AP通信 - ワシントン -

January 20 [Fri], 2012, 17:37
AP通信 - ワシントン - 米国務省、米朝交渉の高官は、2日間28日と29日に契約が2005年に北朝鮮共同声明で6カ国協議にアプローチする準備ができているかどうかを判断するために、ニューヨークで開催される、と彼は言った。省の副スポークスマンは、会見で、トナー27は、対話は北朝鮮の非核化を取るためにこの時間に戻って行くことができない"探索的かどうかを判断するために、その義務や国際社会と共同宣言を履行する具体的な手順を準備している対話は、"彼は述べた。さらに、ニューヨークのグラウンドで米朝協議は、"米国はこれまで、明確な南北対話の姿勢は、これをバリ、インドネシア、改行で開催された初の南北対話と建設的に進むし、次の段階に進む必要があることを行っている方向は、北朝鮮の指導者を決定することです次のステップとして準備"探索的対話、"です、"と彼は説明した。一方、この問題は、食糧援助、北朝鮮の契約の議題になるはず"と食糧援助が政治的な問題であり、別の問題、別の会話(私たちが必要とする)である、"と彼は言った。北朝鮮ボスワース特別代表で米国の代表団は米朝交渉、北朝鮮の金(Kimugeguan)、第一外務次官を満たすためにの指導の下で責任を負います。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:thdavcfg
読者になる
2012年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/thdavcfg/index1_0.rdf