『女帝』第5回

August 12 [Sun], 2007, 20:01
彩香は直人に「なんで連絡くれないの?」と迫る。直人は「仕事の邪魔なんだよ」とまるで別人になっていた。彩香はあまりのショックで、佐和のことを無視して家に帰っちゃう。これはひどい。

クラブ「佐和」が危機に陥った。チーママがホステスと黒服を引き抜いて出ていってしまったそうだ。残ったのは直人だけ。それを知った弘美は彩香を連れて、クラブ「佐和」へ。佐和は引退も考えていると本音をもらす。相当弱っている。

直人は「どうしてもスカウトしたいホステスがいるんです。そこにいるじゃないですか、立花彩香」と言う。そして「立花さん、店に来てください」と土下座をした。弘美は「彩香を預かってくださいませんか」と言う。クラブ「アマン」だって彩香がいなければやばいと思うんだが。

弘美は「ママは銀座で生き抜いて成功する知恵、ノウハウをご存じです。どうかそれをこの子に教えてやってください」と。彩香が女帝になるのを応援したいってことらしい。そして彩香はクラブ「佐和」へ移ることになった。美樹も一緒に。

クラブ「佐和」はホステス5名、黒服2名で再スタート。中には「銀座の魔女」と呼ばれているエリ(滝沢沙織)もいる。エリは確実にナンバーワンだな。見るからに人気があるエリみたいな子が、沈みかけてる船に来るには特別な理由がありそうだが……。しかし、開店したものの開店休業状態だ。

エリは彩香にやさしくしてくれる。「自分を演出するのも大事」とアドバイス。彩香に合う服を選んでくれたり。エリは「銀座の魔女」を自分自身で演出しているそうだ。エリは本気で好きな男がいるらしく、男物のシャツを購入。

佐和は彩香に直人が勤めることになった経緯を話す。1年前、クラブ「佐和」で豪遊。しかし、金を持っていなかった。直人は「女帝ってもんがどんなもんか、一遍見てみたかったんだ」と佐和に言った。そこへ銀龍会が現れ、直人は連れ去られた。つまり直人は死ぬ前に女帝に会いにきたと。それが佐和は気に入った。
  • URL:http://yaplog.jp/thefez/archive/2199