祈愛とピピン

July 07 [Thu], 2016, 22:47
何かと業務が多い介護士ですが、それだけに、職場においての有用性、必要性は高く、大きなやりがいを得られる仕事の一つです。
24時間いつでも稼働している介護施設が職場ですから、24時間切れ目なく介護士もいる必要があります。



そのため、日勤、夜勤という形で業務時間を分け、人員を交代させながら業務につくことになります。


夜勤のある仕事ではどうしても、生活リズムを上手にコントロールできなければ睡眠不足が続いて心身の健康に響くかもしれません。


仕事そのものがかなりの激務、というのはその通りなのですが、介護士の平均寿命が特に短い、といったことはないようです。けれども、夜勤のある交代制で勤務しますから、睡眠がきちんと取れなかったり、とても疲れてしまったり、しこたまストレスを溜めこんだりしてしまいます。
そんな仕事ですが、ずっと介護士をしていると、ずっと介護現場にいることもあって、何かと詳しくなってきますから、人の身体がどんな具合か、だけではなく、自身の身体に関しても今の状態を把握しやすくなるようです。

昔はあまりメジャーではなかった介護士の能力評価に関して、近年ではだいぶ行なう介護施設が増えてきました。

介護士個々の、今現在持つ能力がどれほどのものか測り、評価できるように、一からスケールを作っていった介護施設もあるようです。月毎に、こうした能力評価を行なう所があったり、成長の度合が分かりやすいように、一年に一度、という所も多いようです。

介護士は、こうして定期的な評価を受けることで、自分がどれだけ能力があがったか、次は何を目指すか、というように考えることができますし、介護士としての能力を底上げするためには、重要なシステムと言えるでしょう。誰もが一度は見たことがあるであろう介護士の帽子。

あの帽子というのは、介護士を目指す学生が意識を高めるための式の一場面でつけられる帽子です。



料理人にとっての帽子とはまた違う意味を持つ帽子だといえます。

けれども、昨今では、介護士の制服の形というのも次第に変化していますから、近いうちに特に帽子が意味をなさなくなるという事態に陥る時が来るかもしれません。
単に髪の毛をまとめるためのものという奥行きのないものになってしまうことも悲しい気もしますが、こういったことも時代の流れなのでしょう。

正職員やパート、派遣といったように、介護士の働き方も色々ではありますが、大半の介護士は介護施設で働いています。

けれど、介護士だからといって介護施設で働く必要はなく、介護施設の外でも、多くの場所で、介護士資格を持つ人材は求められています。
例を挙げると、保育園、幼稚園の保健室、企業内の医務室、介護施設や保健センターなどで、こうしたところで働く人は実際とても多いのです。
つまり介護士であれば、介護施設ではなくてもやる気があれば、仕事する場は多いので、ライフステージに合わせて最もやりやすい仕事をするため転職をしていくということが可能です。

高給取りで知られる介護士ですが、その中にも、より高い収入を得ようと、Wワークに励む人は少なくありません。

Wワークに向いた仕事も様々で、健診センター、健康診断、ツアーナース、イベントナースなどといったその時だけの単発の仕事や、期間限定、短期集中の仕事もあるため、うまく休みを使えば、Wワークで稼ぐことも結構、簡単にできるのです。



とはいっても、メインで勤務している職場が副業をしないように、というお達しが出ていることがあります。そして、そもそも介護士の仕事そのものがかなりきついものですから、体に無理をさせてまで副業をするのは、決しておすすめ致しません。
新卒で勤め始めた新人介護士や、転職してきたばかりの介護士に対し、経験不足を理由に、残業したことによって支払われるべき給金が未払いになることがあります。

残業をさせておきながらその分の賃金を出さないでいるということは、勤続年数や経験などは関係せず法律に違反しており、罰金や懲役の対象となります。



勤務時間外の労働である残業も、仕事には違いがありませんので、労働した時間分はきっちり、手当として支払われなければなりません。職場にもよりますが、介護士の給料というのは、主に女性が担う一般の職に比べ、とても高い額の給料となっております。



介護現場という、人命のかかった職場であり、多めの残業や夜勤への手当などがちゃんと出してもらえる、というのは高給の理由としては大きいでしょう。どちらかというと夜勤が好きで、いつも希望している人であるとか残業を厭わずに長時間こなすというような介護士ですと、給料はもちろん、体を張った分、相当高額に達しているでしょう。介護機関で働く介護士は、病棟勤務か外来勤務のどちらかに就くことになりますが、子育て中であれば外来勤務を選ぶと良いでしょう。


日勤だけですので、保育園や学童を利用して働くことが可能になります。

それから病棟勤務と違って、外来勤務では、土日や祝日がカレンダー通りに休みになります。

夜勤もありません。

勤め先での外来勤務が、忙しいものになるかどうかは介護施設による訳ですが、特に大介護施設や、人気の診療科などがあると多くの患者で待合室がいっぱいになり、介護士は対応に追われることになるでしょうし、待たされる患者からはクレームも入るでしょう。


求められるスキルも介護施設や、診療科によっても違います。
海外で日本の介護を提供できたらという考えを持った介護士の方が増えています。



実際に、海外において日本の介護士を求める声も増えていて、笑顔で患者を支えることの出来る介護士は、多くの国で求められている職業です。


海外で介護士になる場合、医師、患者との意思伝達を十分に満たすためにも、英語を話せることが絶対条件になります。
海外の機関で介護士として働きたいと思うのであれば、しっかりと英語を学ぶ事をお勧めします。医師、そして、介護士。



この二者間の決定的な違いといえばなんだと思いますか。
端的に言えば、原則として、医師に課せられているのは患者さんの診察と治療、予防するためにはどうしたらいいか忠告したりそのために必要な薬の処方を行うといったことが仕事です。その一方、介護士さんの行うことはといえば、医師に指示されたときに、診療時に医師の補助を行って、患者さんの介護的、心理的援助を行うといった仕事内容になります。気になる介護士資格の難易度ですが、どのくらいだと思いますか?受験生全体の介護士国家試験合格率は毎年90%前後ですから、決して低くありません。

試験内容も、学校で理解していればそれほど苦労なく合格できるものですから、そこまで介護士の資格を取るのがものすごくキツイということもないみたいです。



朝出勤して夕方帰るという仕事とは全く違い、介護士は夜勤を交代制でつとめることになります。もちろん休みはとることができますが、大変であることは間違いなく、結婚や出産を機に退職を決意するケースが大勢いる、というのが現実です。
例えば出産して、小さな子供を抱える身になったら安心して託児ができる施設などがなければほぼ、夜勤に出るのは無理でしょう。



とは言え、近年においては再び介護士として働きだすようになる人もいて、そんな例が増加傾向にあり、ブランクはあれど経験者ですから、期待されています。
介護士として、初めての介護施設で働きだそうとする際、一体どこの部署に配属が決定しているのか、少し気を揉んでしまいますが、ほぼ希望を通してくれる場合もあり、また、そこで人事を引き受ける人の見解により、確定されたりすることもありそうです。
配属先の決定は、介護施設側によって、人材を希望する各部署からの要望と、新人の適性から判断され、導き出された結果としての配属であるはずです。


もし、その配属先にどうしても納得がいかないのであれば、指導に当たる人や上司にそれを伝え、配属理由について聞いてみてもいいでしょう。昔から介護士さんになるのが夢でした。


ですが、事情があって就職を選んでしばらくOLとして会社に勤めていました。

しかし、介護士になりたいという気持ちが大きくなるばかりでした。


無資格でも看護関係の仕事に就くということも出来たのですが、どうせだったら資格を取りたいと思っていました。すると、現場で看護助手として働くと同時に介護士の資格が取れる方法があると分かりました。介護士の夢をかなえる道が見つかって、とてもうれしいです。転職活動を行う時には、ご存じのとおり、たとえ介護士であっても履歴書の持参が必要ですが、その際、注意点があります。

その注意点とは、特に履歴書の中の志望した動機について、どのように表記するかということになります。



具体的に言うと、雇用条件や労働環境がよかったから志望したと書くよりも、成長に繋がるといったことや、今までやってきたことを活かすことが出来そうだというような理由など前向きな印象を受ける内容が適すると思います。

介護士としての働き方はいろいろあります。正社員で働くと月給制で給金が支払われますが、パートとして働いている場合はだいたい時給になっています。具体的な金額としては日勤の場合でおおむね1300円以上1800円くらいまでがパート介護士の時給としての相場です。

パートの仕事の割には高い時給だと一見思えるかもしれませんが、介護士として、人命にかかわる業務をこなし、日々、厳しい環境に身を置いていることを考えると、どうしても安く感じてしまいます。もし介護士として働きつつ自分の妊娠に気づいたら、注意すべきことがいくつかあり、まずはする必要のない放射線被曝を絶対にしないこと、これに尽きます。



X線撮影やCT検査など、介護士が放射線の被曝を受けてしまうかもしれない機会は多いため、注意するに越したことはありません。



それから、薬についてですが薬品に触れることは大変に多い訳ですし、気をつけないといけません。
そして、立ち仕事や交代制勤務など、ハードワークで知られた業界であり、予期せぬ妊娠の中断もよくあります。
ぜひ妊婦としての自覚を持って、適度に休憩してください。いま日本においては、インドネシアやフィリピン、ベトナムとの間で結ばれたEPA(経済連携協定)に則って、聞いたことのある方も多いと思いますが、いわゆる外国人介護士候補生の受け入れを実施中です。しかしながら、日本語で出題される介護士の国家試験に3年間のうちに合格し、晴れて介護士、とならなかった場合には自分の国に帰らなければなりません。



働きつつ、日本語の習得に励み、なおかつ、同時に、国家試験のための勉強を行う必要があり、とても難しい状況であると言っても過言ではないでしょう。正介護士は国家資格ですので、これを取得しようと思うと、専門学校や看護課程のある短大や大学を卒業することが条件です。

それが試験の受験資格でもあります。
しかし、そもそも看護の専門学校に入学するにも苦労があります。定員が少なく倍率が高いため、これらの学校に入学する事を目標にした予備校も人気があるのです。准介護士に限らず、働きながら正介護士の資格を取ろうとする場合は、通信教育課程もいくつかあるので、こちらを利用してみましょう。
職業上、介護士という立場では好んで煙草を吸う人が減っているように思います。実際のところ、その印象は間違っておらず、喫煙率は平均より少ないようですね。介護施設で勤める以上、煙草を吸って、服や体に臭いがつかないように、意識的に禁煙している人が多い職業であるということが理解できます。介護士の収入については、労働者全般と比べると、年間を通した平均収入の額ですとはっきりと、介護士の方が額は大きいのです。

介護や福祉関係の機関では、介護士不足に泣いているところも多く一定数以上の需要が常に見込まれるので、景気に関係なく、収入が安定しているといった得難い長所もあるわけです。

ところが、高給を得られる職業ではありますが、ただ働きであるサービス残業が蔓延している等、仕事をする環境としては、問題のある職場も多いと言われています。

多くの介護士は、病気を患っている患者やその家族と接する場合が多いので、不潔な印象にならないよう、髪形にも気を付けた方が良いでしょう。


患者からどう見えているのかを考えながら、まずは清潔感を重視した髪形にすることがポイントです。
職場の環境によっては、髪形への規則の厳しさが変わるということを覚えておきましょう。

公務員と介護士を両立する方法は、勤務先を国公立の介護施設にすることです。
本来、職業としての介護士が知識や経験を積みながら長く働ける業種で高い人気がありますが、さらに加えて、公務員の待遇もあれば安定性は確実です。公務員は福利厚生が手厚くサポートされていたり、解雇の可能性が少ないという点が、魅力的なメリットです。かなり以前は、仕事としての介護士は、かなりハードな部類に入ると広く考えらえていた節があります。



しかしながら、近年ではきついながらも、それに合った高額の給金を期待できるスペシャリストであることは、世間的によく知られるようになっています。

というのも、介護士の得られる給料は、家の屋台骨として充分に、自分と家族を生活させていくことが可能なのです。
今更言わずと知れたことではありますが、高給取りである、というのは間違いありません。
仕事場が介護現場であるだけに、介護士の責任は重く緊張の糸を切らすことがなかなかできず、こうした生活が続くと強いストレスを経験することになります。



つまりこの仕事は、体力的につらい面に加えて、心にも大きな負担がかかるということになります。
溜めてばかりだと良いことは少しもありません。

解消の仕方を知り、実行しているかということも、この仕事を続けていくのであればかなり重視するべき点ではないでしょうか。かつての介護士はほとんどが看護「婦」さん、つまり女性の仕事でした。

ですが、近年は介護士の名称が一般的に使われている事からも分かるように、男女共に働く職業となってきました。
介護士に相応しい性格や能力をみても、このように変わっていくことは当たり前な事なのかもしれません。
本来女性が持っているような優しさだけでなく、仕事の基礎になる体力の多さや冷静な判断力、瞬発力といった能力もこれからの介護士にとって大切な要素だと言えますね。貴重な人材である介護士が必要とされている場は介護施設に限りません。

グループホームと呼ばれる、介護施設の一形態においても介護士の活躍が期待されています。



このグループホームにいるのは、認知症の問題を抱えている方、というのが条件なので、そのことを心に留めて介護することが重要です。


特に介護関連に興味があるという場合は、グループホームに就職するという選択肢もいいのではないでしょうか。

介護士の職は普通の仕事とは違うと思われやすいですが、他の仕事と同様に、労働組合がないと状況によっては、適切でない雇用条件のもとで働くことになり、患者さんに悪い影響が波及することもあるかもしれないのです。介護士がストライキを起こすというのもなかなか難しいので、看護婦を雇う側がきちんとした配慮を行うことが大事なことだと思います。

皆さんご存知のように、介護士は離職者が多い職業ですので、転職率も高いですね。ですから、転職サイトによっては介護士のみに対象を絞ったものが増えています。

これらの転職サイトを積極的に活用すれば、手間なく自分の望む条件を満たした求人を探しやすくなりますから、現役の介護士には最適な転職サイトだと言えるでしょう。それぞれの転職サイトで求人の傾向や強みが違いますから、こうした転職サイトをランキングにしたサイトを併用して、より良い転職先を見付けましょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Yuna
読者になる
2016年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/tevrryidyehb0e/index1_0.rdf