任意整理の手続きを法律専門家に依頼した方がよい理由

May 15 [Wed], 2013, 9:54
任意整理は、借金の再計算および整理を、裁判所の公的手続きを取らないで、私的和解ですすめる手続きです。


個人でも当然すすめることのできる手続きですが、相手は貸金のプロなので、かえって丸め込まれるか、そうでなくとも、徒労に終わる可能性が高いでしょう。


そこで、一般には、弁護士や司法書士に依頼することになります。


これら法律の専門家に依頼することで安心できます。


特に、多重債務で苦しんでいる人にとっては、一手に事が処理されるので精神的にも助かることでしょう。



任意整理の手続きは、法律専門家がすべで引き受けてくれるのですが、飽くまでも私的交渉なので、すべてうまくいくというわけにはいきません。


最終的には裁判所に持っていくことになる場合もあります。


しかし、法的知識を駆使して、客観性が担保された法的手段を前にして、貸金業者も結局裁判になっても負ける可能性が高いと判断した場合には、無駄なコストはかけたくないはずですから、通常は、私的和解に応じることが多いようです。




プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:tftdk
読者になる
2013年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/tftdk/index1_0.rdf