じゃんけん選抜 〜藤江編〜。

September 23 [Fri], 2011, 20:20
藤江れいなが、位をとった。藤江れいなは、アイドルに興味の無かった僕が初めて握手をしたアイドルでした。大島優子をセンターにした総選挙の後、今では伝説の、地獄のよみうりランド時間並びの後辿りいて優子のペアでした組み合わせアナウンスを聞いた時藤江たしかB型の子だったよな、知らねぇーなぁそう思いました。神メンバーがそろう旧チームAで中でも僕がイマイチ地味ゆえか、興味が無かった子です。初めて握手した藤江に対し、いも応援していますと適当なセリフを投げかけました。藤江は、ちゃんと相対し、そして、僕が何かを言いだすの待っていたような記憶があります。全国握手の時間は、短いはずですが、長く感じ、僕は、優子にガチりたいあまり藤江の手を自分からはずした記憶があります。今となっては、なんとかわいそうな事を会社後輩のAKBヲタに話したらかわいそうな藤江、先輩マジありえんっすわそのセリフの後次の日には、その後輩は、藤江のブログをチェックしていましたAKB48の全員制覇を狙っていた僕は、今となっては、それなりに多くのメンバーの握手の感覚を知っています藤江の握手は忘れられませんでした。そして、その事を裏付ける記事がありました。大矢真那をデコログで次世代の出会いを体験推し上げたの狂ったライター、相田さんの記事です。藤江旅館の女将、そう書かれた記事のすべてになんの違和も覚えないどころかすべての記事は、僕が体験したことのように感じられました。相手を見る、握手する、名残惜しさを残す、シンプルで地味なファンへのもてなしを何度も繰り返す。マイペースすぎて、ちょうどいいサイズのっぱり棒すら用意できない、机も組み立てれないで、よねちゃんに怒られるような不器用さネ申Tの話しかし、こと握手になると、相手へのきづかいを見せる。藤江のスタイル、藤江旅館の女将としての働きはいも変わらないとの事です。藤江の変わらぬ姿勢が天に届いたとしか思えません握手に対する細やかな姿勢ファンが自分で言い出して運営に強くアピールでもしない限り秋元さんの目ですら届かないマニアックな領域です。そして、最後、チャンスの時間がほとんど残されていないと思われる篠田麻里子に位を譲るような敗北藤江は、篠田麻里子を精一杯もてなしたのではないでしょうか藤江旅館に、もう一度行きたくなりました。藤江れいな、おめでとう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:tgp0u0ujkk
読者になる
2011年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/tgp0u0ujkk/index1_0.rdf