夜行バスの中って以外に静かなんです

February 07 [Thu], 2013, 6:21
旅をすることを旅行と言ったり旅と言ったりします。
旅は漠然とした予定しか決まっていないイメージで、旅行というと出掛ける前から帰って来るまでの予定が決まっているイメージがあります。

5分間隔で東京駅を出発する新幹線で大阪を目指すのは旅行で、深夜に出発する夜行バスの時間までなんとなく時間つぶしをしている夜行バスの場合は旅のイメージがあります。

新幹線は東京と大阪間で30秒から1分くらいの遅れしか出ないそうです。
夜行バスは渋滞があれば遅れ、渋滞がなければ到着予定時間より1時間も前に着いたりします。

トイレ休憩が2時間から3時間に1回あったりするのも、アメリカの西部劇でいうところの駅馬車のイメージです。
なんとなく静かに目を閉じて眠っている人たち、熟睡している人もいますし、眠れないという雰囲気が漂っている人もいます。

不思議なことに大きないびきが夜行バス中に響き渡るというエピソードをブログなどに書いている人はいません。
ある程度のリクラインングしか出来ないので、喉が潰れたりすることがないからでしょう。

夜行バスの中は驚くほど静かです、あとば眠れるかどうかということですが、それは個人差ですからなんとも言えません。
P R
カテゴリアーカイブ