Hernandezの真島

December 23 [Wed], 2015, 8:53
法律の上で、結婚した人が配偶者ではない人と性的関係になることを不倫とよびます。
ということは、法律の中では、性関係になければ、普通のデートをし立としても、不倫ではありません。
個人で男女の関係を実証することは難しいかもしれませんが、プロの業者に依頼するという方法もあります。
不貞の慰謝料の相場は200万円前後ですが、場合によっては50万円程度ということもあるといわれていますし、400万円くらいのケースもあります。
実は、離婚しなくても慰謝料の請求はできますが、金額は低いです。
また、不倫相手の人が浮気を否定するケースでは根拠が必要です。
第三者からみても明瞭な不倫の証拠が必要です。
調査内容により、さまざまではありますが、多くの場合、調査は2人くらいでおこなうといわれています。
ただ、まだ浮気がシロかクロか不明な場合では、することが多くなります。
浮気が現実であると判明したら、再度、調査の方法や人数などを決定します。
ご飯をした際に店で発行する領収証には飲食時の人の数がわかってしまうように印字されている事もあるため、不倫と決定づける参考資料となります。
あわせて、クレジットカードの支払い項目は月ごとに確かめるようにします。
シゴトで使ったにもか変らずビジネスホテルではなかったり、シングルでの使用にしては高額な宿泊費だったりすると、浮気相手と宿泊した想像されてしまう事があります。
配偶者のレシートやクレジットカードをチェックすれば、浮気を確定することもできるかもしれません。
まず、普段は利用しないようなよくコンビニエンスストアエンスストアのレシートを視界に入ることが多くなったら、その周辺に普段から行っている事になります。
そこで見張っていると、場合によっては、浮気の現場をとりおさえられる事ができるかもしれません。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ミサキ
読者になる
2015年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/tfaasmeagreet0/index1_0.rdf