ルーシアがゆかち

September 13 [Wed], 2017, 7:07
看護婦さんのうち、外来なら医師の診察のサポートをして、入院病棟の場合には、患者の容態をみたり、入院中の患者さんが快適に過ごせるようなお手伝いも看護師の大事な役割です。



いつも医師より、患者さんの近くで患者のリカバリやメンテナンスを確認し、患者への対応を行うのが、ナースの大事なお仕事なのです。私の知り合いの看護師が仕事をやめようかどうか迷っていると相談されました。


今月彼女は結婚したのですが土日祝日も仕事で、土日休みの夫と休日が合わず、なかなか一緒にいられない生活が多いそうです。
出産や育児もしたいし、でも、今の仕事は続けていきたいと追い込まれていました。知人の看護師が、少し前に、違う病院に職場を変えたと言っていました。
仕事の楽そうな職場だったのに、どうして転職をしたの?と理由を質問してみると、もっとバリバリと働きたい」なるべくなら、仕事をしたくないと思っている人が多い中で、彼女みたいな人もいるものなんですね。



看護士も看護師と呼ぶのも基本的には同じ職業のことをあらわします。

どこが違うかというと、今までは、男性を看護士、女性を看護婦と位置づけるように性別で区分して呼んでいました。近頃は、男女わけずに看護師に統合されています。
最近の交代勤務、一般的に「シフト勤務」が必須の職業として看護師があります。
勤務先が外来病棟であれば、勤務時間が決まった日勤になる事もありますが、ほとんどの場合、病棟に多くの看護師が必要になるので、経験を積む上でもほぼ確実にシフトを組んでの仕事になると言えます。



実際に、私の妻も看護師としてシフトを組んで仕事をしていましたから、夜勤の夜は子供が寂しがってしまって悩みました。


話題のマイナビ看護師の求人情報は離職率が低く労働環境がいい転職先を優先に、教えてくれることもあり、理想の職場に転職できた人が多数いるようです。担当のコンサルタントの方も医療知識があって、希望条件の細部までよくわかり、転職先を探し出してくれることでしょう。看護士だと、求人はたくさんありますが、望んでいる条件の求人があるとは言えません。看護師の資格を持っている方で就職できればいいと思っている方は少数でしょう。なるべく給料が高くて、職場環境が良く、夜勤の必要がない勤務先に就職したいとほとんどの方が思っています。
望み通りのところに転職するには、情報の収集が重要になります。
激務で知られる看護師ですが、どんな時に看護師としてのやりがいを得られるかといえば、退院患者さんが出るのは喜ばしいことですが、更にそんな患者さんが、後日、病院まで訪ねてくれて、挨拶をしてくれるような時です。


それに、やはり患者さんの家族の方から涙ながらにお礼を言われるような時も、大変に感動したりします。



生活は不規則になるし、ストレスはたまるし、看護師の仕事はとても大変です。なので、もし、やりがいを感じられないようになったりしたら、きっと辞職しようと願ってしまうでしょう。働きながら妊娠したら、看護師として特に注意するべきは、まず、極力、放射線を浴びないようにすることです。CTや放射線治療、エックス線撮影など、被曝の危険は病院には多いですから、慎重に行動してください。もう一つ、薬のことも調整や投与など、薬の曝露に遭いかねない機会は意外と多いので、注意するべきでしょう。
そして、立ち仕事や交代制勤務など、ハードワークで知られた業界であり、知らないうちに無理を重ねて、結果として流産に至った、という話も珍しくありません。仕事に励みつつも、妊婦である自分の身体を守るため、必要な休憩を取るようにしましょう。

病院で働く看護師にはそれぞれ階級があります。



階級のトップからいえば、ほとんどの病院では総看護師長ですとか、看護部長といわれる人ですね。具体的に、どのように階級が上がるのかというと、同じ職場に長く勤務して実績を重ねて、周りの人間の信頼を得るように努力することが重要です。当然ですが、階級が高い程、より多くの給料を受け取れるはずです。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:仁菜
読者になる
2017年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる