火を見た。
雷が落ちた音で泣いたりするので、花火もどうかなーと思ったが
案外大丈夫なようだった。
私が指差した方向を「ほー」っという顔で眺めていた。

私は、花火も見たいし、花火を見る息子の顔も見たいしで
一人大忙しだった。
暗闇に浮かび上がったノイは
じっと見つめる横顔が、赤ちゃんなのに凛としていて素敵だった。

初めての花火。


不安・・・

June 21 [Fri], 2013, 23:29
だんなちゃんの海外赴任の話がまだ決まらない。
行くのか行かないのか。
行くならどこにいつから行くのか。
早く決まってほしい。

行くとしたら9月1日づけの可能性も高いし、
そうなるとノイの手術と術後の経過観察は間に合うのか心配だし、

渡航先の第一候補はオランダらしい。
正直、子供がいなければたいていの国には
身ひとつで乗り込んでもなんとかやっていける自信がある。

でも、まだ一歳にもならない息子を連れて、
英語以外の言語の国に行くのは大きなチャレンジだ。

オランダ語はマイナー言語だから
辞書も文法書もほとんどない。
そんな中で、ノイの予防接種やら
病気のときのクリニック訪問やらしないといけない。
言葉がわからないからって
家にひきこもっていたら、ノイにかわいそうだから
やっぱり外にでて、いろんな人と関わらせてあげたい。
せっかくだから、オランダ語も勉強したい。
でもできるかな??

何より、もうあとわずかな時間で
渡航準備、
家の引き払い、それに伴う諸々の手続き、
ノイの手術
全部やっていけるのか不安だ。
だんなちゃんは8月後半、海外出張だっていうし・・・・

おいおいおいおいおいおい


コミュニケーションが進化した

May 22 [Wed], 2013, 23:49
ノイが知っているものを見つけて声をだすようになった。

スーパーで、食品の並んでいる冷蔵の棚の上部にある鏡を見て
「あぉあぉ!」
と言ってこっちを見た。
私の角度からは鏡は見えなかったが
抱っこ紐の中のノイと同じ角度で見上げてみると
そこに鏡があって
ニコニコしているノイと私の顔が映っていた。

小児科の待合室でミッフィーの絵を見つけて
「あぉあぉ!」
と言ってこっちを見た。
我が家はだんなちゃんの趣味で
ミッフィーのおもちゃやら絵本やらで溢れている。
ノイもミッフィーのことはさすがに認識していたらしく
他にもアンパンマンやプーさんや
いろんなキャラクターの絵があったのに
ミッフィーの絵にだけ反応して
大きな声をあげていた。

ただ、その瞬間だけを生きているような
小さな小さな生き物だったのに、
いつの間にか彼の「人生」が存在するようになり
その中の経験から知っているものができていた。
しかも、それを私に知らせてくれた。
コミュニケーションが進化したんだ。

すごいぞ、ノイ!!


プロフィール
  • アイコン画像 ニックネーム:thehappinesis
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:1983年3月7日
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 現住所:東京都
読者になる
小さなときから手先の器用さが必要とされるような細かいことが好き。
わりと華やかな環境で過ごしてきたけれど、本当はのんびり、静かに過ごすのが好き。
図書館で好きな本をピックアップしてる時間はすごく幸せ。
自分らしさって?これから死ぬまでに本当にやりたいことって??
心と体の声を聞いて、もっともっと自分に素直でありたいと思う。
2013年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像まり
» カウントダウン?@ (2012年11月27日)
アイコン画像thehappinesis
» 7月@ (2012年07月15日)
アイコン画像Mari
» 7月@ (2012年07月14日)
アイコン画像thehappinesis
» 7月@ (2012年07月13日)
アイコン画像Mari
» 7月@ (2012年07月11日)
アイコン画像まり
» 占ってもらいました (2011年12月03日)
アイコン画像thehappinesis
» 占ってもらいました (2011年12月02日)
アイコン画像まり
» 占ってもらいました (2011年12月02日)
アイコン画像thehappinesis
»  (2011年08月25日)
アイコン画像ふぁびこ
»  (2011年08月19日)
Yapme!一覧
読者になる