写真好きの人たちにとって良い知らせが届いた。Adobe Systemsが

September 24 [Sat], 2016, 16:32
 写真好きの人たちにとって良い知らせが届いた。Adobe Systemsが、比較的新しいモデルの「iPhone」や「iPad」ユーザー向けに、さらに高レベルの品質の写真を扱える機能を新たに追加したのだ。
超人気iphone7ケース

 米国時間9月13日にリリースされた「iOS」向け「Adobe Photoshop Lightroom」バージョン2.5では、多くのプロ写真家が好んで使用するRAWフォーマット写真を撮影できる。RAWフォーマットの写真は、カメラのイメージセンサーから直接データが取得されるため、従来のJPEG画像より柔軟な編集が可能で、画質も高い。
iphone7ケース

 Appleは、13日にリリースした「iOS 10」でRAWフォーマットの写真に初めて門戸を開いた。「Android」はすでに2年近く前からRAWフォーマットをサポートしているが、すべてのAndroid搭載モデルでこの機能を使えるわけではない。
超人気iphone7ケースAndroidとiOSはどちらも、Adobeの「Digital Negative」(DNG)フォーマットを利用してRAWデータを保存している。

 ただし、誰もがiOS向けのLightroomでRAWフォーマットの写真を撮影できるわけではない。
シリコンiPhone7ケース最低でも12メガピクセルの画像を撮影できるカメラが必要になるため、対象となるのは2015年に発売された「iPhone 6s」「iPhone 6s Plus」、より小型の「iPhone SE」、9.7インチの「iPad Pro」、または米CNETが「フォトグラファー向けのためのスマートフォン」と評した「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」のみだ。

 モバイルデバイス向けのLightroomは、アプリ自体は無料だが、デスクトップ版のLightroomと写真を同期したい場合は、月額9.99ドルのサブスクリプション料金を支払う必要がある(日本では月額980円)。
超人気iphone7ケース

 また、新しいLightroomは、9.7インチの「iPad Pro」や「iPhone 7」および「iPhone 7 Plus」で撮影可能な、「DCI-P3」と呼ばれるより広い色空間もサポートする。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。
シリコンiPhone7ケース 今回は、発表されたばかりの「iPhone 7」と「iPhone 7 Plus」について注目したいポイントを探っていく。ちまたでは「あまり変わっていない」という声が多いのだが、果たしてそうだろうか? 個人的には、大いに変化したと思っている。
iphone7ケースその理由を紹介していこう。

【関連画像】発表された「iPhone 7」と「iPhone 7 Plus」

イヤホンジャック廃止でもサイズに変更なし
 事前の予想通り、iPhone 7シリーズではイヤホンジャックが廃止された。
iphone7ケースイヤホンを使いたいときには、ワイヤレスで利用するかLightning端子に接続することになるので、従来のイヤホンを使うためには付属のアダプターが必要だ。

 オーディオの専門家たちは「Bluetooth接続のヘッドホンは音質が劣る」と言う。
超人気iphoneケースそれは事実なのだろうが、ほとんどのユーザーはそこまでこだわらないので、ワイヤレスの利便性のほうを優先するだろう。僕もそうだ。
ルイヴィトンiphone7ケースだから、イヤホンジャックがなくなってもそう困ることはない。

 ただ、イヤホンジャックがなくなった分だけ薄くなると思っていたのに、サイズがまったく変わらないことにはがっかりした。
ルイヴィトンiPhone6ケースiPhone 6sシリーズとまったく同サイズなのである。すでに十分にスリムだったので、少しばかり薄くしてもらったところで購買意欲がそそられるとは思えないのも確かだが……。
グッチiPhone7ケース

防水・防塵を実現したのは素晴らしい
 一方、本体のデザインはかなり変わっている。樹脂のバンドの位置が変わり、ハードウエアのホームボタンが感圧タッチ式に変更になった。
エルメス iphone7ケースしかも、サイズを変えないままに防水・防塵に対応し、より故障するリスクが減っている。小雨の中やプールサイドでも安心して使えると思う。
iPhone6ケースグッチ

 一昔前の防水・防塵スマホには不格好なカバーが付いていたが、iPhone 7シリーズのボディーにはそんな妥協点はみじんもない。ここまで防水・防塵が遅れたのは、おそらく美しいボディーで実現するためだったと、僕は推測している。
iPhone6ケース

 注目のカラーは、質感の異なる新色の「ジェットブラック」だろう。まだ実物を見ていないので何とも言えないものの、いわゆるクロームメッキの黒のような色を想像している。
iPhone6ケースグッチ個人的にはとても欲しいのだが、写真撮影時の映り込みが気になりそうで困っている。

 しかし、なぜ1色のみ質感の異なる仕上げにしたのだろうか。
超人気iphone7ケースiPhoneは、ずっとつや消しを軸にしてきたわけだが、「Galaxy S7 edge」がミラー調の仕上げで人気を博しているので、アップルもこのモデルも用意したのではないか。ちょっとうがった見方をするならば、色数を増やすことで、デザイン変化の少なかったことを補おうとしているともとれる。
シリコンiPhone7ケース
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:rysese
読者になる
2016年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/tfrjfsvxx/index1_0.rdf