耐えられない激務で…

June 21 [Fri], 2013, 18:29
自治労、ヘルスケア労協による「看護職員の労働と健康に関する緊急実態調査報告書」では、「仕事の変化」(複数回答)を尋ねており、「仕事が身体的にきつくなった」が自治労で59.4%、ヘルスケア労協で56.8%となり、「仕事が精神的にきつくなった」は自治労で59.2%、ヘルスケア労協で55.8%と上位を占め、心身の疲労を訴えている。

専門看護師って
看護師の多くは、こうした激務に耐えられず、辞めて行ってしまうようです。 中には「それ相応の給料がもらえれば我慢できる」という人もいれば、「高い給料をもらっても激務はもういやだ」という人もいます。 医師不足から診療科が限定される地域では、市町村をまたぐ搬送は珍しくない。最後の砦となる受け入れ病院もまた少ない医療スタッフのため、大きな負荷がかかる。重すぎる夜勤の負担に看護が崩壊寸前だ。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:蓮
読者になる
2013年06月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/tew96bf/index1_0.rdf