本当に届けたいもの 

February 27 [Tue], 2007, 21:52
僕がキミに届けたかったのは
手紙という名の紙切れじゃなくて

本当は僕の気持ちだったんだ…

でも、僕にはそんな勇気もなければ
キミを愛す資格もない…

何度もキミを好きになってごめん

だけど、この気持ちは譲れないんだ
キミにまた恋したんだ

もう逃げたくない
力いっぱい地面を蹴って走ってみたい

だから僕は今度こそ届けるよ


「好き」とは違うけど大切な…

―ありがとう―の言葉をキミへ

わからない…。 

February 16 [Fri], 2007, 23:18
なんで受け取ったの?
嫌いなんでしょ
わけわからないよ…

君の気持ちわからないし

男の子の気持ちなんてわからないし
知りたくもない…
難しいもん

好きだった人を嫌うことなんてできない

でも、男の子は好きだった人のこと嫌いになれる


どうしてなんだろう





どうして大嫌いな私のチョコを受け取ったの?

ドキドキうるさい 

February 12 [Mon], 2007, 23:58
『バレンタイン期待してるから』

そのセリフは彼女に言ってください
私に言うのはよくないですよ
ほら、すぐそこに彼女居ますよ?

言わなくても貰えるんですよね

見てるこっちが恥ずかしくなるくらい
仲良しな2人ですもんね

言わなくても通じる何かがあるんですよね


だからダメですよ

心がうるさく鳴り響いてしまいますけど




先輩には彼女が居るってこと、わかってますから…

好きでした 

February 10 [Sat], 2007, 11:48
もっとキミのこと知りたいと思った
それが原因だった

最初は好きになるとは思わなかったんだ
だけど
あの日オレはキミの横顔に
惚れてしまった…

その日からオレはキミのことを考えるようになった

そう、オレはキミに恋をした

でも、それはもう過去の話し

なのにオレは…
どうしたいんだろう
何を考えているんだろう



それでもオレは…





キミのこと好きでした、としかいわないよ

一途みたいな恋 

February 08 [Thu], 2007, 19:12
はじめて君を好きになったのは中学1年生の時
それから少しも君を忘れたことはなかった
だけど
1番じゃないと決めつけて
君の恋を応援して成功させて
ボクは君のことを好きじゃなくなった気がしてた

それでもボクは君が好きだったみたいで
ココロのどこかにいつも君はいた

もう戻れないから進むしかない

決して一途とはいえないけど
ずっと君が好きだった…今も好き、嫌われても

そんな一途みたいな恋してる

優柔不断なボクの所為で
好きの言葉すら伝えられなかったあのころより

伝えて嫌いと言われた今のボクの方が


ずっと偉いよね


後悔はない
好きを伝えただけ
一途とはいえないボクだけど
君を忘れたことはない…ずっとボクの中で輝いてた

もう見失わない

この先ずっと君を好きでいるかなんてわからないけど
もう誰かを好きにならない道をボクは選んだ


それは白線のない道路?
それとも横断歩道?

それを知るのは未来のボク


優柔不断なボクが生んだことだから
もし後悔するならあのころのこと

好きの言葉すら伝えられなかったボクのこと……

 

February 07 [Wed], 2007, 21:59
星降る夜の切なさを
思い知らされた今日の午後...

君の声 

February 07 [Wed], 2007, 10:18
3日ぶりに君の声を聞いた
聞きたかった君の声
もう私の名前を呼ぶことはない君の声
それでも望む、私の名前を呼ぶ君の声
君の声だけで笑ってすごせる
君がいるだけで教室中を見渡しちゃう
それぐらい君が好きで
それぐらい君が大好きで

君がいる学校に行きたくて
君がいる教室に居続けたくて

あともう少しで卒業だと思うと


君の声が余計愛おしく感じる...

君の居ない教室 

February 07 [Wed], 2007, 1:08
今日は君が休みだった
後ろ向く必要もないし、君を探す必要もない
けど、私は君を見たかった

ずる休みなんてずるいよ…

私はいつだって君に逢いたいんだから
ゲームしてるの?
私が貸したゲームはどうなってるのかな

それをやってるわけないよね

全部返して

君に貸したゲームも
君に注いだ愛も
君に注いでいる愛も

君が支配するなんて酷だよ…

人魚姫 

February 05 [Mon], 2007, 12:29
―私は王子様に出逢った―

恋に落ちた
だから人間にしてもらった
だけど
王子様は私が私だということに
気づいてくれない…

もうすぐ私が泡になるとき
姉様が教えてくれたこと…

王子様を殺せば人魚に戻って泡にならなくてもすむ

そしてもらった短剣

私は王子様が好き
大好きで愛おしくて

殺したくない…けどその反面


王 子 様 ガ 他 ノ 人 ト 結 バ レ ル ナ ン テ 嫌 ダ


手に持った短剣で
私は一気に王子様の胸を突き刺す

王子様の血を浴びた人魚姫は
赤い色をした涙を流した…

全身が血に染められていた


それでも私は―微笑んでいた―

run... 

February 04 [Sun], 2007, 20:25
頭痛い…
走って走って走った
のどが痛い、足が痛い
まだ、頭がくらくらする
体力がほしい…
譲れない場所がある
だから、そのためにならできる
わけがわからなくなるまで走れる気がする

譲れない場所のために
夢のために
頑張るよ
軽く俺の紹介ッ!!!
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:千裕と千里
  • アイコン画像 誕生日:1月14日
  • アイコン画像 職業:小中高生
読者になる
愛を知りたくて非行中((ぇ。
悩み多き時期をenjoyしてます笑
好きな人もち居ますぜワラフィス
まぢカッコイイんだからその人ww
って、俺ゎ恋で悩んでるワケじゃないッ
ぃゃ、悩んでますけど…
とにかく、この時期ゎ悩み多ス
千裕(♂)千里(♀)ですので…
そこらへんヨロスク〜っ
2007年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
月別アーカイブ
Yapme!一覧
読者になる