「No」と言えるように。 

2006年09月29日(金) 21時26分
昨日、遥々やってきた義母と義兄。
結婚して11年経ち、3年前に転勤になって彼らと離れるまで、
毎週末、顔を会わせてきたけれど、
未だに本当の家族のように心許せるには至らない。

うちの子供をよく可愛がってくれるのは有難いことだけれど、
「息子(弟)の家庭は自分たちの領域
という感覚のようで、嫁の私の気持ちはお構いなしに、
自分たちの都合でサッサとうちの子供を連れて行ってしまう。

うちに来て、リビングで子供とあそんでくれればいいものを、
なぜか自分たちが寝泊りする部屋まで連れて行って、そこで遊ぶ。
そうなると、私はひとり家の中ぽつんとしてしまう。
私のいない所でうちの子供と過ごしたいんだろうか

転勤になる前はほぼ毎週末、
私が断るはずはないと過信しているようで、
私の承諾というよりも、報告の感覚で、
「(子供を)迎えに今から行くから。」と電話が来る。
週末は自分たちのところにうちの子供を泊めたいのだ。
家族思いの夫はそれに応え、
それに反発すると夫婦間がギクシャクすることを恐れる私は、
結局承諾するしか、なかったのである・・・
だから、長男は週末ずっと両親の私たちだけと過ごす、なんてことは、
こうして転勤するまでは皆無だったのだ

義理家族の彼らが普段身近にいない現在、
毎週末子供を預けなくてはいけない状況を冷静に考えると、
やっぱりおかしいと思わずにはいられない。

次男は長男のように向こうのペースで育てたくないと思っている。
だから、向こうの「〜いいわよね」には
乗らないように努力している。
やんわり断ると、向こうは少し硬直する。
「えっ」ってな心境だろうか。
ビターな空気が蔓延してくると、
さすがに私も徐々に罪悪感に苛まれてくる。
でも・・・そんなに向こうに子供を預けなくてはいけないの
義母と義兄だから、向こうの意向に沿わなくては嫁として最低なの

優柔不断な私でも、
自分の居場所を守るためには、
「NO」と言う事も覚えなくてはいけない、と思うのです。














またまた頭痛 

2006年09月26日(火) 22時59分
昨日の夜はよく眠れなかった。
添い寝をするKちゃんは眠りが浅くて、
寝返りを打つにも神経を使う。
眠りに落ちるタイミングを逃したせいもあり、
結局、5時くらいまで眠れなかったのだ。
でも、8時過ぎには何とか起きて、
パッとしないまま、かったるさを感じながら
一日を過ごした。

午後になる頃から頭痛がして、
かすかな吐き気も感じる。
同じ症状が先週あったばかりだ。
最近、頭痛が多い

運動不足だから
クーラーで冷えてるから
目の使いすぎ

何はともあれ、体調が悪いと、
気分もブルー

Kちゃんの育児から解放されて、
定期的に運動できる環境がほしい。

あ、それはそうと、義母と義兄が明後日から来るそうだ。
これも気分はブルー・・・なんて言っちゃいけない、か ははは・・・

日本に帰りたいな。 

2006年09月26日(火) 0時43分
来月、母が遊びに来るので、
いつものごとく、買ってきてほしいものをメールで送る。
私がほしいのはいつも本なので、
持ってきてくれる方は重くて大変だろう。

本棚に読みたい本がずらーっと並んでいるのを見ると、
まるで、「実は、預金通帳に貯金がたーんとあるのよん
みたいな安心感を覚える。
数ヶ月先に引越しをする。
その引越し先では、今のように日本語書籍を
簡単に買いに行けなくなる。
それがわかっているだけに、
今のうちに買いだめしてしまう。
海外で本を買うと、高い。
日本で買ってきてもらうのが助かる。

おととい頼んでおいた4冊の本を、
母はもう全部揃えたと言っていた。
やはり日本のちょっとした書店では
結構簡単に揃うんだぁー、と
うらやましく思った。

あーあ、日本に帰りたいなー。。。







美しい人を見ると・・・ 

2006年09月24日(日) 23時54分
今日は旦那の友達家族が遊びに来た。
1ヵ月半ぶりの再会。
6ヶ月になる彼らの娘は丸々と太って、
ますますキュートになっていた。

彼らと焼肉屋さんへ行った。
カルビや牛タンをたらふく食べて、幸せ
この奥さんは産後6ヶ月というのに、
まるで出産などしたことがないように真っ平らなお腹をしている。
元々、細い人だけれど、自分のたるむお腹の贅肉を思うと、
彼女が非常にまぶしく感じる
間食してきた私が悪い。
どこかで、「もう母親になったんだから、あんまり理想を持ち過ぎなくても・・・」
と思う反面、「女らしさを失ってやっぱり寂しいかな・・・」とも思う。

せめてもと思い、腹筋運動を2週間前に始めたけれど、
それも3日目で途切れた。 筋肉痛でー・・・って言い訳よね
根性が足りないんだ。
間食やドカ食いしてるほど、頭が空なんだ、と思うと、反省。

明日から買っておいた本でも読んで、頭の中忙しくしよう。




昔懐かしいマンガ 

2006年09月23日(土) 16時18分
弟夫婦が遊びに来てくれた時
頼んでおいた様々なものを持ってきてくれましたが、
その中で今回、大多数を占めたのはなんと、マンガでした。
最近、どうも昔懐かしいものを求めて、
小学生の頃に愛読していたマンガをリクエスト。
「ベルサイユのばら」と「姉妹坂」・・・この2つは私がリクエストしたもの。
それから、弟夫婦のはからいで持ってきてくれたのは、
「悪魔の花嫁」、「怨み屋本舗」、「イキガミ」などでした。

いい年してマンガ・・・と夫は思っているかもしれない。
外国人にはマンガなんて子供が読むものくらいしか思っていない。
最近のマンガはよく知らないけれど、
昔感動したマンガは、今読んでも感動は変わらなかった

「ベルばら」などは小学生低学年に読んでいたので、
あの当時、一体どれくらい理解していたのだろうと興味深く思う。
自分の記憶では、読んでいて難しいと思ったことはなかった。
入りやすいマンガによって、フランスの歴史の一部を大まかにも
知ることができたのは、決して無駄ではなかったはず。

「姉妹坂」は確か高校生あたりに読んだ記憶がある。
京都が舞台で、その当時は読み始めた時、ちょっと古めかしい気がした。
でも読んでいったら、そんなことは関係なし。
今回10何年ぶりに読んだので、所々、話を忘れていた。
それがよかったのか、読んでいて号泣してしまった。
胸にジーンと来た。
来月、母が遊びに来るのだけれど、
薦めてみようかなと思いました。

日本のマンガって、立派に読書文化に貢献しているのですね。



しずかですぅー。 

2006年09月19日(火) 15時13分
弟夫婦が5日間遊びに来ていた。
そして今朝、帰っていった。
買い物へ行ったり、点心を食べに行ったり
楽しく過ごした。
誰かが遊びに来ていて、そして帰ったその日はいつも、
家の中は妙にしーんとする。






ちょっと政治の話し。 

2006年09月13日(水) 11時43分
今朝は寝不足にもかかわらず、7時15分には目が覚めた。
いつもは引くカーテンを、昨日は引かずにいた成果だ。
やはり、人間は明るくなると眼が覚めるらしい。

今夜は弟夫婦が5日間の日程で遊びに来るので、
それに控えてせっせとお掃除。
久しぶりに雑巾がけもして、ああサッパリ。

次男のKちゃんと朝食を食べながら、
録画しておいた「純情きらり」を見る。
このドラマはキャスティングがいい。
途中から見始めたのが、残念。
タツヒコさんは、やはり丸刈りにする前のほうが美男子だ。
でも、長くしすぎたら、普通の人になってしまいそうな気がする。

今日は少し読書をしようと思う。
昨日から読み始めた「美しい国へ」(安部晋三著)の続きだ。
総裁選の立候補者3人は演説のたびに、
「選挙は最後までわかりません!」と口を揃えるように言うけれど、
それぞれの演説が始まる前に既に、
安部さんが優勢だとニュースで言っていたので、
やはり、最後は安部さんに決まるのだろうか

個人的には、谷垣さんの政策に私は共感を覚える。
「消費税をアップして未来の世代へと経済的負担を先送りすることをやめる」と
「アジア外交に力を入れる」のふたつに賛成。
後者の「アジア外交」は特に、重要だと信じている
小泉首相はアメリカ寄りだったような印象がある。
アメリカとうまくやっていくことは、日本の利益にとって大切だけれど、
彼は今年、終戦記念日に靖国参拝をして、
中国と韓国の反感を再び買ってしまったので、
そろそろアジア諸国の反日感情に真剣に対処しなければ、
日本は経済的に力を持っている国でありながら、
政治的にアジアの中で孤立してしまいそうな気がする。
NHKの討論番組の中で、カン・サンジュン教授が
こういうような事をおっしゃっていました。
「アジアとうまくやっていける日本でないと、
アメリカにとっても、日本は魅力的なパートナーになり得ない。」
人間関係レベルにおいても、その法則は理解しやすい。
様々な課題が多い中ではあるけれど、次の首相にはぜひ、
アジア外交もがんばってほしいっ。














なんて冴えないDay 1 

2006年09月13日(水) 1時42分
初めて打ったブログを保存したと思ったら、
文字化けした状態で出てきた〜。
ううっ、一生懸命打ったのにぃー、キィーッ
あんまり、時間を置きすぎるとこういうことになる
初めての絵文字を使う楽しさに、
確かにちょっと時間食いすぎたかもしれん。
それにしても、ちょっとかなしいぞー。

とりあえず、夜はもう更けた。
また明日、出直してきやす。

ほんじゃ、ナイナイ


2006年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:thatswhyitsfun
読者になる
Yapme!一覧
読者になる