ニキビの舞台となる毛包もここにあります。 

April 20 [Sat], 2013, 23:25
真皮は基底層に栄養や酸素を送り込む血管、神経、汗腺、皮脂腺、皮膚の弾力を保つコラーゲン繊維などが存在する皮膚の中心部。
ニキビの舞台となる毛包もここにあります。
毛包と皮脂腺はつながっており、本来なら、分泌された皮脂は毛包を通って、皮膚表面に開いた毛穴から排出されます。
ところが、毛穴がふさがれて、毛包内に皮脂がたまってしまうと、ニキビが発生するのです。
脂腺性毛包の構造で皮脂がたまりやすくなる。
ニキビの舞台となるのは脂腺性毛包と呼ばれる毛包。
脂腺性毛包は管が太くて短いうえ、毛が細く短いため、皮脂がたまりやすい構造といえます。
また、つながっている皮脂腺が大きく、数も多いため、毛包に流れ込む皮脂の量そのものも多く、ニキビができやすい環境が出来上がってしまうのです。
1番にオイリー肌の人がニキビができやすいと言われるのは、皮脂腺が発達しており、皮脂の分泌量が多いからです。
ホルモンバランスは大きな影響を与える
男性ホルモンには、皮脂腺を発達させ、皮脂の分泌を亢進する働きがあります。
皮脂の分泌量が増えれば、毛穴は目詰まりを起こしやすくなるうえ、皮脂を栄養源にしているアクネ菌の繁殖を招き、ニキビができやすくなるわけです。

大人ニキビ 治す方法
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ゆうき6m9t
読者になる
2013年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる