車を売る時にはいろんな書類がいります。車検証や

May 03 [Tue], 2016, 20:07

車を売る時には、いろんな書類がいります。車検証や発行後1ヶ月以内の印鑑証明、自賠責保険証明書、自動車納税証明書などが主に必要で、ほかには実印も準備することが必要です。



あとはお店で準備する書類として、譲渡証明書や委任状などもあります。



私の車にできてしまったすり傷や故障は、壊れた個所を改修せずに査定に提出するようにしましょう。傷や故障があるとすると、その評価分金額は低くなってしまいます。しかし、目に見える傷や気になる故障個所は、買取会社が自分で整備、修理したりするので、査定される前に修理しておくことは要求されていません。マイナスの査定で減額されるよりも、直す金額の方が高くついてしまいます。




中古車の下取り価格は走行距離により大きく左右されるものです。



例えば、10万km超えの車では下取り、査定価格の期待はできないです。しかし、3年で3万km以内、5年で5万km以内であったり、年間で1万km以内の走行距離の車であるなら買取、下取り価格が高くなりがちです。


走行距離が短い方が車の状態も良いとの判断になるわけです。




車内で喫煙していたかどうかは、買取の際、評価を大きく変えてしまいます。


どれほど消臭に手間ひまをかけても、タバコの臭い、煙やヤニの成分は天井やシートに付着しているのです。





タバコを吸わない人や、タバコの臭いに弱い人が増加しているのは確かです。禁煙者の車を買いたい人が増えているので、喫煙の跡が残っていると査定は下がると言うしかないのです。車査定をするアプリと呼ばれるものをご存知ですか?車を査定してくれるアプリとは、スマートフォンで簡単に愛車の査定額がいくらかを把握できるアプリのことを指します。車査定アプリを利用すれば、個人情報が相手にわかることはありませんし、いつでもお好きなときにご自身で車がいくらかわかるということで、たくさんの方が利用しています。